更新日:2021年10月26日

【ロレックスの魅力と人気の理由を徹底解説】ロレックスのモデル・種類と選び方まとめ

時計の王様、不動の人気を誇る高級腕時計ロレックス。ロレックスマラソン、デイトナマラソン、ロレックス投資なんて言葉まであります。 ロレックスはなぜここまで人気なのでしょうか?
今回は、時計の王様ロレックスを種類別に、どこよりもわかりやすく各モデルの特徴や性能、エピソードや魅力などを詳しく説明いたします。

ロレックス人気の理由、どこよりもわかりやすいロレックス入門

※ご紹介する情報は2021年10月現在時点のものです。

目次

ロレックスなぜ人気?その理由

世界的な人気を誇るロレックス。2020年のロレックスの売り上げは、スイス時計産業の4分の1を占める52億アメリカドルと言われています。新型コロナウイルスの影響で全体的に収益が大幅減少している中、驚異的な数値と言えます。
ロレックスの人気を紐解くべく、数々のエピソードと偉業をご紹介させて頂きます。

   ロレックスの魅力と選ばれる理由

ロレックスが人気な理由は大きく分けて、「デザイン性」「知名度」「実用性」の3つに集約されます。その3つの完成度が高いからこそ、「経済力の高さ=ステータス」や「ブランド力の高さ=資産価値」に繋がっています。

ロレックスは完成されたデザインの高さが人気の秘訣です。人気モデルのサブマリーナは1953年、GMTマスターは1955年、デイトナは1963年、50年以上の歴史を持つ定番モデルは、ほぼ変わらぬデザインで今もなお私達を魅了し続けています。

大袈裟な表現ではなく、ロレックスと言えば「高級腕時計」というイメージをほぼ全ての人が抱くと思います。そのブランド戦略に成功したからこそ、現在に至るまで時計の王様の地位を築いていると言えます。
ロレックスはブランド戦略として、需要が高くなっても大量生産することなく、高級腕時計の価値を高め続けました。その結果、需要が高いのに流通量が少なくなりロレックスの希少価値は高まったのです。

デザイン性の高さ、ブランド力の高さだけでなく、実用性の高い腕時計を生み出し続けたからこそロレックスは不動の地位を築いてきました。腕時計の三大発明とも称される“オイスターケース”“パーペチュアル”“デイトジャスト”は、懐中時計全盛期だった時計業界に、腕時計革命を起こしました。

ロレックスの歴史と三大発明

ロレックスの設立は懐中時計全盛期の1905年に、時計専門商社「ウイルスドルフ&デイビス社」をロンドンに設立。1908年にはロレックスのブランド名を商標登録。ROLEX(ロレックス)の綴りは、5文字で短いのにヨーロッパのどの言語でも同じ発音であり、ロゴの刻印が綺麗に見える完成された芸術性の高さを誇ります。

当時は実用性において、ホコリや水気に弱く精度も低かった腕時計はアクセサリー的な存在でした。設立者のハンス・ウイルスドルフは、腕時計の時代を予見したように、実用性の高い腕時計の製造を始めます。
そして、腕時計の進化の歴史ともいえる“オイスターケース”“パーペチュアル”“デイトジャスト”の三大発明は、現在にも使われる高級腕時計の革新的な技術です。「ホコリや水気に弱い壊れやすい」イメージだった腕時計の常識をロレックスはことごとく覆したのです。

手始めに世界初の完全防水ケース「オイスター」を1926年に開発。牡蠣(オイスター)のように堅牢なケースにベゼルと裏蓋をねじ込むことで、防塵性と防水性を獲得しました。
1927年10月7日には、ロンドン記者メルセデス・クライツが世界初の防水時計ロレックス・オイスターを着けたままドーバー海峡を泳ぎ切る快挙を成し遂げました。

オイスターケースの開発以前から、時計の精度を追求するロレックスは、1910年に腕時計初のスイスのクロノメーターの公式証明書を取得。そして1931年には、自動巻き機構「パーペチュアル」を発明。ローターが左右360度回転する自動巻き機構は、リューズのねじ込み忘れが原因の浸水による故障を防ぐ完全防止機能を実現しました。
世界初の防水自動巻き時計を完成させることで、世界のトップブランドに躍り出るのです。

1945年にはカレンダー機能を搭載した「デイトジャスト」を開発。午前0時の日付が変わると同時にカレンダーの表示が切り替わります。ロレックスの三大発明は、現在の高級腕時計技術の礎を確立することで、ロレックスというブランドの不動の地位をも確立したのです。

ロレックスの偉業、世界記録集

他にもロレックスには常識を塗り替えるような偉大な記録と数多くの逸話が存在します。ロレックスの仰天エピソードはそれだけロレックスの実用性と価値が多くのファンに愛されてきた歴史だと言えます。

1930年代、世界最速ドライバーのマルコム・キャンベル卿は、ロレックスの時計を着けながら地上最速記録に挑戦。1935年9月4日に時速300マイル(約485km)という地上最速記録を樹立します。

1953年にはオイスター・パーペチュアルを携行したジョン・ハント登山隊がエベレストに挑戦。エドモント・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイがエベレストの初登頂に成功。人類の快挙はロレックスの腕時計が、世界最高峰の登山にも耐えられる性能であることをも証明しました。
その歴史的快挙を成し遂げた大冒険の末に、ロレックスの人気モデル「エクスプローラー」というプロフェッショナルウォッチが誕生したのです。陸海空のコンセプトは、ロレックスの人気モデル「デイトナ、エクスプローラー≒陸」「サブマリーナ、シードゥエラー≒海」「GMTマスターII、スカイドゥエラー≒空」に脈々と受け継がれています。

1960年、マリアナ海溝の海深くでもロレックスは偉業を達成します。深海潜水艇トリエステ号が、マリアナ海溝への潜水に成功。10,916m(37,800フィート)の海底探検を成功させたトリエステ号の外側に取り付けられた「ディープシースペシャル」は、完璧に動き続けていました。
2012年にはタイタニック、ターミネーターで有名な映画界の偉才ジェームズ・キャメロンが、マリアナ海溝の最深単独潜水記録10,908m(35,787フィート)を樹立。初の単独潜水には、ロレックスのディープシーが携行されました。

1950年代にはジェット機時代の黎明期を迎え、旅行者のタイムゾーン問題が本格的になりました。航空会社のパイロットの要望に応えるべく、2つのタイムゾーンの時刻を同時に表示する「オイスター パーペチュアル GMTマスター」が1955年に誕生。アメリカのパン・アメリカ航空のオフィシャルウォッチにも採用されました。

1967年にはアメリカ空軍のテストパイロット、ウィリアム・J・ナイトが、航空機世界最速記録マッハ6.72(時速7,274km)を記録。「オイスター パーペチュアル GMTマスター」を腕につけたその記録は、現在もなお破られていない世界最速記録です。

ル・マン24時間レースに並ぶ過酷な耐久レースの一つにロレックスデイトナ24時間耐久レースがあります。レース初期の1950年代後半から、ロレックスは公式パートナーとしてデイトナビーチのモーターレースを盛り上げ続けています。

1963年に耐久レースを走るドライバーのために研究と開発された「コスモグラフデイトナ」は、防水性と堅牢性に優れた逸品です。完成された均整美を持つデイトナシリーズは50年以上経った現代でも知名度、人気ともにトップレベルを保ち続けています。

2017年10月26日、腕時計のオークション史上最高値の約20億2609万円という金額でロレックスのデイトナが落札されました。落札価格の理由は、3度のアカデミー賞受賞俳優ポール・ニューマンが愛用したロレックスデイトナだったためです。
ちなみに、オークション価格記録の2~4位も全てロレックス。いかに世界中の高級腕時計愛好家からロレックスが愛されているかが伝わります。

ロレックスの特徴であり魅力と言えば、完成された普遍的な一貫したデザイン性が挙げられます。デザインの違いだけに絞れば、数十年前に発売されたアンティークモデルと現行モデルもほとんどが違いがないのです。その結果、人気のアンティークモデルは数十年以上も愛され続け、資産価値とブランド価値を高いまま維持し続けています。

ロレックスのモデル種類と選び方のコツ

ロレックスを購入する際の選び方として、大事なポイントはモデルとケースサイズをどうするか、が重要です。せっかくの高級腕時計ロレックスを購入するのですから、誰もがオシャレにスタイリッシュに着こなしたいものです。

ところでロレックスを検索すると、なぜかキーワードとして出てくる「ダサい」という言葉。実はここに大きなヒントが隠されています。バブル時代の名残のように、イエローゴールドのデザインを手首からだらりと垂れ下げて、ロレックスを見せつけていたイメージが、ロレックスの日本でのイメージダウンに繋がっているのかもしれません。今でもゴールドを身に着けていると少しヤンチャなイメージもあったりしますよね。

ロレックスを粋にコーディネートするためには、大人のマナーをわきまえたTPOに相応しい着こなしが必須です。そのために、スーツやネクタイ、ドレスやジュエリーを選ぶように、オシャレな自分に適したロレックスのモデルとケースサイズを選ぶのが重要です。

ケースサイズでロレックスを選ぶ

腕時計を選ぶ際にケースサイズは案外重要なポイントです。自分の手首に適したサイズかどうかで、仕上がりの印象も変わります。

ロレックスのサイズを大まかに分類すると

  • メンズモデル(34mm~44mm)
  • ボーイズモデル(31mm~37mm)
  • レディースモデル(26mm~31mm)
の3種類。ただしこちらはあくまで目安です。女性でも海外セレブ女優キャメロン・ディアスやヴィクトリア・ベッカムのように、メンズモデルをカッコよく着こなすパターンもありますので、参考目安としてお役立てください。一般的に平均的な日本人男性に似合う腕時計のサイズ感は40mm前後、と言われていますが、これも個人差ありますので、実際に着用してみるのが一番です。

モデルタイプでロレックスを選ぶ

ロレックスのモデルは大きく2つに分けて、アウトドアなどのアクティブな局面に向いているプロフェッショナルウォッチ(スポーツモデル)と、シンプルイズベストなクラシックウォッチ(スタンダードモデル、ドレスモデル)の2種類に分けられます。

スポーツモデルとも呼ばれる「デイトナ、エクスプローラー≒陸」「サブマリーナ≒海」「GMTマスターII≒空」のコンセプトを代表するプロフェッショナルウォッチの人気モデル達は、ロレックスの価格高騰をもけん引しています。

スタンダードモデルの代表格のオイスターパーペチュアルは1933年、1945年に誕生のデイトジャストは、ロレックスの三大発明の頃からブランドを支え続ける不朽の名作です。

ロレックスモデルタイプ別選び方入門編

ロレックスの人気モデル達を詳しくご紹介する前に、ひと足早く初心者から上級者、女性の方にお勧めの各モデルの選び方をピックアップしてみます。

◎初心者の方にお勧めのロレックスの人気モデル◎

  • サブマリーナ
  • エクスプローラーⅠ
  • エアキング

安定の人気モデルをデザイン重視で選ぶのがお勧めです。特に、エクスプローラーⅠとエアキングは価格帯もロレックスの中ではお手頃なので、ロレックス入門としてお勧めです。

◎中級者の方にお勧めのロレックスの人気モデル◎

  • GMTマスターⅡ
  • エクスプローラーⅡ
  • ミルガウス

自分の感性にピッタリな機能性やこだわりの要素があるとよりロレックス選びが楽しめます。

◎女性にお勧めのロレックスの人気モデル◎

  • オイスターパーペチュアル
  • デイトジャスト
  • デイトナ
  • エクスプローラーⅠ

レディースモデルのシンプルかつ芸術的なデザインは、場面を選びません。デイトナを勧めた理由としましては、メンズライクなクロノグラフを海外女優のようにカッコ良く着けたい方に向いています。エクスプローラーⅠも今年リニューアルして36mm(ボーイズサイズ)に戻ったので、有効な選択肢の一つです。

◎上級者の方にお勧めのロレックスの人気モデル◎

  • パールマスター
  • デイデイト
  • デイトナ
  • ヨットマスター

上級者の方ならシーンに適したロレックスのこだわりをお持ちだと思います。最初に購入したモデルの別のリファレンスの時計を選んで使い分けるのも醍醐味ですよね。

人気モデルの特定の型番の時計についてより詳しく調べたい場合は、「モデル名+リファレンス」で検索することをお勧めします。腕時計の型番は、リファレンスナンバー(reference)と呼ばれ、カタログや公式サイトなどで「Ref.●●●●●」と表示されていることもあります。ロレックスの場合は「リファレンス」という表示ですね。
希少性の高いリファレンスは入手困難なのは勿論、一部モデルでは市場価値も高騰しているので、より詳細にその人気モデルの違いを知りたい場合とても役立ちます。
可能な限り、人気モデルのリファレンスもご紹介しますので、自分のこだわりに適した納得のいくロレックス選びにお役立てください。なお、生産終了モデルについては最新情報の調査に努めておりますが、不明なものも含まれますことをご了承ください。

ロレックスは数年に一度価格改定(主に値上げ)が行われています。価格改定については以前にブログで詳しくご説明していますのでそちらをご覧ください。

ロレックスのプロフェッショナルウォッチの魅力と人気の理由

ロレックスオイスターパーペチュアルプロフェッショナルは、プロフェッショナルモデルやスポーツモデルとも呼ばれ、中古市場での資産価値も高く、ロレックスの人気モデルであるデイトナやエクスプローラー、サブマリーナなどが該当します。
ダイビングや登山、レーシングやマリンスポーツなどにしっかり対応する機能性や実用性は、歴史的なエピソードで見ても枚挙にいとまがありません。

コスモグラフデイトナの魅力と人気の理由

キング・オブ・ロレックス、キング・オブ・クロノグラフとも称されるロレックスの王様と言えばコスモグラフデイトナ。ロレックス唯一のクロノグラフは、日本だけでなくアメリカやヨーロッパなど世界中の腕時計愛好家達を魅了してやみません。

過酷な砂浜のモーターレースに耐えうるべく誕生したデイトナは、デザイン美と耐久性、実用性と汎用性だけでなく、世界中で圧倒的な人気と知名度も誇ります。特に生産が終了した60年代~70年代ヴィンテージモデルは、相場価格の高騰で見てもその勢いはとどまることを知りません。

デイトナは希少性がとにかく高く、市場でも新品中古問わず超品薄状態が続言えています。そのため、リセールバリュー(資産価値)も高く、正規店でも在庫切れで見かけることすら難しい人気ぶりです。
スポーツモデルタイプなのに、スーツスタイルやカジュアルシーンにまで合わせやすい完成されたデザインが人気の秘訣でしょう。

デイトナ愛用の有名人

クリスティアーノ・ロナウド(スポーツ選手)
アダム・レヴィーン(Maroon5のボーカル)
ジャスティン・ビーバー(アーティスト)
ヴィクトリア・ベッカム(ファッションデザイナー)
サンドラ・ブロック(女優)

デイトナ型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.116500LN
Ref.116503
Ref.116503G
Ref.116508
Ref.116508G
Ref.116509
Ref.116509G
Ref.116505
Ref.116505G
Ref.116505A

Ref.116506
Ref.116506A
Ref.116518LN
Ref.116518LNG
Ref.116519LN
Ref.116519LNG
Ref.116505LNG
Ref.116515LN
Ref.116515LNA

(生産終了モデル)

Ref.116520
Ref.116503NG
Ref.116523
Ref.116523G
Ref.116523NG
Ref.116523NR
Ref.116523NA
Ref.116508NG
Ref.116528
Ref.116528G
Ref.116528NG
Ref.116528NR
Ref.116528NA
Ref.116518
Ref.116518NR
Ref.116518NA
Ref.116518LNNG
Ref.116518NG
Ref.116509NG
Ref.116519LNNG
Ref.116519
Ref.116519G
Ref.116519NG
Ref.116519NR
Ref.116519NA

Ref.116599RBOW
Ref.116598SACO
Ref.116598RBOW
Ref.116588TBR
Ref.116595RBOW
Ref.116576TBR
Ref.16520
Ref.16523
Ref.16523G
Ref.16523NG
Ref.16528
Ref.16528G
Ref.16518
Ref.16518G
Ref.16518NA
Ref.16519
Ref.16519G
Ref.6265
Ref.6263
Ref.6264
Ref.6262
Ref.6241
Ref.6240
Ref.6239
Ref.6238
(プレ・デイトナ)など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「ずっと見つめていられる完成されたデザイン。耐久性、シンプルな操作性白と黒のバランス、文句なしに最高の腕時計です」
「王道の中の王道。キング・オブ・ロレックスに偽りなし。手に馴染む自然なフィット感もたまりません。これ一本で大丈夫な腕時計の王様です」
エクスプローラーⅠ、Ⅱの魅力と人気の理由

1953年に登場したエクスプローラーは、登山家、洞窟探検家、極地探検家の冒険を支え続ける時計愛好家からロレックスビギナーまで幅広い人気を誇るシリーズです。
カレンダー表示やクロノグラフもないシンプルイズベストなデザインは、シーンを選ばず着用できるデザイン性も魅力です。3、6、9の数字は視認性にも優れたデザインです。世界初のエベレスト登頂を成し遂げた実用性と耐久性は現在もなお進化の一途を辿っています。

シンプルなルックスが何と言っても魅力のエクスプローラーⅠ。時間の正確性にも優れた実用性も抜群の人気モデルです。シーンを選ばないシンプルなデザインは、男性のビジネスシーンは勿論、女性にもお勧めです。
1960年~1989年に製造されたRef.1016は、エクスプローラーIの傑作とも評されており、現在も実用時計として人気です。

エクスプローラーⅠ愛用の有名人

トム・ハンクス(俳優)
マット・デイモン(俳優)
木村拓哉(タレント)
中居正広(タレント)

エクスプローラーⅠ型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.124270
Ref.124273

(生産終了モデル)

Ref.214270
Ref.114270
Ref.14270
Ref.1016
Ref.6610
Ref.6150

Ref.6350
Ref.6298
Ref.5500(ボーイズサイズ)
Ref.5501(ボーイズサイズ)
Ref.5504
Ref.5700(デイト)

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「初めてロレックスを購入したい方にもお勧めな人気モデル。シンプルなデザインは老若男女、シーンを問わず万能な活躍が期待できます」
「資産価値で見ても高騰が続く注目のモデル。いつの時代もこれからの時代も多くのユーザーから愛され続けることでしょう」

エクスプローラーⅠよりもスポーティーな印象が目立つエクスプローラーⅡ。昼夜の区別をつけるための24時間針や2タイムゾーン対応のGMT機構が特徴的です。
オレンジ針と黒文字盤or白文字盤のどちらを組み合わせるかが、エクスプローラーⅡ選びの醍醐味と言えます。

エクスプローラーⅡ愛用の有名人

トム・ハンクス(俳優)
オーランド・ブルーム(俳優)
マット・デイモン(俳優)

エクスプローラーⅡ型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.226570

(生産終了モデル)

Ref.216570
Ref.16570
Ref.16550
Ref.1655

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「スーツスタイルとも組み合わせやすいのが魅力。ロレックスの中では個性的なデザインが多いのもエクスプローラーⅡの良い点。斬新かつシックな魅力に溢れています」
「エクスプローラーⅡ好きからすると、白にするか黒にするかはいつまでも楽しく悩めます。現状は若干、白文字盤の方が人気ですが、いつ新モデルでアンティークモデルの黒文字盤がプレミア化するかも読みづらいのまで楽しめます」

★ 関連記事 ★

GMTマスターⅡの魅力と人気の理由

アメリカ航空の国際線パイロットのために開発されたロレックスが誇るパイロットウォッチです。GMTマスターIIは最大3つのタイムゾーンとペプシやコーク、バットマンの愛称でも親しまれているベゼルカラーが特徴的です。
海外主張の多いビジネスマンに人気で、赤青ベゼル、青黒ベゼルのツートンカラーはアンティークモデルの中でも根強い人気を誇ります。

偉人や大物に愛されやすいのがGMTマスターの大きな魅力です。キューバ革命の立役者、チェ・ゲバラや昭和の大スター石原裕次郎、名優・松田優作がハリウッド進出の際に、ブラックレインで共演した高倉健がGMTマスターをプレゼントした逸話など、エピソードも豊富。グローバルに活躍したい方にもお勧めのモデルです。

GMTマスターⅡ愛用の有名人

シルヴェスター・スタローン(俳優)
ロナウジーニョ(スポーツ選手)
ロジャー・フェデラー(スポーツ選手)
石原裕次郎(俳優)
京本政樹(俳優)

GMTマスターⅡ型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.126710BLRO
Ref.126710BLNR
Ref.126711CHNR
Ref.126715CHNR
Ref.126755SARU
Ref.126719BLRO

(生産終了モデル)

Ref.116710LN
Ref.116710BLNR
Ref.116713LN
Ref.116718LN
Ref.16710
Ref.16713

Ref.16713RG
Ref.16718
Ref.16760
Ref.16758
Ref.16753
Ref.1675/8
Ref.1675/3

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「赤黒ベゼルのペプシ、青黒ベゼルのバットマンのツートンベゼルはGMTマスター好きにはたまらないカラーリング。茶黒ベゼルのカフェオレも見事なカラーリングです」
「落ち着いたフェイスがあるからベゼルカラーが引き立つように感じます。グローバルなビジネスマンに愛されるのも納得のデザイン性です」
サブマリーナの魅力と人気の理由

1953年誕生の世界初のダイバーウォッチ、サブマリーナ。ロレックスを代表する海の定番モデルとして、ロレックスのスポーツウォッチの中でもトップレベルの人気を誇ります。赤サブや軍サブ、Wネームなどヴィンテージモデルも数多く存在し、コレクター達からも人気です。

サブマリーナと言えば、ボンドモデルとも呼ばれるほど、名作映画007シリーズとも深い関係があります。Ref.6538(※考察の末、可能性が高いと言われています)のショーン・コネリーモデル、Ref.5513のロジャー・ムーアモデル達がスパイアクションを見事に引き立たせています。余談として、ジェームズ・ボンドは英国海軍将校という設定ですが、実際に海軍将校に対してサブマリーナが当時支給されていたそうです。
アンティークモデルとして、根強い人気のためやロレックスビギナーや投資目的でロレックス入門をしたい方にもお勧めのシリーズモデルです。

サブマリーナ愛用の有名人

ラッセル・クロウ(俳優)
キャメロン・ディアス(女優)
ロジャー・ムーア(俳優)
宮本恒靖(元サッカー日本代表)
松山英樹(プロゴルファー)

サブマリーナ型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.124060
Ref.126610LN
Ref.126610LV
Ref.126613LN
Ref.126613LB
Ref.126618LN
Ref.126618LB
Ref.126619LB

(生産終了モデル)

Ref.6200
Ref.6204
Ref.6205
Ref.6536
Ref.6538
Ref.5508
Ref.5510
Ref.5512
Ref.5513
Ref.5514
Ref.5517
Ref.1680
Ref.1680/8

Ref.16800
Ref.16803
Ref.16808
Ref.168000
Ref.14060
Ref.14060M
Ref.16610
Ref.16610LV
Ref.16613
Ref.16613SG
Ref.16618
Ref.114060

Ref.116610LN
Ref.116610LV
Ref.116613LN
Ref.116613LB
Ref.116618LN
Ref.116618LB
Ref.116619LB
Ref.116613GLN
Ref.116613GLB
Ref.116618GLN
Ref.116618GLB
Ref.116619GLB

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「ロレックスの代表モデルとして手を出しやすく、初心者の方にもお勧めです。こだわりがなければ、お試しで比較的安価なノンデイトモデルから入門するのもアリです」
「外せない正統派シリーズ。型番、バリエーション共に豊富なため細部の違いにこだわれるのもサブマリーナの魅力です」
シードゥエラーの魅力と人気の理由 海の居住者を意味するシードゥエラーは、サブマリーナの上位モデルとして更にダイバーウォッチとして防水性能が改良がなされています。1960年代に起きたサブマリーナの風防がヘリウムガスで吹き飛んでしまった弱点を見事に克服した特殊機構「ヘリウムガスエスケープバルブ」は、潜水時に自動でヘリウムガスを排出します。 ディープシーの防水性能は驚異の3900mを誇り、映画監督ジェームズ・キャメロンのマリアナ海溝の最深単独潜水記録の際にも、ディープシーは海の居住者に相応しい活躍を成し遂げました。

シードゥエラー愛用の有名人

タイガー・ウッズ(プロゴルファー)
ジェームズ・キャメロン(映画監督)
ベン・アフレック(俳優)
チャーリー・ローズ(TVジャーナリスト)
哀川翔(俳優)

シードゥエラー型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.126600
Ref.126603
Ref.126660

(生産終了モデル)

Ref.116600
Ref.116660
Ref.16600
Ref.16660
Ref.1665

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「厚みのあるオイスターケースは、ロレックスの歴史すら感じさせます。3900mの深海にすら耐えうるディープシーを普段使いするのは、最高の贅沢の一つですね」
「深みのある青は深海を彷彿とさせます。レアヴィンテージの赤シードやレイルダイヤル文字盤は希少価値の高いレアモデルとして、コアなコレクターなら見逃せません」
ヨットマスターの魅力と人気の理由

ビーチやリゾートでのマリンスポーツを楽しむセレブリティ向けのヨットマスター。特徴として高級感はロレックスの中でもピカイチで、オールステンレスモデルがラインナップされていない点や立体的なエンボス加工されたベゼルデザインが特徴的です。また、44mm径の大型ケースに、時計内部のメカニズムと連動したカウントダウン機能を備える「リングコマンドベゼル」を備えたヨットマスターIIは、比類なきステータス感も得られるハイクラスモデルです。

高級感を重視したスポーツモデルとエレガントな魅力が融合したラグジュアリーな雰囲気が他のシリーズにはない魅力を演出します。ヨットマスターには37mmサイズも用意されており、ペアウォッチとしても人気が高く、アクティブな二人へのプレゼントにもおすすめです。

ヨットマスター愛用の有名人

フィル・コリンズ(アーティスト)
チャーリー・シーン(俳優)
中村橋之助(歌舞伎役者)
稲葉篤紀(侍ジャパン野球監督)
エメリル・ラガス(シェフ)

ヨットマスター型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

<ヨットマスター>
Ref.126621
Ref.126622
Ref.126655
Ref.226659
Ref.268622
Ref.268621
Ref.268655

<ヨットマスターII>
Ref.116680
Ref.116681
Ref.116688
Ref.116689

(生産終了モデル)

Ref.116621
Ref.116622
Ref.116655
Ref.16622
Ref.16623
Ref.16628
Ref.168622
Ref.168623
Ref.168628

Ref.68623
Ref.68628
Ref.169622
Ref.169623
Ref.169628
Ref.69623
Ref.69628

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「きらびやかなデザインとリングコマンドベゼルに華があります。まさにセレブのための高級腕時計です」
「斬新なデザインを好む方にもお勧めです。人気のロレジウムは、プラチナのゴージャス感とスポーティーな外見が見事にマッチしています」
ミルガウスの魅力と人気の理由

耐磁性能に特化したミルガウスは、電磁波の影響を受けやすい現代社会の切り札とも言える存在です。ロレックス唯一のグリーンサファイアクリスタルやイナズマ針は、ミルガウスならではの魅力です。

半世紀以上前から1000ガウス(約80,000A/m)に耐えうる耐磁性能は、プロフェッショナルウォッチと呼ぶに相応しい性能です。1st、2ndモデルは市場流通量が少ないため、一時期は1500万円オーバーまで相場が高騰したコレクターも唸るヴィンテージ・ロレックスです。

ミルガウス愛用の有名人

トム・ハンクス(俳優)
アダム・スコット(俳優)
ジェニファー・アニストン(女優)
トム・ブレイディ(アメリカンフットボール選手)
アッシャー(歌手)

ミルガウス型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.116400GV

(生産終了モデル)

Ref.116400
Ref.1019
Ref.6541

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「スマホやタブレット全盛期だからこそ、電磁波対策としてもミルガウスはお勧めの選択肢の一つです。イナズマ針の魅力はミルガウスならではです」
「唯一のグリーンサファイア風防を持つミルガウスは、コレクターならずともロレックスファンなら是非とも欲しい逸品です」
エアキングの魅力と人気の理由

最古のペットネームを持つエアキング。リーズナブルな価格設定でかつては「ロレックスの入門機(エントリーモデル」と言われていましたが、全体的に高騰の影響を受けるロレックスの中で、現行モデルの定価は90万円を突破しています。

1940年代後半に登場した当時は純然たるドレスウォッチで、2007年に完全クロノメーター化して以降はダイヤルやベゼルのバリエーションも幅広いラインナップで展開しました。そののちオイスターパーペチュアルに吸収され、いったん姿を消したものの、2016年に現行モデルの116900が、耐磁性能も備えるプロフェッショナルモデルとして復活を遂げました。操作性がシンプルなのも安定した人気に繋がっています。

エアキング愛用の有名人

トム・ハンクス(俳優)
太田雄貴(元フェンシング日本代表)
トータス松本(ウルフルズ)
ザカリー・クイント(俳優)
マーク・ウォールバーグ(俳優)

エアキング型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.116900

(生産終了モデル)

Ref.14000
Ref.14010
Ref.14000M
Ref.14010M
Ref.114200
Ref.114210
Ref.114234
Ref.114234G

Ref.5500
Ref.6522
Ref.5502
Ref.5504
Ref.5506
Ref.5520
Ref.5700

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「デイト表示のない癖のないデザイン、モデルチェンジ後も安定した手頃価格が魅力。シンプルな操作性含めファーストロレックスにもお勧めです」
「カジュアル、スーツスタイルどの場面でも合わせやすい。デザイン、機能性、コスパで見ても非の打ち所がありません」
ロレックスのクラシックウォッチの魅力と人気の理由

ロレックスオイスターパーペチュアルクラシックは、クラシックモデルやスタンダードモデルとも呼ばれ、ロレックスの伝統を受け継ぐ人気モデル達です。
また、フォーマルな場面や女性の方によく似合うデイトジャストやデイデイトなどの”ドレスモデル”とも呼ばれる華やかな人気モデル達も該当します。

オイスターパーペチュアルの魅力と人気の理由

ロレックス三大発明の「オイスターケース」と「パーペチュアル」を融合させたオイスターパーペチュアルは、ロレックスの原点にしてスタンダードモデルの頂点とも言えます。2021年10月現在、ケースサイズは、28mm、31mm、34mm、36mm、41mmと展開しており、バリエーション豊富なダイヤルも魅力です。控えめに輝く高級腕時計、オイスターパーペチュアルはフォーマルな場面でも活躍するため男女問わず不動の人気です。
ロレックスの伝統を支え続けるオイスターパーペチュアルは、マイナーチェンジのたびに進化を続け、ロレックスビギナーからコアなロレックスコレクターまで世界中のロレックスファンに愛され続けています。

オイスターパーペチュアル愛用の有名人

マーク・ウォールバーグ(俳優)
中村アン(モデル)
aiko(歌手)
浅野忠信(俳優)
レブロン・ジェームズ(バスケットボール選手)

オイスターパーペチュアル型番(リファレンス)一覧(抜粋)

(現行モデル)

Ref.276200
Ref.277200
Ref.124200
Ref.126000
Ref.124300

(生産終了モデル)

Ref.176200
Ref.177200
Ref.116000
Ref.114200
Ref.114300
Ref.6566
Ref.6567
Ref.6569
Ref.6580
Ref.6581
Ref.6583

Ref.6584
Ref.6585
Ref.6586
Ref.6587
Ref.6590
Ref.6592
Ref.6593
Ref.6594
Ref.6598
Ref.6599
Ref.6509
Ref.6618

Ref.6084
Ref.6103
Ref.6107
Ref.6284
Ref.6352
Ref.6556
Ref.6085
Ref.5002
Ref.5003
Ref.5004
Ref.2940
Ref.3131
Ref.5015 など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「一番安い価格帯で50万円台で購入できる王道のクラシックウォッチ。モデル数も多く迷う楽しみすらあります」
「普遍的な完成されたシンプルなデザインは、ロレックスの伝統の象徴です。控えめかつ奥ゆかしい気品は、日本人の感性にもピッタリマッチします」
デイトジャスト、レディデイトジェスト、パールマスターの魅力と人気の理由

ロレックスのドレスウォッチのスタンダードモデルと言えば真っ先に思い浮かぶのが「デイトジャスト」です。オイスターパーペチュアルにデイト表示を搭載し、ロレックス三大発明の全てが搭載されたスタンダードモデルの完成形です。
ケースサイズやダイヤルバリエーションもロレックスの中で随一であり、ペアウォッチとしても世界的に愛されている大人気シリーズです。

デイトジャスト愛用の有名人

木梨憲武(とんねるず)
櫻井翔(アイドル)
安藤美姫(フィギュアスケート選手)
今井翼(アイドル)
小池徹平(俳優)

デイトジャスト型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.126200
Ref.126234
Ref.126234G
Ref.126234NG
Ref.126284RBR
Ref.126233
Ref.126233G
Ref.126233NG
Ref.126203
Ref.126203G
Ref.126203NG
Ref.126231
Ref.126231G
Ref.126231NG
Ref.126201
Ref.126201G
Ref.126201NGBR
Ref.126283RBR
Ref.126281RBR

Ref.126300
Ref.126334
Ref.126334G
Ref.126334NG
Ref.126333
Ref.126333G
Ref.126333NG
Ref.126303
Ref.126303G
Ref.126303NG
Ref.126331
Ref.126331G
Ref.126331NG
Ref.126301
Ref.126301G
Ref.126301NG

Ref.278240
Ref.278274 Ref.278344RBR Ref.278384RBR Ref.278243 Ref.278273 Ref.278343RBR Ref.278383RBR Ref.278241 Ref.278271 Ref.278341RBR Ref.278381RBR Ref.278278 Ref.278288RBR Ref.278289RBR Ref.278275 Ref.278285RBR など

(生産終了モデル)

Ref.116200
Ref.116234
Ref.116234G
Ref.116234NG
Ref.116244
Ref.116244G
Ref.116203
Ref.116203G
Ref.116233
Ref.116233G
Ref.116233NG
Ref.116243
Ref.116243G
Ref.116201
Ref.116201G
Ref.116231
Ref.116231G
Ref.116231NR

Ref.116139
Ref.116138
Ref.16200
Ref.16234
Ref.16234G
Ref.16234NG
Ref.16203
Ref.16233
Ref.16238
Ref.16248
Ref.16013
Ref.16014
Ref.1603
Ref.1601/3
Ref.1601/4
Ref.1601/8
Ref.1600

Ref.6305
Ref.6605
Ref.6105
Ref.6035
Ref.6075
Ref.4467
Ref.116264
Ref.116263
Ref.116261
Ref.16264
Ref.16263
Ref.1625/4
Ref.1625/3
Ref.1625/8
Ref.6609
Ref.6309 など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「ロレックスの伝統と技術が詰まった定番のクラシックウォッチ。半世紀以上を超えた変わらない良さ、変わり続けるマイナーチェンジが素敵です」
「女性にも人気のロレックスの芸術です。美しさと可愛さを絶妙にマッチさせた完璧なデザインです」

1957年に発表されたデイトジャストのレディースモデルです。ケースサイズ28mmは手首の細い女性にお勧めなエレガントかつクラシックな落ち着いた気品に溢れています。ロレックスのレディースモデルとして、世界中で圧倒的な支持を集めています。

レディデイトジャスト愛用の有名人

椎名林檎(歌手)
小森純(タレント)
本田朋子(アナウンサー)
大島優子(アイドル)

レディデイトジャスト型番(リファレンス)一覧

※SS=ステンレススティール、YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド

(現行モデル)

<SS>
Ref.279160

<SS+YG> Ref.279173
Ref.279173G
Ref.279173NG
Ref.279383
Ref.279383G
Ref.279163 など

<YG>
Ref.279178
Ref.279178G
Ref.279138
Ref.279138RBR など

<SS+WG>
Ref.279174
Ref.279174G
Ref.279174NG
Ref.279384
Ref.279384G など

<SS+PG>
Ref.279171
Ref.279171G
Ref.279171NG
Ref.279381
Ref.279161 など

<PG>
Ref.279175
Ref.279175G
Ref.279135 など

<プラチナ>
Ref.279166
Ref.279136 など

(生産終了モデル)

<SS>
179170
179160など

<SS+YG>
Ref.179173
Ref.179173G
Ref.179173NR
Ref.179173NG
Ref.179173NGR
Ref.179173NGS
Ref.179173OPG
Ref.179313
Ref.179383
Ref.179383G
Ref.179383NR
Ref.179163
Ref.179163Gなど

<SS+PG>
Ref.179171
Ref.179171G
Ref.179171NR
Ref.179171NG
Ref.179161
Ref.179161G など

<SS+WG>
Ref.179174
Ref.179174G
Ref.179174NR
Ref.179174NG
Ref.179174NGR
Ref.179174NGS
Ref.179384
Ref.179384G
Ref.179384NR
Ref.79174
Ref.79174G
Ref.79174NR
Ref.79174NA
Ref.79174NG
Ref.79174NRD
Ref.69174
Ref.69174G
Ref.69174NR
Ref.69174NG など

<YG>
Ref.179178
Ref.179178G
Ref.179138G
Ref.179238G
Ref.79178
Ref.79178G
Ref.79178NG
Ref.69178
Ref.69178G
Ref.69138G など

<WG> Ref.179179
Ref.179179G
Ref.179159NG
Ref.69179
Ref.69179G など

<PG>
Ref.179175
Ref.179175G など

<プラチナ>
Ref.179136G
Ref.179166
Ref.179296
Ref.69136G
Ref.69166
Ref.69166G など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「デイトジャストのピンクゴールドはまさに女性のためのデザイン。ゴージャスかつポップな出で立ちは、ジュエリーのような輝きに満ちています」
「バリエーションが豊富なため自分の好みやファッションに合ったモデルを選びやすいのも魅力です」

世界一美しいダイヤモンドとも称されるパールマスター。パールマスター39 Ref.86285は文字盤に700個以上のダイヤを敷き詰めた最高峰のジュエリーウォッチです。
機能性で見ても、二重密閉構造の防水システムが搭載されたトウィンロックリューズとオイスターケースは、水深100m(330フィート)までの防水性能を誇ります。堅牢性は言うまでもなく、サファイアから製造されたクリスタルは耐傷性にも優れます。

パールマスター型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.81409RBR
Ref.81405RBR
Ref.86409RBR
Ref.86405RBR など

(生産終了モデル)

Ref.80319
Ref.80339
Ref.80299
Ref.80318
Ref.80315
Ref.80298
Ref.69298G
Ref.69318
Ref.69319 など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「ダイヤモンドの輝きをより引き立たせる宝石のセッティングが芸術的な超高級ドレスウォッチ。700個以上のダイヤを融合させたロレックスの輝きは珠玉の逸品です」
「女性の曲線美を彷彿とさせる柔らかな曲線は見ているだけでもウットリです。資産価値で見ても安定しているのもいいですね」
スカイドゥエラーの魅力と人気の理由

腕時計の実用性を追求し続けるロレックスの革新的な技術が詰まった2012年デビューのスカイドゥエラー。「世界中で正確な時を刻む」をコンセプトに、クラシックウォッチで初の高性能エラストマー製のブレスレットを採用。ロレックスが開発したサロスシステムは、セカンドタイムゾーンと年次カレンダーの表示を可能にしています。

複雑機構でありながら操作性もロレックスならではのシンプルさを可能にしており、実用性・機能性共に申し分なしです。新しいモデルタイプのため、今後の更なる進化にも期待できます。2021年10月現在SSオンリーのモデルがないので少し認知度は下がりますが、SSモデルが発売されれば一躍人気モデルになるかもしれませんよね!

スカイドゥエラー愛用の有名人

ブルックス・ケプカ(プロゴルファー選手)
エデン・アザール(サッカー選手)
トム・ハーディ(俳優)
アレックス・ロウズ(オートバイレーサー)

スカイドゥエラー型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

Ref.326235
Ref.326238
Ref.326933
Ref.326934
Ref.326935
Ref.326938

(生産終了モデル)

Ref.326939
Ref.326138
Ref.326139
Ref.326135など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「定番シリーズに飽きた方にもお勧め。実用性や機能性、耐久性は抜群で普段使いにもばっちりです」
「ロレックスの技術の粋が詰まったシリーズ。高性能エラストマー製ブレスレットは装着感も快適で、実用性を追求するロレックスならではの細部までのこだわりを感じます」
デイデイトの魅力と人気の理由

1956年誕生のデイデイトは、成功者の持つ時計、トップ・オブ・ロレックスとも称されるクラシックウォッチの最上級モデルです。当時のアメリカ大統領のアイゼンハワーに贈呈されたのを皮切りに、ケネディ、ジョンソン、フォード、レーガン、ニクソン、ルーズベルトなど歴代アメリカ大統領に愛され続けてきました。

3列に配置された半円形のコマが特長的なプレジデントブレスは、デイデイトのために特別設計された象徴的なブレスレットです。デイデイトは成功者のためのステータスウォッチとして、着ける人の品格すら試されるほどその格式を高め続けています。

デイデイト愛用の有名人

ペレ(元サッカー選手)
ドナルド・トランプ(元アメリカ大統領)
ウォーレン・バフェット(投資家)
北島三郎(演歌歌手)

デイデイト型番(リファレンス)一覧

(現行モデル)

<YG>
Ref.128238
Ref.128238A
Ref.228238
Ref.228238A
Ref.228348RBR
Ref.228348RBR

<WG>
Ref.128239
Ref.128239A
Ref.128349RBR
Ref.228349RBR
Ref.228239
Ref.228239A

<PG>
Ref.128235
Ref.128235A
Ref.128345RBR
Ref.228235
Ref.228235A
Ref.228345RBR

<プラチナ>
Ref.228206
Ref.228206A
Ref.228396TBR など

(生産終了モデル)

Ref.6511
Ref.6611
Ref.1803
Ref.1803/5
Ref.1803/8
Ref.1803/9
Ref.18038
Ref.18038A
Ref.18039
Ref.18039A
Ref.18206
Ref.18206A
Ref.18366
Ref.18366A
Ref.18346
Ref.18346A

Ref.18238
Ref.18238A
Ref.18239
Ref.18239A
Ref.118235
Ref.118235A
Ref.118235F
Ref.118235FA
Ref.118205
Ref.118205A
Ref.118205F
Ref.118205FA
Ref.118206
Ref.118206A
Ref.118346A

Ref.118366
Ref.118366A
Ref.118238
Ref.118238A
Ref.118208
Ref.118208A
Ref.118208NR
Ref.118239
Ref.118239A
Ref.118239NG
Ref.1182392BR
Ref.118209
Ref.118209A
Ref.118209NG
Ref.118135 など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「人気のデイトナ、ステータスのデイデイト。気軽に着けるのもはばかられる格式の高さはトップ・オブ・ロレックスの名に相応しい富と名誉の象徴です」
「金無垢、プラチナの素材のみのステータスウォッチは資産価値で見ても大崩れしないのも魅力です。曜日カレンダーのカスタマイズやラインナップの多さから個性を出しやすいのも時計愛好家の心をくすぐりますね」
チェリーニの魅力と人気の理由

オイスターケースを採用していないとはいえ、ロレックス伝統のクラシックウォッチと言えば、1928年誕生のチェリーニも外せません。ルネサンス期のイタリア人芸術家、ベンベヌト・チェリーニをモチーフにしたエレガントな芸術性は、時の守護者に相応しい悠久の時すら感じさせます。
スポーツウォッチと一線を画す洗練されたムーンフェイズは、伝統美術品としてロレックスの中でも独自のポジションを確立しています。

日本では馴染みが薄く、人気もイマイチのモデルではありますが、Cal.31323など、一世代前のムーブメントを搭載していることから、一部ではロレックス唯一のムーンフェイズ搭載モデル(Ref.50535)を除いて廃番になるのでは、という噂もあり、そうなったら価格が急騰する可能性もありますね。

チェリーニ愛用の有名人

ニコラス・ケイジ(俳優)
バラク・オバマ(元アメリカ大統領)

チェリーニ型番(リファレンス)一覧

Ref.50509
Ref.50505
Ref.50519
Ref.50515
Ref.50529
Ref.50525
Ref.50535 など

【口コミ/ピアゾ編集部の推薦コメント】

「クラシックな正統派でありながら独自の路線が魅力。初代チェリーニがレクタンギュラー(長方形)ケースなのもチェリーニならではの良さがあります」
「従来のロレックスのデザインではないモデルを選びたい方にもお勧めです。時代を超えて愛されるドレスウォッチは、時計通も唸らせます」

ロレックスの各モデルの種類と特徴、機能の違いやエピソードをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 世界中の腕時計好きに愛され続けるのに相応しいロレックスの歴史と実用性の高さは、資産価値で見ても証明されています。

同じモデルでも素材や色の違い、組み合わせ方によって人気や資産価値も変化するので、実際にロレックスを眺めたり予備知識を深めることで、よりロレックスの魅力が伝われば幸いです。

貴方の大切なロレックスを手放したい場合は、国内外の有力バイヤー最大9社が競い合って査定を行うピアゾにお任せください。ロレックスは人気ブランドなので、モデルごとの相場はある程度決まっておりますが、時計買取店の在庫状況や販売状況、為替が原因となり買取価格の差が生まれます。
ピアゾでは9社まとめて査定結果を受け取れますので、ロレックスを自分の任意のタイミングで一番高く売る事が可能です。ピアゾのロレックス買取についてはこちらをご覧ください。

せっかくの大切な高級腕時計ロレックスが故障してしまった場合は、修理に出すのが一般的だとは思いますが、状態や修理費によっては「売却」も一つの方法です。

壊れた時計の買取は、通常の中古時計と少し異なる査定方法となる場合があります。特にロレックスは、市場価値も高く、各モデルごとに独特な特徴があります。
こちらのブログでは壊れたロレックスを高額買取するための5つのポイントもご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888