更新日:2021年11月25日

【実機レビュー】ロレックス デイトナ 6265 表記無しダイヤル

ロレックス デイトナ 6265 表記無しダイヤルの実機レビューをお届けします!

ロレックス デイトナ アンティーク 6265

歴代のデイトナの中でも最も人気が高く、手巻きデイトナとしては最終型となるロレックス デイトナ 6265。1970年~1988年に製造されされ、その期間中に様々なマイナーチェンジを繰り返してきたモデルです。相場高値がつき、入手困難なレア仕様を持つモデルも。今回は6時位置のスモールセコンド上にDAYTONA表記がない「表記なし」初期ダイアルの個体を実機レビュー!

ロレックス デイトナ 6265 表記無しダイヤルを実際に見てみましょう。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 文字盤

サンレイ仕上げのシルバーダイアルに、3つのブラックスモールセコンドがかっこいいスポーツモデルデザイン。余計なものがないシンプルなダイアルです。6265は発売当初はこのダイアルでしたが、数年後には6時位置の12時間積算計の上部に”DAYTONA”の表記が赤字で表記されます。交換用ダイアルにも同様ですが、その際”DAYTONA”表記がひとまわり小さくなりました。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 文字盤

交換用はスモールデイトナ、オリジナルはビッグデイトナと呼ばれています。大きく分けて3つのダイアルが存在するということです。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 文字盤

ダイヤル6時位置には”σ”シグマ表記があるのも、初期ダイヤルの特徴です。※σマークは文字盤に金などの貴金属が使用されていることを示す表記です。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 ケースサイド

細かな目盛りが刻まれたタキメーターベゼル。これは交換された溝有プッシャーです。スクリューロック式のプッシャーが採用されたことにより、防水性能は50mまで向上しました。クロノ針はオリジナルの正三角針。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 ケースサイド

9時側からのケースです。オイスタースチールの輝きが美しいですね。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 ケースサイド

ケースからブレスにつながるラグは、なめらかな曲線美を讃えています。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265 裏蓋

裏蓋はシンプルですが、オイスタースチールの輝きが堪能できます。1970年代に作られてとは思えないほどキレイなままです。

現行の40mmよりも少し小ぶりなケースサイズの為、着用した際のサイズ感が絶妙で、非常に良い着け心地です。重すぎず軽すぎず、軽快に着用可能。今回の個体は状態のよい初期モデルのため、相場1000万前後で取引されるのではないでしょうか?!

マニアもうなる6265ですが、なかでも一番有名なのは『ポールニューマンダイヤル』(別名 エキゾチックダイヤル)です。ハリウッド俳優であり、レーサーでもあった故ポール・ニューマンが愛用したことでその名がつきました。インダイヤルのアラビア数字は大きく、夜光塗料はインデックスの内側に塗布されています。また、外周サークル部分と、インダイヤルは、一段窪んだ状態となっており、ダイヤルメインカラーと反転したカラーリングとなっているのが特徴。ブレスレットも生産初期の僅か数年となる専用の巻きブレス『ポールニューマンブレス』が搭載されており、相場も別格の歴史的な個体と言えるでしょう。

ロレックス デイトナ アンティーク 6265
ロレックス デイトナ アンティーク 6265 スペック
モデル デイトナ アンティーク
DAYTONA
型番(Ref.) 6265
ムーブメント 手巻 Cal.727
振動数 21,600振動
駆動時間 最大約50時間
防水性 50m
ケース素材 ステンレススチール
ダイアル シルバー
ケースサイズ 径37mm×厚12mm 約130g
ブレス オイスターブレス
製造期間 1970年~1988年
※定価は2021年11月現在調べのものです。予告なく変更される場合があります。

ロレックス買取について

ロレックス買取 時計買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888