更新日:2022年01月26日

ロレックス エクスプローラーⅡの腕時計を着用している有名人

ロレックス(ROLEX)は1905年にイギリスで創業された時計メーカーで、現在はスイスに本拠地を置いています。防水性能や耐久性に優れたタイムピースを数多く取り揃えており、一般人・有名人問わず人気の高いブランドです。パイロットやダイバーなど、第一線で活躍する多くの人々に愛され続けています。世界中で圧倒的な知名度を誇り、ネームバリューや資産価値も非常に高いです。同型番内でのマイナーチェンジも多く、レアモデルを見つける楽しみもあります。

1953年に発表された「エクスプローラー(EXPLORER)」は、名前の通り、探検家を意識してデザインされたコレクションです。洞窟や極地、山頂といった過酷な環境に耐えうるタイムピースを目指し、実際の探検家・登山家・科学者などによる装着テストをクリアしてきました。耐久性・研磨性に優れた「オイスタースチール」のほか、耐衝撃性の高いムーブメントや、防水性の高い二重密閉構造のリューズなどを採用しており、その丈夫さが最大の魅力です。アワーマーカーや針には夜光塗料が施されており、洞窟などの暗闇でも安心して使用できます。

先に販売された「エクスプローラー(Ⅰ)」は、シンプルでスマートなデザインが魅力のコレクションです。一貫して3・6・9のアワーマーカーとバーインデックスを採用しており、高い視認性が確保されています。リューズガードが装備されておらず、スリムなフォルムやサイズ感が特徴的です。ダイヤルカラーはブラックのみで、ビジネスや普段使いにも合わせやすくなっています。

1971年に発表された「エクスプローラーⅡ」は、エクスプローラーⅠの後続コレクションとして誕生しました。前作の精神はそのまま受け継ぎつつ、より探検家に適した仕様となっています。スポーツウォッチのようなダイヤルにオレンジ色の24時間針を合わせた、カジュアルなデザインが特徴的です。3時位置には、サイクロップレンズによって拡大された日付表示が配置されています。24時間で一周する針と、24時間の目盛りが入った固定ベゼルを併用することで、洞窟や極地などの環境でも昼夜を区別できるほか、第2タイムゾーンの時刻を把握することも可能です。前作にはなかったリューズガードも装備されており、堅牢性も高まっています。

シンプルさを追求したエクスプローラーⅠに対し、エクスプローラーⅡは機能性の高さとスポーティーなデザインが特徴的です。モデル数の少なさに反し、数多くの有名人に選ばれています。今回は、ロレックス エクスプローラーⅡの腕時計を着用している男性有名人と、その着用モデルについて紹介します。

ロレックス エクスプローラーⅡ 黒文字盤

ロレックス エクスプローラーⅡ有名人着用モデル【国内男性】編

ロレックス エクスプローラーⅡ 白文字盤 国内男性見本

エクスプローラーⅡはカレンダー機能やGMT機能を備えているため、実用性を重視する人にはぴったりの時計です。比較的カジュアルなデザインですが、スーツなどのビジネススタイルにも合わせることができるでしょう。国内男性では、俳優・アーティスト・スポーツ選手など、幅広いジャンルの有名人に選ばれていました。

俳優 高倉健さん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655

高倉健 エクスプローラーⅡ 初代モデル 黒文字盤

高倉健さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655を着用されていました。販売価格は、240万円~600万円前後です(2022年1月時点)。こちらは1971年に登場したエクスプローラーⅡの初代モデルです。エクスプローラーⅠは時刻確認のみのシンプルな時計でしたが、エクスプローラーⅡには実用的な機能が追加されています。また、Ⅰにはなかったリューズガードが装備され、ケースサイズも大きくなり、全体的にがっしりとした印象を受けます。

初代モデルは10年以上にわたって販売されていたため、製造時期によって様々なマイナーチェンジが行われてきました。最初期の個体には、秒針の途中に丸いパーツが付いておらず、こちらは「マークⅠダイヤル」と呼ばれています。「マークⅠ」から「マークⅢ」までは非常に希少性が高く、流通量が少ないです。「マークⅣ」と「マークⅤ」は量産されていたことから、比較的入手しやすくなっています。初代のデザインについては、2代目以降とはがらりと異なる雰囲気が特徴的です。先端にトリチウム夜光塗料が施されたペンシル型の針に、オレンジの24時間針、ブラックダイヤル、細かなバーインデックスが組み合わせられています。ケースは40mmのステンレススティール製で、風防はプラスチック製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

高倉健さんは、日本を代表する名俳優です。アカデミー賞最優秀主演男優賞やブルーリボン賞などの映画賞に加え、紫綬褒章、文化勲章などの名誉賞も受賞されています。映画『日本侠客伝』シリーズをはじめ、『幸福の黄色いハンカチ』『南極物語』『鉄道員(ぽっぽや)』など数々の名作で主演を務められました。ハリウッド映画にも複数出演されており、その演技力や存在感は国外からも高い評価を受けています。2014年に訃報が伝えられると、芸能界・映画界を中心に多くの人が哀悼の意を表しました。

高倉さんは時計が好きで、友人にはよく時計をプレゼントされていました。こちらの時計は高倉さんが愛用していた私物で、映画『ブラック・レイン』で共演したアンディ・ガルシアさんに贈られたものだそうです。エクスプローラーⅡをベースにしつつ、GMTマスターのブラックベゼルを組み合わせたカスタム品となっています。

監督・野球解説者 原辰徳さん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570

原辰徳 エクスプローラーⅡ 4thモデル 読売ジャイアンツ優勝記念モデル

原辰徳さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570を着用されていました。販売価格は、110万円~260万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの4代目モデルで、2011年に登場しました。おおよそのデザインは変わりませんが、時・分針が太く、インデックスが大きくなっており、24時間針の形状は初代の二等辺三角形に変更されています。12時位置のモデル名表記「EXPLORER」がオレンジ色になっているのもポイントです。耐磁性・耐衝撃性に優れた新型ムーブメントを搭載しているほか、発光時間の長いクロマライト夜光塗料を使用しており、ますます探検家に適した仕様となりました。ブレスレットは好みに応じて5mmの延長が可能です。ケースはステンレススティール製、ケースサイズは前作より2mm大きい42mmとなっています。風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

原さんが着用されているのは、読売ジャイアンツの5冠達成記念にデザインされたものです。読売ジャイアンツの関係者のみに販売されたモデルと言われており、原さんの背番号「88」にちなんで、88本のみ生産されました。通常の4代目モデルとは異なり、ベゼルの文字とダイヤルの目盛りが、読売ジャイアンツのイメージカラーであるオレンジになっています。また、6時位置には「GIANTS」のロゴに加え、「JAPAN CHAMPIONS 2012」という文字が記されています。


俳優 小泉孝太郎さん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570

小泉孝太郎 エクスプローラーⅡ 3rdモデル 黒文字盤

小泉孝太郎さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570を着用されていました。販売価格は、90万円~470万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの3代目モデルで、1991年に発表されました。約20年間にわたって販売されていたロングセラーモデルです。2代目の「Ref. 16550」とほぼ同じビジュアルで、丸や三角のインデックスにベンツ針、赤い24時間針、三角で仕切られた24時間ベゼルを組み合わせています。また、ダイヤルカラーはアイボリーがなくなり、ブラックとホワイトの二色展開となりました。機能については前作と同様、第2タイムゾーンの時刻表示が可能です。ムーブメントが改良されたことで、前作よりもメンテンナンス性・安定性が向上しています。そのほか、バックルがダブルロック式になったり、夜光塗料がトリチウムからスーパールミノバに変わったりなど、同モデル内で様々なマイナーチェンジが行われました。ケースは40mmのステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

小泉孝太郎さんは俳優として活動されています。2002年にドラマデビューを果たして以降、『ナースマン』『下町ロケット』『ブラックペアン』『グッドワイフ』など様々な作品に出演し、経験を積んでいきました。2022年にはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にて、平宗盛を演じられています。父は第87~89代総理大臣の小泉純一郎さん、弟は政治家の小泉進次郎さんです。

俳優 いしだ壱成さん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655

いしだ壱成 エクスプローラーⅡ 初代モデル 黒文字盤

いしだ壱成さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655を着用されていました。販売価格は、240万円~600万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの初代モデルで、1971年に発表されました。オレンジ色の矢印針や24時間ベゼルが備え付けられており、カジュアルな雰囲気の時計ですが、現行モデルに比べると針やベゼルの文字が細く、やや控えめな印象です。3時位置にはサイクロップレンズで拡大された日付表示が配置されています。製造期間の長さから、同モデル内にもいくつかのパターンがあり、それぞれ「マークⅠダイヤル」~「マークⅤダイヤル」と呼ばれています。最も希少価値が高いのは、最初期(1971~1972年頃)に製造されていたマークⅠダイヤルで、丸いプレートが備え付けられていないストレート針(秒針)が特徴的です。ブランドロゴなども小さめで、ダイヤル全体がすっきりとしています。マークⅡダイヤルからは、秒針に丸い夜光プレートが追加され、暗所でも秒数を認識できるようになりました。夜光塗料にはトリチウムを使用しています。ケースは40mmのステンレススティール製で、風防はプラスチック製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

いしださんが着用されているのはティファニーとのWネームモデルで、6時位置に「Tiffany&Co.」というブランド表記があります。

いしだ壱成さんは俳優・ミュージシャンとして活動されていました。売り出し当時は中性的なルックスが特徴的で、武田真治さんと並ぶ「フェミ男」の代表として認知されていました。ドラマ『ひとつ屋根の下』『君といた夏』や、舞台・映画などで活躍を見せ、1995年には『未成年』にて、ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。父はトレンディ俳優として有名な石田純一さんです。

タレント・俳優・歌手 川崎麻世さん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570

川崎麻世 エクスプローラーⅡ 3rdモデル 黒文字盤

川崎麻世さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570を着用されていました。販売価格は、90万円~470万円前後です(2022年1月時点)。こちらは1991年~2011年頃に販売されていた、エクスプローラーⅡの3代目モデルです。ムーブメントが変更された精度調整が行いやすい「Cal. 3185」や、耐磁性・耐衝撃性に優れた「Cal. 3186」を搭載しています。デザインは2代目とほとんど変わらず、サブマリーナやGMTマスターに似たスポーティーな雰囲気が特徴的です。24時間ベゼルの数字は、前作に比べてわずかに細くなっています。ダイヤルはブラックとホワイトの二色展開で、アイボリーは見られません。販売期間が長いため、バックルやフラッシュフィット、インナーリングなどに細かな改良が行われており、個体ごとに使い心地や印象が異なります。ケースは40mmのステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

川崎麻世さんはタレント・俳優・歌手として活動されています。1976年にジャニー喜多川さんにスカウトされたのがきっかけで芸能界に入り、1977年には『ラブ・ショック』でレコードデビューを果たします。本場ニューヨークでミュージカルを学ぶなどして、舞台俳優としての経験も積んでいきました。劇団四季『キャッツ』やミュージカル『スターライト・エクスプレス』などの有名作にも出演しています。川崎さんは腕時計がお好きだそうで、数十本の時計コレクションがインスタグラムに公開されていました。

俳優 松山ケンイチさん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570

松山ケンイチ エクスプローラーⅡ 4thモデル 白文字盤

松山ケンイチさんは、ドラマ『A LIFE~愛しき人~』にて、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570を着用されていました。販売価格は、110万円~260万円前後です(2022年1月時点)。こちらは2011年に登場したエクスプローラーⅡの4代目モデルで、約10年間にわたって販売されていました。前作同様、サブマリーナやGMTマスターに似たスポーティーなデザインが特徴的です。インデックス・針のサイズおよび夜光部分の面積が大きくなっており、暗所でも高い視認性が確保されています。ムーブメントには耐磁性・耐久性の高い「Cal. 3187」を採用。夜光塗料はスーパールミノバからクロマライトへと変更され、発光時間が従来の約2倍となりました。ブレスレットのバックルには、5mmの延長が可能な「イージーリンクシステム」を搭載しており、より快適な装着感を実現できます。ケースは42mmのステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

松山ケンイチさんは俳優として活動されています。2001年に行われたホリプロ関連のオーディションでグランプリを受賞し、モデルデビューを果たしました。翌年には人気ドラマ『ごくせん』で俳優デビューを果たし、その後『デスノート』『ノルウェイの森』『GANTZ』『聖の青春』など数々の有名作品に出演されています。2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』では主演を務め、その知名度を確かなものにしました。妻は俳優・モデルの小雪さんです。

ミュージシャン まことさん(シャ乱Q) ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570

シャ乱Qまこと エクスプローラーⅡ 3rdモデル 黒文字盤

まことさんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570を着用されていました。販売価格は、90万円~470万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの3代目モデルで、1991年から2011年の約20年間にわたって販売されていました。丸や三角のインデックス、ベンツ針、先端が正三角形となった24時間針など、2代目モデルのデザインをほとんどそのまま受け継いでいます。24時間ベゼルの数字のみわずかに細くなっており、前作よりもすっきりとした印象です。24時間表示、3時位置の日付表示、GMT機能を使用できるほか、メンテナンス性・耐久性に優れたムーブメントを搭載しています。製造時期によって様々なマイナーチェンジが行われており、インナーリングの刻印や風防の透かし彫りなど、個体によって異なる特徴を見つけるのも楽しみの一つです。ケースはステンレススティール製で、これが最後の40mmモデルと言われています。風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

まこと(堀内誠)さんはロックバンド「シャ乱Q」のドラム・作詞担当です。シャ乱Qは『上・京・物・語』『シングルベッド』『いいわけ』『ズルい女』などのヒット曲を生み出し、人気を博しました。現在は、メンバーのつんくさんの病気などを理由に、活動を休止中です。まことさん個人としては、堂本兄弟やタモリ倶楽部などのバラエティー番組に出演したり、他アーティストへ歌詞を提供したりなど、様々な活動を行っています。2019年にはYouTubeチャンネル「まこっチャンネル」を開設しました。

俳優 木下ほうかさん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655

木下ほうか エクスプローラーⅡ 初代モデル 黒文字盤

木下ほうかさんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655を着用されていました。販売価格は、240万円~600万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅠの後続機種として登場した、エクスプローラーⅡの初代モデルです。1971年に発表された同モデルは、数回にわたるマイナーチェンジを行いつつ、10年以上にわたって販売されていました。初期個体である「マークⅠ」は、秒針がストレート針(丸い夜光プレート無し)となっており、非常に希少性が高いです。また、「センタースプリット」を有する「マークⅢ」も人気が高まっています。センタースプリット(あるいはレイルダイヤル、スターンダイヤル)とは、6時位置のクロノメーター表記に関して、上の行と下の行のスペースの位置が揃っているもののことです。マークⅢは1974年から1977年頃に製造されたと言われています。ペンシル型の針は初代の全個体に共通するものですが、これはその後のモデルには引き継がれず、2代目以降はベンツ針(メルセデス針)が採用されました。また、初代は黒文字盤のみですが、以降のモデルには白文字盤が追加されています。ケースは40mmのステンレススティール製で、風防はプラスチック製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

木下ほうかさんは俳優として活動されています。大学卒業後に吉本新喜劇の団員としてキャリアをスタートさせましたが、わずか三年で退団。1989年に上京して俳優を志し、Vシネマを中心に地道に経験を積んでいきました。2014年に始まったバラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』では「イヤミ課長」と呼ばれるキャラクターを演じ、一躍その名を知られるようになります。有名ドラマへの出演も増え、現在は存在感の強いバイプレイヤーとして活躍中です。

建築家 谷尻誠さん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16550

谷尻誠 エクスプローラーⅡ 2ndモデル ティファニーWネーム 黒文字盤

谷尻誠さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16550を着用されていました。販売価格は、110万円~450万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの2代目モデルで、1984年から1988年頃に販売されていたと言われています。製造期間が短く希少価値が高いため、市場での流通量は比較的少ないです。

デザインはサブマリーナやGMTマスターに似たスポーティーな雰囲気で、丸・三角・四角のインデックスにベンツ針を合わせています。24時間針は前モデルの二等辺三角形から正三角形へと変化し、矢印の先端部分が小さくなりました。24時間ベゼルは小さめの三角形で仕切られ、数字には角ばった幅広フォントを採用。初代からデザインを一新し、現行モデルの雰囲気を決定づけたモデルといえるでしょう。ダイヤルカラーは前作のブラックに加え、新たにホワイトが追加されました。ホワイトは視認性を確保するため、針やインデックスの縁が黒く塗装されています。一方ブラックには、メタルの縁取りがなされました。希少ダイヤルとしては、ホワイトの経年変化とも言われている「アイボリーダイヤル」があります。後継モデルのラインナップには存在せず、詳細は不明ですが、希少価値の高い逸品です。機能としては、ムーブメントの変更により短針を単独で動かせるようになり、第2タイムゾーンの把握(GMT機能)が可能になりました。ケースは40mmのステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

谷尻さんが着用されているのはティファニーとのWネームモデルで、6時位置に「Tiffany&Co.」というブランド表記があります。生産期間の短い「Ref. 16550」のWネームモデルは、他のコラボモデルと比べても希少価値が高いといえるでしょう。

谷尻誠さんは建築家として幅広いジャンルで活躍されています。店舗併用住宅「毘沙門の家」や商業施設「ひぐらしガーデン」、結婚式場「Blue Blanc」など、手掛ける建築物の種類は様々です。グッドデザイン賞をはじめ、建築・デザインに関わる数々の賞を受賞されています。建築の枠にとらわれず、起業家・経営者としても精力的に活動中です。

お笑い芸人 津田篤宏さん(ダイアン) ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570

ダイアン津田篤宏 エクスプローラーⅡ 3rdモデル 黒文字盤

津田篤宏さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 16570を着用されていました。販売価格は、90万円~470万円前後です(2022年1月時点)。こちらは1991年に登場したエクスプローラーⅡの3代目で、約20年にわたって販売されたロングセラーモデルです。販売期間が長いため、時期ごとに様々なマイナーチェンジが行われています。1995年頃からの個体はバックルがダブルロック式になっており、従来のシングルロック式に比べて安定性が向上しました。1998年頃からは、夜光塗料がトリチウムからスーパールミノバに変更されています。2004年頃からは風防の6時位置に王冠(ブランドマーク)の透かし彫りが入り、2007年頃からはインナーリングに「ROLEX」の文字が刻印されるようになりました。全個体を通じて、大まかなデザインは2代目モデルとほぼ同じで、ダイヤルはブラックとホワイトの二色展開です。ムーブメントについては、GMT機能を搭載しているほか、メンテナンス性や耐磁性・耐衝撃性に優れたものを採用しています。ケースは40mmのステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

津田篤宏さんは、お笑いコンビ「ダイアン」のツッコミ担当で、相方はユースケさんです。2000年の4月にコンビを結成し、2007年・2008年のM-1グランプリでは決勝進出を果たしました。2003年からほぼ毎年単独ライブを開催しているほか、『水曜日のダウンタウン』『ゴッドタン』などのバラエティー番組でも精力的に活動中です。津田さんは「すごい」という際に「ゴイゴイスー!」というギャグが持ちネタとなっています。

ロレックス エクスプローラーⅡ有名人着用モデル【海外男性】編

ロレックス エクスプローラーⅡ 黒&白文字盤 海外男性見本

エクスプローラーは探検家向けに作られたものですが、24時間表示や日付表示が可能であることから、俳優やビジネスマンにも愛用されています。国外や暗所(洞窟など)での活動が多い方にはおすすめの時計です。

俳優 ジェイソン・ステイサムさん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570

ジェイソン・ステイサム エクスプローラーⅡ 4thモデル 黒文字盤

ジェイソン・ステイサム(Jason Statham)さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570を着用されていました。販売価格は、110万円~260万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの4代目モデルで、2011年から2021年の約10年間にわたって販売されていました。デザインは2代目・3代目モデルをベースにしていますが、24時間針は初代のもの(オレンジの二等辺三角形)を使用しています。インデックスが大きく、時・分針やベゼルの書体が太くなっており、全体的に主張が強い印象となりました。明るい場所ではもちろん、暗闇での視認性も高まっています。ムーブメントには耐磁性・耐衝撃性が向上した「Cal. 3187」を採用しており、安心感も抜群です。ケースサイズは従来の40mmよりも一回り大きい42mmとなっています。ケースはステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

ジェイソン・ステイサムさんはイギリス出身の俳優です。元々は水泳の飛び込み競技の選手でしたが、1992年にモデルに転向し、1998年の映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で俳優デビューを果たしました。主にアクション俳優として知られており、カーアクション映画『トランスポーター』シリーズや、『エクスペンダブル』シリーズなどのヒット作で高い評価を受けています。

俳優 オーランド・ブルームさん ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655

オーランド・ブルーム エクスプローラーⅡ 初代モデル 黒文字盤

オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)さんは、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 1655を着用されていました。販売価格は、240万円~600万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの初代モデルで、1971年から10年以上にわたって販売されていました。製造時期によって、字幅や表記などの秒針の仕様に細かな変化があります。初期に作られた「マークⅠ」「マークⅢ」と呼ばれる個体は、人気および資産価値も高いようです。ブラックダイヤルにはトリチウム塗料が施されたインデックスが配置されていますが、通常のアワーマーカーの間を縫うように、ダイヤル外周にも夜光塗料付きのインデックスが付いています。そのため、暗闇でも正確な時刻を把握することが可能です。24時間ベゼルは線で仕切られ、丸っぽくすっきりとした印象のフォントを採用しています。ケースは40mmのステンレススティール製で、風防はプラスチック製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

オーランド・ブルームさんはイギリス出身の俳優です。1997年に映画デビューを果たし、2001年の映画『ロード・オブ・ザ・リング』の大ヒットによって、国際的ブレイクを果たしました。大ヒットシリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』にも複数回出演されています。日本でも名の知れた一流俳優です。

サセックス公爵ヘンリー王子 ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570

ヘンリー王子 エクスプローラーⅡ 4thモデル 白文字盤

サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)は、ロレックス エクスプローラーⅡ Ref. 216570を着用されていました。販売価格は、110万円~260万円前後です(2022年1月時点)。こちらはエクスプローラーⅡの4代目モデルで、2021年に5代目モデルが発表されるまで、約10年間にわたって販売されていました。24時間表示・日付表示・GMT機能を搭載し、耐久性の高い新型ムーブメントを採用しています。夜光塗料は、ルミノバよりも発光時間の長いクロマライトです。インデックスや針の形状は前作と同様ですが、サイズが大きくなったことで視認性が向上しています。また、2代目・3代目で使われていた正三角形の24時間針を廃止し、初代モデルで使われていた二等辺三角形のオレンジ針を復刻させました。ブラックダイヤルに限り、時・分針の根元が黒く塗装されていますが、これも初代モデルの特徴です。針の先端(夜光部分)がダイヤル上に浮かんでいるように見えることから、「ファントム効果」と名付けられています。ケースは従来より大きい42mmでステンレススティール製、風防はサファイアクリスタル製、防水性能は100mの自動巻き時計です。

サセックス公爵ヘンリー王子は、イギリス王室の元成員です。チャールズ大公とダイアナ公妃の次男として誕生し、2006年にイギリス陸軍に入隊されました。2020年3月をもってイギリス王室を引退・離脱されています。

ロレックス エクスプローラーⅡ 評価-まとめ-

今回は、ロレックスのエクスプローラーⅡを身につけている男性有名人と、その着用モデルを紹介しました。エクスプローラーⅡはデザインや素材にわずかな改良を加えつつ、探検家にとっての利便性や耐久性を追求し続けています。ダイヤルには黒と白の二種類がありますので、好みや装着場面に合わせて選ぶとよいでしょう。そのほか、発売時期や性能、アンティークとしての価値などを踏まえ、一人ひとりに合った時計を探してみてください。今回ご紹介した憧れの有名人と同じモデルを身につけるという選択肢もあります。ご参考になれば幸いです。

時計買取のピアゾでは壊れたものや保証書のないものなど、あらゆる時計の買取を行っています。最大9社での一括査定が受けられるため、お得に売却したい方におすすめです。買取業者との価格交渉はピアゾのスタッフが行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

★関連記事★
オーデマ・ピゲ 有名人 wearers

「有名人の腕時計特集」

 

芸能人や有名人が愛用している腕時計をご紹介します!

ロレックス買取について

ロレックス 時計買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888