更新日:2022年05月04日

【グランドセイコーの評判・イメージは美しい?ダサい?人気ない?】後悔しないためのグランドセイコー購入のデメリットとメリットまとめ

グランドセイコーのモデル選びデメリットとメリットまとめ

世界に誇る「メイドインジャパンブランド」のグランドセイコー(Grand Seiko)。高精度・高品質を兼ね備えた「匠」の美しさは、世界中に熱心なファンを持ちます。
ただ、グランドセイコーは「最高の普通」「実用時計の最高峰」をブランドコンセプトにしているからか、「地味」「ダサい」などのネガティブなキーワードもしばしば見かけます。

「グランドセイコーの評判って、美しい?ダサい?」
「高級腕時計を買うなら海外製の方がいいのかな……」

今回は、グランドセイコーの評判やイメージを中心に、世界に誇るグランドセイコーの腕時計を購入する前に知っておきたい、グランドセイコーのデメリットとメリットをどこよりもわかりやすくご紹介します。時計好きならではの目線で、グランドセイコーに対する本音&ぶっちゃけトーク、辛口批評も満載でお届けします。

ライオンメダルがモチーフの強くてカッコいいグランドセイコー

1960年、高級時計の本場スイスで、ロレックスやオメガ、タグ・ホイヤーなどの歴史ある高級ブランド達がしのぎを削る中、日本の獅子「グランドセイコー」は産声をあげます。さながら、日本史の戦国時代を彷彿とさせる激動の時代です。

グランドセイコーのシンボルとなっているライオンメダル(獅子の紋章)は、群雄割拠の高級時計業界の最高峰を目指すべく、百獣の王「獅子=(力や威厳、王の象徴)」を目指す意思が込められています。1960年の初代グランドセイコーウォッチのケースバックにもある「獅子の紋章」は、今もなお国産最高峰の証として裏蓋に刻まれています。

しかし、ネット上の評判やイメージ、口コミを見てみると、百獣の王とはかけ離れた「ダサい」「地味」「いまいち」などの悪評も見かけてしまい、購入の手を止めてしまうのも悲しい客観的な事実です。
なぜ、強くてカッコいい百獣の王を目指した結果、イメージのギャップは生まれてしまったのでしょうか?

グランドセイコー のイメージや評判まとめ

まず、ネット上でも見かけるグランドセイコーのイメージや評判をまとめてみました。

【グランドセイコーの悪い評判とイメージ】

  • 地味な印象
  • ダサい
  • 値段が高い
  • 古臭いデザイン
  • 資産価値が低い

【グランドセイコーの良い評判とイメージ】

  • 日本を代表するブランド
  • 美しい
  • もっともスーツに似合う高級時計
  • 真面目、誠実、信頼できる

このように、インターネット上の評判も真っ二つな状況です。

結論を先に述べますが、グランドセイコーの高級時計は、日本が誇る「美意識」を最新&最先端のテクノロジーと最高峰の職人達の「匠」の技術で完成させた一生モノになり得る高級時計に間違いありません。しかし、「古臭いデザイン」や「資産価値が低い」などのデメリットが気になってしまうのも人の性でしょう。

そこで、グランドセイコーのデメリットとメリットに着目して、一つひとつ丁寧に掘り下げて解説致します。後悔しないグランドセイコー購入のためのガイドブックになれば幸いです。

グランドセイコー のデメリットの良い点悪い点

購入して後悔しないためにも、やはり先に知っておきたいのは、グランドセイコーのデメリットでしょう。上記の「地味」「値段が高い」「資産価値」について、ことわざの「長所は短所、短所は長所」のように、一つひとつ丁寧に……
「グランドセイコーの悪い部分(デメリット)の良い点」
「グランドセイコーの良い部分(メリット)の悪い点」
両方の視点に立ってご説明します。デメリットもメリットも知り尽くすことが、グランドセイコーウォッチを購入した後にも後悔しない秘訣です。

グランドセイコー のイメージや評判は地味でダサい

グランドセイコーは「究極の普通」をウリにしているためか、海外有名ブランドのオメガやロレックスのように、派手さやインパクトに欠けるのは事実です。

ロレックスやオメガは「時計を知らない人が見ても凄い!」と思われる時計であり、グランドセイコーは「時計を知っている人が見たら凄い!」と思われる時計なのです。

料理に例えれば、ロレックスやパテック・フィリップなどの海外ブランドの高級機械式時計は、見映えもするフランスやイタリア料理。グランドセイコーは繊細な懐石料理のイメージ。どちらも丁寧な仕上げを施した高級料理には間違いないのですが、選び手の私達が日本人であるがゆえに、国産ブランドのグランドセイコーには物珍しさを感じにくいのかもしれません。逆も然りで、海外でのグランドセイコーの評価は近年鰻登りだったりします。

しかしスーツの似合うハリウッドスターのブラッド・ピットやジョニー・デップが、グランドセイコーの高級時計をビシッと決めたビジネスマン姿を想像してみてください……間違いなくカッコいいですからね!

デザインに関しては、味付けの好き好きのように、「ハッキリしたインパクトある味(デザイン)が好み」「味噌汁のように毎日飽きずに食べる味(デザイン)が好物」など、どうしても選ぶ人の主観が影響するものです。グランドセイコーのデザインは、ともすると「地味」で「古臭くダサい」とも捉えられかねない、あっさりとした「究極のシンプルさ」が自慢の武器でもあるのです。
あまり他人のイメージ論で右往左往し過ぎず、購入しようとしているあなた自身が、どういうインスピレーションを感じたのかを大切にしましょう。腕時計は職場の上司達よりも……毎日、顔を合わせる大事な存在。恋愛のように、第一印象は重要な購入方法の基準です。

デザインにインパクトのある特別感が欲しい方は、ロレックスやウブロ、オメガなどの別のメーカーの高級時計がお勧めかもしれません。しかし、グランドセイコーの完成されたシンプルなデザインは、まるで日本が誇る懐石料理のように、通になればなるほど良さを理解できる上品な仕上がりなのも揺るぎのない事実です。

グランドセイコー の知名度とステータス性が原因のイメージ

グランドセイコーの弱点でもあり、アキレス腱となっているのが、ロレックスやオメガと言った巨大な海外ブランドと比較すると、知名度や認知度が低く、結果としてステータス性が低い部分でしょう。腕時計をあまり詳しくない層や時計に関心がない方達には、洗練されたどシンプルなデザインが仇となってしまい、1万円台のセイコー5と高級時計の違いが理解してもらえないのです。ここの部分こそが、ネット上の評判や口コミで見かける「グランドセイコー やめとけ」「グランドセイコー 後悔」などの購入後の失敗談に繋がっている部分でしょう。

ステータス性を求めて、グランドセイコーの高級時計に手を出したものの、想像していたような反響や賞賛が得づらいのは、グランドセイコーの短所でもあり長所でもある部分です。
とは言え、時計というのはいわゆる”TPO”も大事です。一見してわかる、超高級時計を直属の上司が毎日着けていては、威圧感にも繋がるケースも。場合によっては、取引先のお得意様相手には嫌味な印象を与えてしまうかもしれません。

一方、グランドセイコーのさりげない高級感は、派手な印象を与えることなく、むしろ腕時計に詳しい方には好印象を与えるはず。ご年配の重役の方達に、グランドセイコーの腕時計がきっかけで気に入ってもらえた、なんて言う話も耳にします。

さらに海外の評価や知名度も高いため、海外を渡り歩くビジネスマンの方、控えめが美徳と感じられる方達には、ビジネス・プライベートの場面で力強い味方となってくれることでしょう。腕時計がきっかけで、交友関係が深くなれば、「ああ、買ってよかった」と実感すること間違いなしです!

グランドセイコー と大谷翔平選手の関係性

近年、グランドセイコーは広告活動にも力を入れています。天海祐希さんはグランドセイコーの広告塔として有名ですし、是枝裕和監督や小栗旬さんなどワールドワイドな活躍を見せる著名人が愛用している時計として紹介されていたりもしますね。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは2020年にセイコーのグループアンバサダーに起用されています。
また、2018年にセイコーウオッチ株式会社とサプライヤー契約したメジャーリーグで八面六臂の大活躍をし続ける大谷翔平選手もグランドセイコーの広告に採用されたことがあります。

実は契約前の2016年春から、セイコーは大谷翔平選手をイメージキャラクターとして起用しています。大谷翔平選手が広告で着用しているモデルはセイコーモデルがほとんどですが、まずは1965年誕生の国産初のダイバーズウォッチをアレンジした「セイコー プロスペックス SBDC101」です。広告の「無理だと言われることしか、やるな」の宣伝文句に相応しい二刀流での活躍でしたね!

もう一つの広告着用モデル「セイコー アストロン SBXC063」のキャッチコピーもグランドセイコー&大谷翔平選手の活躍にピッタリです。2012年誕生のアストロンは、大谷翔平選手のメジャー活躍に負けるとも劣らない世界初のGPSソーラーウォッチです。
アストロンと言えば、大谷翔平モデルも2020年に、エンゼルスの背番号17番にちなんだ1700本限定の「セイコー アストロン グローバルライン 5Xシリーズ デュアルタイム 大谷翔平 2020限定モデル SBXC081」も発売されていますね!

そして大谷翔平選手が2021年シーズンのMLBア・リーグ™MVPを受賞した際には、グランドセイコー「SLGH005」が贈呈されました。こちらは後述の『2021年度ジュネーブ時計グランプリ「メンズウオッチ」部門賞受賞』でも詳細を述べますが、どちらも権威ある賞を獲得したとてもおめでたい話題ですので、記事の後半をお楽しみに!!
世界を驚かし続けるグランドセイコー&大谷翔平選手の今後の活躍がとても楽しみですね!

ピアゾの腕時計豆知識 
<グランドセイコーと大谷翔平選手の深い縁>

ファンならご存じだと思いますが、大谷翔平選手の出身地は岩手県。部品製造から完成品の組み立てを行うグランドセイコーの専門工房「グランドセイコースタジオ 雫石」も同じく、東北の岩手県です。
2017年12月に電撃契約を結んだエンゼルスの本拠地は、アメリカ・ロサンゼルス。期せずして、グランドセイコー(GS)も2017年11月にGSブランドだけを扱う世界初の単独店「グランドセイコーブティック」を開設。選んだ地が大谷翔平選手と同じく、ロサンゼルス(ビバリーヒルズ)なのです。凄い偶然ですね!!
逆風の中、真摯に挑戦を続け結果を出し続ける姿勢も似ている大谷翔平選手とグランドセイコー。2022年の両者の活躍をピアゾ編集部も祈っています!

グランドセイコー の海外評価は高い

国内の認知度・知名度が、高級腕時計として徐々に確実に浸透しつつあるグランドセイコー。2010年頃からの海外進出も功を奏し、海外の評価は高い傾向があります。セイコーからの完全独立後の2017年には、わずか7年間で200店舗近い海外店舗が出店されており、中国に並ぶ巨大時計市場アメリカでは、グランドセイコーはロレックスと並ぶ圧倒的人気を獲得しているという説もあります。
5000ドル~7000ドル(約56万円~80万円前後)の価格帯で、ロレックス・オメガに次ぐ第3位の人気ではないかという一つの調査例まであるのです。

上記の動画を筆頭に、「ロレックスVSグランドセイコー、どちらが良い時計か?」を特集した動画も多く存在し、海外の時計愛好家達の人気を集めています。

こちらは、海外の腕時計コレクターが、シチズンやオリエント、グランドセイコー(セイコー)の魅力を語った動画です。20万を超える再生回数、46万人以上のチャンネル登録者数……400に近いコメント数など、ジャパニーズウォッチへの関心の高さが伺えますね!

詳細は後述しますが、フィリップス・オークションでの高額落札や、Watches & Wonders Geneve 2022への3月出展など、グランドセイコーの価値が世界的に認められていることが窺えます。

グランドセイコーの時計は、高品質なのに比較的お手頃な値段(コストパフォーマンスが良い)の時計として、知られています。しかし、イメージや口コミを調べていると、「グランドセイコー高い」という声もチラホラと見かけます。ギャップの原因は一体なんなのでしょうか?

ここで1つ、セイコーとグランドセイコーのとある時計の写真を並べて見ましょう。

グランドセイコー の腕時計はお手頃価格でコスパ良い

左の、クロノグラフを搭載した派手でインパクトのあるデザインのセイコーウォッチは約1万円。一方、右のシンプルで控えめなデザインの3針時計「SBGX261」は、グランドセイコーの現行モデルの中では一番定価が安いモデルですが、253,000 円。時計に詳しくない方なら特に、「なんで!?」と思うのが自然な感想でしょう。

グランドセイコーは”セイコースタイル”という日本特有の美意識を反映したデザイン文法を継承し続けているがゆえに、良くも悪くも、高級なニューモデルも中古市場で見かける古いモデルも「デザインが大きく変わらない」のです。更に、激安の代名詞セイコー5を選択基準に加えてしまえば、パッと見で大きくデザインが変わらないセイコーの高級時計は、相対的に高く感じてしまうことでしょう。

グランドセイコーのブランドイメージについて、大阪大学大学院で経営史を教えるピエール=イヴ・ドンゼ教授が的を射た指摘をしているので、抜粋します。

『バーゼルワールド(注釈:2017年開催)での服部真二会長のスピーチを聞きましたが、ブランドとして考えるなら、より大事なのは、技術ではなくイメージですね。グランドセイコーにはすでに技術があるわけですから』 www.webchronos.netより抜粋)

2017年と少し古い記事ですが、まさに今グランドセイコーは、プレミアムウォッチブランドからラグジュアリーウォッチブランドに、生まれ変わろうとしている時期だと感じたので、応援の意味も兼ねて記載しました。なぜなら、2017年春から「セイコー」傘下ブランドから独立し、単独ブランド「グランドセイコー」として、第二の歩みを始めているのですから……日本人の時計好きなら、感情を込めて応援せずにはいられませんよね!!

ただ、単純な価格帯の比較で見れば、グランドセイコーは一番安いモデルの値段が20万円台~あるため、品質の高さで考えるととても割安なのも事実です。そのため、腕時計自体に価値を求める方なら、グランドセイコーは間違いなく「買い」の一手……イメージやステータス性を最重要視する方なら、前述の通りオメガやロレックスを購入するのが、後悔しない腕時計の選び方でしょう。

同様に、知る人ぞ知るカッコ良さを目指したい方ならば、「25万円!!高い!」と思わず、「こんなに高性能・高品質なのに、グランドセイコーはコストパフォーマンス凄いなぁ!」と思うことでしょう。

グランドセイコー は資産価値も高騰中

端的に結論を述べます。どのメーカーの高級時計にも言えることですが、資産価値だけで考えれば、「モデル次第で資産価値が変わる」のが紛れもない事実です。

オークションでもとんでもない落札価格を連発する「キングオブクロノグラフ」腕時計の王様、ロレックスデイトナの急騰モデルと、「オーデマ・ピゲ」や「パテック・フィリップ」の比較的資産価値が低いモデルを比べてみましょう。資産価値だけで見れば、雲上ブランドでさえ霞んでしまうように見えてしまうのが人間のモノの見方でしょう。

ロレックスは、「デイトナマラソン」や「ロレックス相場」という言葉すら生み出されており、資産価値はここ数年でうなぎ登りの一途をたどっています。そんなロレックスでさえ、エアキングの一部のシリーズやオイスターパーペチュアルの一部のシリーズは、30万円~50万円で購入できます。資産価値だけに絞っての結論ですが、「腕時計の資産価値はモデル次第」なのです。

客観的な事実ですが、ロレックスと比べるとグランドセイコーの資産価値は低めな傾向があります。しかし、高級腕時計全体で見れば、グランドセイコーの資産価値は高い方なのです。更に、最近では一部のモデルが超高額落札されているので、資産価値を中心に腕時計を選ぶ方にも、目が離せないメーカーでしょう。
中古市場含め時計業界で注目されているもっともホットなブランドなのも、グランドセイコーなのです。

グランドセイコー のSBGW033 がオークションで高額落札

2021年12月11日~12日にニューヨークで開催されたフィリップス・オークションでの高額落札は「モデル次第で資産価値が違う」ことの証明でしょう。出品された「SBGW033」は、グランドセイコー130周年を記念して作られた2011年誕生の1300本限定モデルです。
落札価格は、エスティメート(予想落札価格)の2000~4000ドル(約23万円~46万円)を大きく裏切り、予想の10倍近い約230万円もの値がつきました!

「サザビーズ(SOTHEBY‘S)」のオークションの例は、比較としてわかりやすいケースです。「サザビーズ」は、1744年創業の香港の権威ある世界最古のオークションです。2021年4月に開催されたインポータント・ウォッチコレクションでは、前述のSBGW033は、6万香港ドル(約90万円)で落札されています……半年で2倍以上の資産価値を持ち始めていますね!

2021年5月8~9日にジュネーブで開催されたフィリップス・オークションでも、「グランドセイコースプリングドライブ 8DAYS SBGD001」と「グランドセイコー 61GS V.F.A」も超高額落札されているので、資産価値で腕時計のブランドを選定したい方は必見です!!

グランドセイコー のデメリットまとめ

メリットを詳しく解説する前に、ポイントの整理も兼ねて、グランドセイコーのデメリットの特徴をまとめてみましょう。
グランドセイコーのデメリットに直結しているのは、前述のドンゼ教授が述べたように、「グランドセイコーの時計はイメージ(認知度やステータス性)が弱点」という部分でしょう。ただし、グランドセイコーが独立ブランドになったのを皮切りに、近年イメージの刷新が行われているのも事実です。

大谷翔平選手の広告起用やフィリップス・オークションの高額落札含め、グランドセイコーはラグジュアリーウォッチブランドへ着々と歩みを進めています。 詳細や関連エピソードは、「グランドセイコーのメリット」でご紹介しますが、ダサいと言われ続けた獅子は、その牙と出で立ちを美しく磨き続けています。一生モノの腕時計選びのメーカーとして、安心してグランドセイコーを選んで間違いありません。

ピアゾの腕時計豆知識 
<関東大震災後もセイコー(精巧)への思いは消えず>

グランドセイコーの確かな歩みは、過去の歴史が証明しています。1923年には、関東大震災が原因で社屋や工場は全焼……再スタートの際に、「精巧な時計を作る」という精工舎創業時の原点を失わず、『セイコー』ブランドは輝きを増し続けました。
セイコー(グランドセイコー)は、逆境や逆風にとても強いメーカーなのです。

グランドセイコー のメリットの良い点悪い点

続きまして、グランドセイコーの魅力や凄さ、歴史的偉業や価値など……メリットを中心にご紹介します。技術力や品質の高さは、読めば読むほど「国産ナンバー1ブランドは伊達ではない」と実感できることでしょう。

グランドセイコー は国産ブランドナンバーワンの人気と評価

グランドセイコーの魅力を一言でご紹介するとしたら、「国産ブランドナンバー1の実力」に尽きると思います。国内だけで目を向ければ、一時代を間違いなく制した「G-SHOCK(ジーショック)」有するカシオ(Casio)よりも、海外の評価含めブランド化に成功しています。
その実力は、過去に様々な「セイコーショック」を引き起こしている程なので、簡単にセイコー&グランドセイコーの偉業をご紹介します。

グランドセイコー の精度はスイス天文台コンクールのランキング上位を独占

「世界に挑戦する国産最高級の腕時計」というセイコーのコンセプトは、技術面においてわずか数年で達成されます。1960年の初代グランドセイコーにも刻まれている「Chronometer(クロノメーター)」の文字は、厳しい規格審査に合格した証です。スイス公認歩度検定局のクロノメーター優秀級基準に匹敵するセイコー社内の厳密な精度検査に合格したもの「のみ」が、歩度証明書付きで販売されました……国産メーカーらしいこだわりぶりですね!

1964年には、名門ブランドが精度を競うスイス天文台コンクールに第二精工舎(現セイコーインスツル株式会社)と諏訪精工舎(現セイコーエプソン株式会社が初参加……ここからがセイコーの凄さですが、3年後の1967年には企業賞2位と3位を、1968年には機械式時計部門の4位から10位を独占してしまう事態に発展。スイス天文台コンクールは1968年を最後に開催されなくなってしまうのです。

ピアゾの腕時計豆知識 
<Chronometer(クロノメーター)とSPECIAL(スペシャル)の文字>

グランドセイコーの古いモデルを見ると、文字盤に「Chronometer(クロノメーター)」の文字があるのに対し、現在のグランドセイコーのモデル達には、「Chronometer」の文字は見当たりません。
その秘密は、1998年制定の「新GS規格」が影響しています。「新GS規格」は、スイス・クロノメーター規格の基準を遥かに凌ぐ「日差-3~+5秒以内」という厳しい精度基準です。1998年以降のグランドセイコーウォッチ達は、精度基準に限ればロレックスやオメガを超える高い品質を兼ね備えているのです。
これだけでも驚きなのですが、グランドセイコーは「グランドセイコースペシャル(GSS)規格」というワンランク上の品質規格も存在します。「日差-2~+4秒以内」のGSS規格をパスしたモデルのみ「SPECIAL」の文字が文字盤に刻まれます。

クォーツショックを起こしたグランドセイコーとスイス時計業界

1969年、セイコーは時計業界の常識を塗り替えます。クォーツウォッチ「アストロン」の発売です。詳細は別の項目でご紹介致しますが、機械式時計でしのぎを削っていたスイス時計業界は壊滅寸前の大打撃を被ります。

・世界最古の時計ブランド「ブランパン」が事業休止
・ゼニス社が機械式時計部門売却
・IWCが倒産寸前
などなど、現代史の腕時計業界にも通じる、まさに大革命を引き起こしたのがグランドセイコーなのです。

グランドセイコー のデザインは完成度の高いシンプルさが魅力

グランドセイコーのデメリットでも挙げた「デザインが地味、古臭い、ダサい」と言った意見は、グランドセイコーのシンプルかつ嫌味のないデザインが、洗練された完成形であることへの裏返しとも取れます。
今度は逆に、派手でインパクトのあるデザインの腕時計にまつわる失敗体験談を例に出しましょう。

せっかく、生活を切り詰めて貯金を貯めに貯めて、某・海外製ブランドの高級腕時計を手に入れたのに……
「海外製高級腕時計を買ったのに、仕事中に『時計が派手過ぎる!』と上司に叱られた……」
「お気に入りのファッションと腕時計がマッチしない」
などの華やかさゆえの失敗談があるのも、これまた事実です。職種や環境にもよりますが、くれぐれも派手過ぎるデザインを選ぶのは注意しましょう。

幸い、グランドセイコーの「主張し過ぎない」シンプルなデザインは、ビジネススーツにもっとも似合い、ジーパンとTシャツなどのカジュアルな場面でも活躍する万能性を持ち得ます。

後述する「雪白」や「白樺」などの人気文字盤デザインは、海外を中心に高い評価を集めているので、シンプルな中にも個性あるデザインを好む方にお勧めです。また、GMTなどのスポーティーなデザインにも、グランドセイコーは力を入れています。国産初のGMTモデル「SBGN005」以降、スタイリッシュなモデルも多数存在するので、グランドセイコーウォッチを選ぶ際はお忘れなく。

美しいデザインのグランドセイコー

公式HPに記載されている通り、グランドセイコーのデザインは、『「正確さ」「美しさ」「見やすさ」そして「長く愛用でき」「使いやすいこと」を腕時計の本質』として、飽くなき追求と改良がされています。
www.grand-seiko.com 参照。)

1967年に「44GS」で完成された「セイコースタイル」は、3つの基本理念と、それに基づく9つのデザインコードで確立されています。
その伝統的技法を用いることで、屏風や障子などのような「直線と平面」「光と影」のグラデーションを可能としています。詳細は別の記事で詳しくご説明しますが、ケースのカーブに施されたポリッシュは、美しい「影」を残し、海外製の高級時計にはない「和」の味わい深さを実現しています。
「グランドセイコー美しい」というキーワードが出るのも、納得の美しさなので、興味のある方は「百聞は一見に如かず=まず試着」するのがいいでしょう。

グランドセイコー の品質は世界屈指

国産トップブランド、グランドセイコーの最大のウリである「技術力・品質の高さ」について、異論を唱える方はいないでしょう。グランドセイコーの技術力と品質の凄さを物語る、以下の3点のストロングポイント(長所)は、わかりやすい証明事例でしょう。

  • 世界有数のマニュファクチュール(雫石高級時計工房)
  • グランドセイコーが誇るスプリングドライブ
  • ジュネーブ時計グランプリ「メンズウオッチ」部門賞受賞などの世界的評価
高品質の秘密は完全自社生産のグランドセイコー

マニュファクチュール(自社生産)を名乗るブランドは数多く存在します。しかし、ムーブメントの設計は勿論、開発や製造、組立に調整、検査から出荷までを一貫して自社で賄っている「本物」のマニュファクチュールブランドは、グランドセイコーを除けば、腕時計の本場スイスでも数えるほどしかありません。

約200点近いパーツで構成される精巧なグランドセイコーの時計達は、1点1点のパーツ精度が完成度を大きく左右します。そして、完成度の高い芸術的なパーツを1/100mm単位で調整し、組み立てる職人芸こそが、グランドセイコーの技術力と品質を支え続けているのです。
精度検査の厳しさは、前述の「幻のコンクール、スイス天文台コンクールをわずか3年で上位独占」でも述べているように、折り紙つきです。
「最高の普通」を保ち続けるために、雫石高級時計工房のプロフェッショナル達は、今日も試行錯誤を繰り返し、小さなパーツ達を芸術品に仕上げていることでしょう。

スプリングドライブはセイコーだけの特殊技術

究極の名を冠したグランドセイコーの3種類のムーブメント「9」シリーズ。機械式、クォーツ、スプリングドライブ……いずれもより時の正確さを追い求めるように、「9=究極」の数字が頭文字についています。

スプリングドライブの凄さと機能を簡単にご説明すると、デジタル(クォーツ)とアナログ(機械式)の弱点を補い合う「良いとこどりなムーブメント」と言って、差し支えがないでしょう。動力に機械式時計のゼンマイを使い、制御システムにクォーツを使用しているため、ゼンマイ駆動のトルクのパワーとクォーツの高精度を両立させたハイブリッドムーブメントなのです。
他に、スプリングドライブの凄い点(メリット)を簡潔にまとめると以下の通り。

  • トルク(パワー)が大きいため、デザインの自由度が高い
  • 完璧に近い滑らかで静かなスイープ運針の動き
  • 唯一無二の希少性とオリジナル性
  • 秒針の音が静かなので集中しやすい

特に、機械式ムーブメントとクォーツをハイブリッドしたスプリングドライブは、「セイコーのみ」でしか味わえない時計史に残る偉大な発明品です。「音と針の動き」に注目するとわかりやすいですが、スプリングドライブは秒針が氷の上を滑るかのように、静かに……正確に時を刻み続けます。

【ピアゾの腕時計用語辞典】

スイープ運針:機械式時計に数多く採用されている「チチチチ」と細かく流れるように秒針が動く。
ステップ運針:クォーツ時計に数多く採用されている「カチッカチッ」と1秒(または0.5秒)ごとに秒針が動く。

ピアゾの腕時計豆知識 
<スプリングドライブのデメリットと資産価値>

気になるスプリングドライブのデメリットも簡単にご紹介します。

・クォーツよりも高価格帯(※現行モデルの一番安い定価が517,000円)かつ、メンテナンスやオーバーホールなどの維持費がかさみやすい
・機械式&クォーツを使用した精巧なムーブメントなため、メンテナンスや修理が高額になりやすく、町の修理店ではオーバーホールできない
(※買い取りの点においても、ピアゾ編集部はメーカー純正修理を強くお勧めします)

ただ、スプリングドライブの希少性の高さ(=セイコーのみの技術)は、資産価値の面で見れば間違いなくグランドセイコーの大きな武器なのも事実です。
グランドセイコーが「スプリングドライブ」で世界を席巻した時には、今のロレックスのように資産価値が急騰する可能性すらあります。先を見据えれば、損をしにくい先行投資かもしれませんね。
ただし、現時点で判断した場合、価格が高騰しているスプリングドライブモデルと価格が急落しているスプリングドライブモデルがあるので、気になる方はチェックしてみましょう。

WWG2022に出展するグランドセイコー はブランド価値も急上昇

2022年3月、グランドセイコーは限られたスイスやドイツの高級時計ブランドだけが参加できるWWG2022(ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ 2022)にグランドセイコーが3月に出展。「BASELWORLD(バーゼルワールド)」と違って、限られたラグジュアリーな時計ブランドのみが参加でき、「あの」ロレックスが初参加することでも注目を集めているイベントです。

質実剛健……「実用時計の最高峰」に成功したグランドセイコーが、遂にラグジュアリー(豪華、贅沢)のイメージ戦略においても、スイスの名門ブランドに肩を並べるところまで来ている一つの証明でしょう。
グランドセイコーは、「日本の時計から、世界の時計へ」と、また一つ高級腕時計ブランドとして評価されたことを一人の日本の時計愛好家として、心から嬉しく思います。

時計界のアカデミー賞ジュネーブ時計グランプリを受賞したSLGH005

グランドセイコーの快進撃は、とどまるところを知りません。2021年度のジュネーブ時計グランプリ(GPHG)で、「メンズウオッチ」部門賞を受賞したのです!ジュネーブ時計グランプリは、時計業界の1年を締めくくる「アカデミー賞」にも例えられる権威のある賞です。

受賞モデルは、前述の「大谷翔平選手とサプライヤー契約」でもお話した「SLGH005」です。2021年シーズンのMLBア・リーグ™MVPを受賞した大谷翔平選手に、時計のアカデミー賞を受賞した「SLGH005」をプレゼントしたエピソードは、ファンならずともロマンを感じずにはいられないですね!

ピアゾの腕時計豆知識 
<2014年度にも「プティット・エギュィーユ」部門賞を受賞>

ちなみに、グランドセイコーは2014年にも「メカニカルハイビート36000GMT限定モデル SBGJ005」が、「プティット・エギュィーユ(小さな針という意味)」部門賞を受賞しています。日本製の機械式時計として初の快挙で、グランドセイコーがスポーティーなGMTモデルの製造技術においても世界で通用するレベルである証明となりました。

グランドセイコー は保証やイメージ戦略にも優れている

他にも、グランドセイコーのメリット=凄さを簡単にご紹介しましょう。価値のある腕時計は、どうしても値が張る高い買い物になってしまうので、グランドセイコーのデメリットになると思われた「イメージ戦略」や「保証面」が手厚くなっているのは、購入を後押しする嬉しい付加価値でしょう。

ダルビッシュ有選手はグランドセイコー の広告塔としても大活躍

セイコーウォッチの大谷翔平選手の広告起用を筆頭に、イメージ戦略にも成功しつつあるグランドセイコー。その他の広告塔やグランドセイコー愛用の有名人をご紹介します。

【グランドセイコーの広告有名人】
・ダルビッシュ有選手(メジャーリーガー)
・武藤嘉紀選手(プロサッカー選手)
・天海祐希さん(女優)
・北村匠海さん(MEN OF THE YEAR2021受賞・俳優)

特に、50年近い歴史の中、有名人を使ってこなかったグランドセイコーが、ダルビッシュ有選手のメジャーリーグ挑戦と合わせて、有名人を広告起用したのは、近年のグランドセイコーのイメージ戦略の成功に繋がる大きな分岐点でしょう。事実として、2011年の東日本大震災が影響し、全国的に景気が冷え込む状況の中、ダルビッシュ有選手の広告起用後(2012年5月以降)、5年で3倍以上の売り上げ増に繋がったのは、いかにイメージ戦略が重要だったかを物語るエピソードでしょう。

また、結成10年を迎える「DISH//」のリーダーとして、紅白歌合戦出場を決めるなどアーティストとしても活躍中の俳優・北村匠海さん。主演作の「東京リベンジャーズ」は、邦画ナンバーワンの大ヒットでしたね!「MEN OF THE YEAR2021」の晴れ舞台の場に選んだのは、グランドセイコー エレガンスコレクションの「SBGK007」です。

【グランドセイコー愛用の有名人】
・加藤浩次さん(スッキリでお馴染みの朝の顔)
・安倍晋三さん(元総理大臣)
・広瀬アリスさん(女優)

朝の顔としてもすっかりお馴染みのお笑い芸人の加藤浩次さんは、根っからグランドセイコー愛用者です。「なんで日本人が日本の時計をしないんだ」のインタビューコメントは、加藤浩次さんらしい大ファンとしての名言でしょう。

グランドセイコー の国際保証、メンテナンスとオーバーホールの必要性

後悔しない腕時計購入のためには、有名ブランドの保証の違いを理解することはとても重要です。購入後、腕時計が当たり前の存在になった頃に、メンテナンスやオーバーホールなどのトラブルが突然、やってくるからです。

その点、グランドセイコーの国際保証が2021年10月1日、3年から5年に延長されたのは大きなメリットでしょう。大切な腕時計を一生モノにするためには、保証やメンテナンスの問題は避けては通れないので、興味のある方は予備知識として事前に理解を深めておくことをお勧めします。

グランドセイコーのメリットは国産ナンバーワンの品質と実力

グランドセイコーのメリットを一言でまとめれば、「本物」であることでしょう。品質・技術・実力……国内よりも海外で高く評価されているように、全ての面で一級品の「超一流の腕時計」です。

ピアゾ編集部としては、安易にグランドセイコーを一番に勧めたりはしません。ロレックスやオーデマ・ピゲ、パテック・フィリップにオメガ……星の数ほど煌めく名モデルが多数存在するのが、高級腕時計業界です。恋愛のように、愚直にひたむきに一つのメーカーと一つのモデルを愛するもよし。趣味・嗜好品なのですから、色々なメーカーの色々なモデルを愛でるのもよし、腕時計の愛し方は人それぞれですからね。

その際に、グランドセイコーは「国産時計の最高峰」であることを思い出してください。
「ロレックスやオメガは持ってるから、国産の高級時計が欲しいな!」
「海外ブランドの派手でインパクトのあるデザインもいいけど……あっさりとした実用的な3針モデルを買いたいな」
そんな方達に、グランドセイコーは打ってつけの高級腕時計ブランドです。

グランドセイコーは、腕時計の本場ヨーロッパでは真似できない日本独自の美的感覚や技術力を提供しており、「技術大国の日本が誇る、腕時計ブランドのナンバー1」なのが、きっと後悔しない腕時計選びの決め手となるでしょうから。

グランドセイコーのレアモデル特集

グランドセイコーの魅力と言えば、何といってもダイヤルの美しさ。日本ならではの「美意識」を具現化したザラツ研磨に代表される鏡面仕上げは、洗練された上品な輝きを持ち、海外でもその美しさがもてはやされています。

そこで、「国内モデル編」「海外限定モデル編」に分けて、もしかしたら資産価値が上がるかもしれない(既に上がり始めているモデルも!)狙い目モデルをご紹介します。グランドセイコーの「光と影の美しさ」にちなんだメリット(光)とデメリット(影)も勿論、解説致します。
グランドセイコーが「最高の普通」を追求してきたメーカーなので、あえてちょっと珍しいモデルを中心にしてみました!

グランドセイコーの国内人気モデルは雪白や限定モデルが人気

国内モデルの人気デザインの筆頭格は、海外でも人気の「雪白(スノーフレーク)」と「白樺」ダイヤルでしょう。資産価値で見れば、長期的に見ればメリットになる可能性を孕んだ「限定モデル」も見逃せません。

Seiko のロゴがレアなRef.SBGA011はスプリングドライブ、雪白デザインで人気 【初代雪代、Ref.SBGA011のメリットとデメリット】

◎メリット◎
・人気ダイヤル「雪白」の初代モデル
・スプリングドライブの火付け役的存在
・中古市場が安定しているため、比較的美品を手に入れやすい

▲デメリット▲
・「SEIKO」「GS」「Grand Seiko」の3つのロゴはくどいと賛否両論
・スプリングドライブなので、メンテナンスが弱点
・スプリングドライブ特有の暑いと時間が進み、寒いと遅れる時間間隔のズレ
(※機械式時計は暑いと遅れ、寒いと進む)

世界規模で「白よりも白い」と愛されるグランドセイコーの雪白モデル。純白のザラっとした岩肌のような文字盤は、白い塗料を使わずに完成させています。鍍銀(銀メッキ)処理を数ミクロンという単位で微調整することで、雪のような輝きを生み出しているのです。

そんな雪白の初代モデル「Ref.SBGA011」は、グランドセイコーのメリットとデメリットを象徴するような存在です。特に、「SEIKO」「GS」「Grand Seiko」とコラボモデルでもないのに、3つもロゴがあるのはメリットとデメリットの光と影を解説するために、わかりやすい部分でしょう。

一部では「ロゴが3つあるのはくどい」と酷評されたRef.SBGA011。ロングセラー商品だったため、中古市場も15年以上安定して40万円台をキープしてきました。しかし、そのユニークさは、後世評価される可能性も無きにしもあらず、です。

Ref.SBGA011は、定番モデルでは唯一「SEIKO」ロゴが入っている珍しいデザインでもあります。未来の評価基準が変わり、「3つのロゴありじゃん!」となった場合は、人気ダイヤル雪白の初代モデルRef.SBGA011は、どこに出しても引っ張りだこな存在となる「かも」しれません。

また、「Ref.SBGA011」同様「Seiko」のロゴが珍しいAJHH(日本正規高級時計協会)特別限定モデル(369本限定)の「Ref.SBGA129」も、雪白ダイヤル&Seikoロゴの組み合わせなので、要注目と言えるでしょう。

レアな孔雀デザインのRef.SBGA365は、海外でも縁起の良い大丸創業300周年の限定モデル 【Ref.SBGA365のメリットとデメリット】

◎メリット◎
・大丸創業300周年限定200本の限定モデル
・人気カラー、グリーンとスプリングドライブの組み合わせ
・大丸のアイコン「孔雀」のデザインが、海外で大人気になる可能性も!

▲デメリット▲
・希少性が高く、欲しくても手に入りにくい

グリーンダイヤルとパワーリザーブの孔雀デザインの組み合わせが特徴的なRef.SBGA365。大丸創業300周年を記念した200本限定の希少モデルです。

注目すべきは、孔雀の羽がデザインされている点でしょう。孔雀は古来から縁起物として世界各国で愛されている神聖な鳥です。中国では、瑞鳥(めでたいことが起きる前兆)として崇められており、西洋でもギリシア神話を筆頭に、多くの西洋絵画で神の使いとして登場しています。他にも、富と繁栄の象徴とも言われたりするおめでたい存在が、孔雀なのです。
縁起の良い孔雀がデザインされたRef.SBGA365は、海外市場も視野に入れれば、とてつもないポテンシャルを秘めているので、時計愛好家なら記憶の片隅にしっかりとどめておきましょう。

ブログ「グランドセイコーの資産価値」でも価格の推移を紹介していますが、高騰の傾向を見せているので、万が一見つけられた方はラッキーでしょう。赤い孔雀が朱雀へと変貌するように、緑の孔雀のRef.SBGA365は時計史に残るモンスター価格の人気モデルに成長する可能性も秘められているのかも?

グランドセイコーの海外限定モデルは巨大時計市場アメリカ、中国の限定モデルはデザインも美しい

資産価値、着けた際のステータス性を兼ね備えた海外限定モデルも「和」の美しさを表現した力作揃いです。特に、巨大時計市場のアメリカと中国限定モデルは、現時点で比較的手に入れやすく、大化けする将来性もあり得ます。
現時点ではギャンブル性もありますが、「あの時、買っておけばよかった!!」と後悔しないためにも、グランドセイコーウォッチ購入の候補としてご参考までに。

人気カラー、グリーンダイヤルのRef.SBGW273、SBGW275、SBGW277はレディースウォッチとしてお勧めの海外限定モデル 【Ref.SBGW273、SBGW275、SBGW277のメリットとデメリット】

◎メリット◎
・岩手県の厳美渓(げんびけい)をイメージした鮮やかなグリーンダイヤル
・浮世絵の技法「雲母摺(きらずり)」を用いたキラキラとした光沢感
・各140本限定の希少性

▲デメリット▲
・メリットでもある手巻メカニカルの仕組みが、日常において手間となってしまう点
・国内正規店では販売しておらず入手が困難な点
・ケースサイズが37.3mm×11.6mmと小ぶりな点

ザラザラとした和紙のような質感も美しい北米限定モデルの「Ref.SBGW273、SBGW275、SBGW277」は、世界的な流行色グリーンダイヤルが何と言っても魅力です。青みがかったエメラルドグリーンの美しさは、天然記念物「厳美渓」の美しさに負けるとも劣りません。

巨大時計市場のアメリカでは、グランドセイコーというブランドは既に高い評価を受けています。雪白や白樺など、白いデザインが世界的に人気の今だからからこそ、通好みな要素を併せ持つ緑のデザインはいかがでしょうか?
独特な雲母摺(きらずり)のザラリと輝く光沢感は、これからも色褪せることのない輝きを放ち続けるでしょう。

合わせて、日本ならではの四季折々の美しさを文字盤に表現したUS限定モデル「SBGA413、SBGH271、SBGH273、SBGA415」もしっかりマークしておきましょう。USマーケットの好評を受けて、日本国内でも一部型番が変更され、再発売された凱旋モデルです。

厳しい審査基準をクリアした高品質のグランドセイコー中国限定モデルRef.SBGA431G、SBGA433G、SBGA435G 【Ref.SBGA431G、SBGA433G、SBGA435Gのメリットとデメリット】

◎メリット◎
・日本三景の浮世絵をイメージした美麗のダイヤル
・サファイアクリスタルバック&スプリングドライブの組み合わせ
・SBGA431Gが181本限定、SBGA433G、SBGA435Gが222本限定の希少性

▲デメリット▲
・中国限定モデルというステータス性
・スプリングドライブ特有のデメリット(メンテナンス性など)

アメリカを超える規模を誇る中国時計市場。香港市場と合わせたスイス時計の輸出額は、全体の2割を超える世界の中心地とも呼べる重要拠点です。その中国をターゲットにした限定モデルはいかがでしょうか?
中国限定モデルのデメリットは、中国製品という先入観でしょう。しかし、品質についてはご安心ください。グランドセイコーの厳しい審査基準が後ろ盾になっているので、国内モデル製品と同様のクォリティーを望めます。

また購入後に不具合やトラブルが生じた場合は、正規の海外保証書(ワールド・ワイド・ギャランティ)付の製品なら、保証規定に沿った日本国内のアフターサービスも受けられます。
海外モデルの修理について⇒https://www.seikowatches.com/jp-ja/customerservice/afterservice/attention

中国限定モデルは不確定要素も多いため、ギャンブル要素が高いのも事実。しかし、腕時計業界に中国バブルが起きてしまい、「爆買い」の対象になってしまった場合、「買っておけばよかった……」と後悔しないようにしましょう。

中国限定モデルRef.SBGA451、SBGA453、SBGA455は、浮世絵の美しさを表現した和風なレアモデル 【Ref.SBGA451、SBGA453、SBGA455のメリットとデメリット】

◎メリット◎
・葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」をイメージした色鮮やかなダイヤル
・シルバー、グリーン、レッドとカラフルなダイヤルから選べる点
・SBGA451が400本限定、SBGA453が500本限定、SBGA455が300本限定の希少性

▲デメリット▲
・上述の中国限定モデルと同様

シルバー、グリーン、レッド……多彩なカラーリングと海外に人気の浮世絵&雪白(スノーフレーク)の組み合わせが魅力的なRef.SBGA451、SBGA453、SBGA455。前述のRef. SBGA431G、SBGA433G、SBGA435G同様、現時点でどれが頭一つとびぬけるのか、予測不能な部分が腕時計選びのデメリットとメリットである難しさと面白さを兼ね備えていますね!

6モデルともコロナ影響化の煽りを受けた時代の名機達なので、コロナが落ち着いた数年後にどういう評価になっているかは未知数。審美眼が曇る前に、インスピレーションをビビビッ!と感じた方は、選択肢の一部としてキープしておきましょう。間違いなく、海外受けの良い珍しいデザインのレアモデルという普遍的な価値を兼ね備えていますから。

グランドセイコーのデメリットとメリットを中心に開設した今回の記事はいかがだったでしょうか?
現時点で、グランドセイコーは「まだ手の届く身近な高級腕時計」のブランドです。グランドセイコーの凄さや魅力を理解すれば、今まで近くて遠かったイメージを逸脱し、きっと喉から手が出るほど欲しくなることでしょう。

大切なのは、後悔しないためにデメリットもメリットも事前にしっかりと把握しておくことが先決です。価値観や捉え方、時代の流れも影響して、どんな人気モデル(メーカーのイメージ)にしても、光り輝く時代と暗く沈み込む時代を迎えます。時世も影響して不人気な時期だったとしても、自分だけの腕時計の愛し方を見つけることが、グランドセイコーの名機達を一生モノにする極意でしょう。
この記事が、グランドセイコーの光と影(メリットとデメリット)をしっかり理解する一助となれば幸いです。

一生モノのグランドセイコーウォッチは、しっかりとしたメンテナンスとアフターケアが必要不可欠です。しかし、スプリングドライブを筆頭にランニングコスト(維持費)がかさむのも事実。

「スプリングドライブの時間ズレが激しい……」
「古いモデルの価値が上がってるから、手放そうかどうか迷っている」
「近いうちに引っ越しの予定があるから、グランドセイコーのコレクションをまとめて少しでも高く買い取ってほしい」

そんなケースは、ピアゾの9社一括査定をお役立てください。資産価値の変動がみられるグランドセイコーのブランドウォッチ。最適な手放し時を理解するためにも、関連記事も合わせてご覧くださいね。




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888