更新日:2021年10月26日

【実機レビュー】ロレックス サブマリーナ ミラーダイアル 5513

ロレックス サブマリーナ ミラーダイアル 5513の実機レビューをお届けします!

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513

ロレックス(ROLEX) サブマリーナ REF. 5513は、 約30年に渡って製造されたロングセラーモデル。マイナーチェンジによるレア仕様が盛りだくさんで、愛好家の中では5513のみのコレクターがいるほど。今回は66年に製造された個体で、高値で取引されるミラーダイアルを実機レビュー!

ロレックス サブマリーナ ミラーダイアル 5513 を実際に見てみましょう。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 文字盤

全体像はこんな感じ。ダイアルに陶器のような艶があります。これは1967年頃までに製造されたアンティークロレックスに度々用いられた「鏡のような輝き」を持つミラーダイヤル

こちらのシリアルは7桁で13から始まるので、66年頃の製造。5513のなかでも初期の個体です。インデックスはフチなし、トリチウム夜光インデックスの焼けがいい味を出しています。昔はこのトリチウム夜光を塗布する作業を手作業で行っていました。ムラがあり、手作業の雰囲気が伝わります。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 文字盤

ぐっと近づいてみます。6時位置にある防水表記がメーター、フィート(ft)の順番を通称「メーターファースト」と呼びます。66年頃に製造された個体は全てメーターファーストで、「SUBMARINER」表記が下行にある下サブです。
文字盤に描かれたロゴや文字はゴールドでペイントされています。これはミラーダイアルならではの配色(のちはホワイトに)。また、ミラーダイヤルは経年経過によってブラウンに変色するという特徴を持っています。綺麗にヤケていればいるほど、その価値は上がります。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 ケースサイド

風防はドーム型プラスチックのため、角度によってはこのようにスモーキーでぼやけてみえます。それもプラスチックの持ち味で、私的には好ましいポイント。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 ケースサイド

ベゼルはブラックで、シルバーの目盛り。大胆なカッティングがかっこいいですね!

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 ケースサイド

埋め込み型のリューズ。リューズガードが細い造りなのもシャープでいいですね。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 ケースサイド

9時側のケースはフラット。ドーム型の風防をのぞけば、ケースは薄い方ではないでしょうか。自動巻きCal.1530が搭載されています。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 裏蓋

裏蓋はシンプル。ブレスの裏は筋が多いです。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 バックル

バックルはシングルロック。軽くてシンプルな仕様です。

5513のミラーダイアルで、ここまで状態がいいものは珍しいのではないでしょうか。66年ごろの製造というと50年以上も前につくられたことになります。
現行品よりも手作業を感じるポイントがいくつもあり、シンブルなデザインに経年劣化で味がでたパーツ。マニアもうなる1本のため、いったくいくらの値がつくかたのしみです。

ロレックス サブマリーナ フチなし 5513
ロレックス サブマリーナ フチなし 5513 ケースサイド
モデル サブマリーナ フチなし
SUBMARINER
型番(Ref.) 5513
ムーブメント 自動巻き Cal.1530またはCal.1520
振動数 18,000振動(Cal.1530)、19,800振動(Cal.1520)
防水 200m潜水用防水
主な機能 回転ベゼル
ダイヤル ブラック
ケース素材 ステンレススチール
風防 ドーム型プラスチック
ケース径 40mm
バンド オイスターブレス
製造期間 1963年~1989年

ロレックス買取について

ロレックス買取 時計買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888