更新日:2021年11月01日

【実機レビュー】ロレックス サブマリーナ 1680 赤サブ

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680の実機レビューをお届けします!

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680

ロレックス(ROLEX) サブマリーナ REF. 1680の生産時期は1965年から1980年ころで、後継モデルのロレックス サブマリーナーデイト Ref.16800発売によって生産を終えています。時計としてのスペックは自動巻きクロノメーター Cal.1570を搭載し、後期モデルはりゅうずを引くと秒針が停止するハック機構が付加。そんなモデルの中で製造期間が1960年代後半~1970年代前半までとされる「赤サブ」ダイアルは希少価値の高い人気モデル。当時の定価からは信じられないような相場をたたき出しています。 REF. 1680は製造期間中のマイナーチェンジの多さから、レア仕様が多数存在するマニア心が刺激されるモデル。今回は赤サブを実機レビュー!

ロレックス サブマリーナ 1680 赤サブを実際に見てみましょう。

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 文字盤

マットなブラックダイアルに、フチなしのやけたインデックスが特徴的なモデル。インデックスのトリチュウム夜光塗料の塗布は手作業の為、むらがあります。比較的大きなインデックスとベンツ針が調和しています。ダイアルはブラウンにやけていると高額で取引されるのですが、こちらはそれほどやけていません。

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 文字盤

こちらの個体の一番の特徴は6時位置の「SUBMARINER」が赤く表記されている通称「赤サブ」です。ロレックスにそれほど詳しくない人でにまで知られているのが赤サブで、アンティークモデルとしては抜群の知名度を誇っています。Ref.1680が生産された時期は1965~1980年頃であり、したがって赤サブもこの時期にしか生産されていません。一般的に、赤サブが製造されていたのは1970年代前半までだといわれています。また、こちらの個体は660ftが先に表記されています。並びが反対ですともっと高額になる「メーターファースト」という仕様です。

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 文字盤

ぐっとせり出したプラスチック風防。インデックスのやけ具合と合わさって、アンティークの雰囲気が際立ちます。ベゼルディスクは細いつくりになっています。

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 ケースサイド

リューズにはトリプルロック式リューズの証である3つのドットが浮き彫りされています。高い防水性が必要なダイバーズウォッチならでは。

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 裏蓋

ブレスは3連のオイスターブレスレット。中央が幅広な形で、手首にぴたりと吸い付きます。こちらのモデルは重量が軽いので、着けているのを忘れてしまいます。

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 裏蓋

よく見て頂くとブレスのコマが巻いてあるレア仕様です。裏蓋はシンプルで、バックルはWロック。

希少価値の高い赤サブは、現在300万円弱で取引されています。レア仕様が多いものだと700~800万円で取引される個体も!最近のロレックス相場は下がり知らずなので、ますます値があがるかもしれません!

ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680
ロレックス サブマリーナ アンティーク 1680 ケースサイド
モデル サブマリーナ アンティーク
SUBMARINER
型番(Ref.) 1680
ムーブメント 自動巻き クロノメーター Cal.1570
振動数 19,800振動
ダイヤル ブラック
ケースサイズ 40mm
ケース素材 ステンレススティール
防水性 200m
ブレス オイスターブレス
風防  プラスチック
製造期間 1969年~1980年頃

ロレックス買取について

ロレックス買取 時計買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888