ロレックスデイトナを売るなら9社一括査定で高額買取|時計買取のピアゾ
ロレックスデイトナの高価買取について

ロレックス
デイトナ買取
9社一括査定

あなたのロレックス デイトナの最高買取額は?

ご存知ですか?
買取価格の「差」

数万円~数十万円は当たり前!

ロレックス デイトナ買取実績(新着順) -全269件-

ロレックス デイトナ 116519

9社平均買取価格
1,650,000円

査定日:2019年05月

ロレックス デイトナ 6265

9社平均買取価格
8,360,000円

査定日:2018年12月

ロレックス デイトナ 116500LN

9社平均買取価格
2,450,000円

査定日:2018年12月

ロレックス デイトナ 116595RBOW

9社平均買取価格
25,000,000円

査定日:2018年11月

ロレックス デイトナ 116520

9社平均買取価格
2,115,000円

査定日:2018年05月

ロレックス デイトナ 16520

9社平均買取価格
2,070,000円

査定日:2018年05月

ロレックス デイトナ 16523

9社平均買取価格
900,000円

査定日:2018年05月

ロレックス デイトナ 116506

9社平均買取価格
5,060,000円

査定日:2018年06月

ロレックス デイトナ 116500LN

9社平均買取価格
2,180,000円

査定日:2018年05月

ロレックス デイトナ 116515LN

9社平均買取価格
ASK

査定日:2016年01月

ロレックス デイトナ 116520

9社平均買取価格
ASK

査定日:2016年01月

ロレックス デイトナ 116520

9社平均買取価格
ASK

査定日:2016年01月


デイトナ買取相場表

1.査定はプロ中のプロが担当!

ピアゾの9社一括査定を行うのは、日本でも有数の厳選されたトップバイヤーのみ!もちろん決裁権を持つレベルのプロ!
他には無い、業者相場の査定結果を期待できますよ。

2.価格交渉はピアゾが行います!

時計を売るのはわからないことだらけで不安ですよね。
でも大丈夫!ピアゾの専任スタッフがお客様に代わって買取業者と直接価格交渉を行い、一般相場以上の高価買取を実現します!

3.個人情報は
一切持ち出しません!

自社内でしっかりと管理しますので、しつこい営業電話やDMが来ることはありません。

4.お家にいながら
売却できます!

宅配買取専門で来店不要だから自分の時間が自由に使える!
地方にお住まいの方でもご利用いただけます。

5.どんな時計でも
申し込みOK!

壊れた時計やアンティークの時計大歓迎!
ピアゾの9社一括査定なら他店で断られた時計もお値段がつくかも知れませんよ。

6.利用は全て無料!

査定料、手数料、送料など…一切いただきません。
返送時の送料もピアゾが負担します。気軽に試せるのが嬉しいですね!

簡単3ステップ!申し込んで送って待つだけ!とっても簡単に9社一括査定を利用できます。もちろん全て無料!

1. 『お申し込みフォーム』から申し込む
『お申し込みフォーム』に必要事項を記入して送信!
ご記入頂いた内容を確認次第、ピアゾからお客様に申込完了の旨をご連絡し、時計を送る梱包セットを配送します。(送料無料)
無料一括査定お申込みへ
2. ピアゾに時計を送る
梱包セットが届いたら査定する時計をピアゾに送ります。もちろん送料無料です!
配送時の運送保険にも加入しておりますので安心してお送りください。
3. 売却またはご返送
お客様の時計が届いてから約2~6営業日で査定結果をご連絡します。
9社の査定結果をご覧になり、売却または返送をピアゾに伝えます。

最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888

ロレックス デイトナ買取価格差の事例

ピアゾが高額でロレックス デイトナを買い取れる理由

時計好きには圧倒的な人気を誇るロレックスデイトナ(ROLEX DAYTONA)、時計ファンでなくとも一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

圧倒的に人気と合わせるように、ロレックスデイトナは中古としてのリセールバリューが高く、平均換金率は70%にまで及び、モデルによっては定価以上の高額買取が期待できるのがロレックスデイトナです。
バイヤーにも根強い人気があり、固定ファンも多く圧倒的な物量を誇るデイトナ。買取価格相場感がある程度固めに決まっているとはいえ、モデルによっては買取価格差が数十万円と出ることも少なくありません。
実際にピアゾの一括査定では、何の変哲もない普遍的なデイトナモデルRef.16520で100,000円の買取価格差が付いた事もあり、ホワイトゴールド無垢モデル116509で240000円の買取価格差がついた買取実績もあります。
ロレックスデイトナ買取を行うピアゾでは、国内外の有力最大9社が競い合って査定を行うので、お持ちのロレックスに対してベストな売却タイミングをご提案差し上げる機会が増えると言えます。

ロレックスデイトナ買取や売却する際に注意したいこと

ロレックス買取や売却する際に注意したい事はなんでしょうか?

保証書や余りのコマ(ブレスレットの長さを調整したときに生じるあまりのパーツのこと)、オーバーホール(OH)証明書の件は、先に述べたとおり付属していたら、全て一緒に査定した方が良いです。
ここで気になるのが、証明書やオーバーホール証明書に入っている「名前」
個人情報の取り扱いが心配だ、という事でこの部分を勝手に切り抜いたり、マジックで塗りつぶしたり修正ペンで修正しているパターンがたまにあります。

大切な個人情報という事で、気になさるのは理解できますが、これをやってしまいますと、保証書やオーバーホール証明書としての「効力」を失ってしまう事もあります。

「保証期限が切れているから保証書(OH証明書)は必要ないのでは・・。」

「レフ番号とシリアルが書いてあるから、真贋はこれでわかるし他は消しても大丈夫でしょ。」

本来の保証書の意味は、確かに初期不良等に対しての保証という概念がありますが、
ロレックスデイトナを買取や売却する際には、「真贋判定の保証」と、買い取ったロレックスデイトナを中古で販売する際に、「販売しやすい」という2つの大きな意味を有しています。

売る側の立場でなく、逆に中古でロレックスデイトナを購入する側の立場になって考えてみてください。
保証書が付属している状態のロレックスデイトナと保証書が無い状態でしたらどちらを購入検討するでしょうか?

やはり、保証書やオーバーホール証明書(明細)等が付属していた方が、安心して購入する事が出来ると思います。

折角、大切に保管されていた保証書をそのような形で無効化してしまい、ロレックスデイトナの買取価格を下げる要因を増やしてしまうのは非常にもったいない事ですので、ココは注意しておきたいポイントです。
保証書やオーバーホール証明書は手を加えず、そのまま一緒に査定してもらってくださいね!

ロレックスデイトナを高く買取して貰うために付属品は必要か否か!?

ロレックスデイトナを少しでも高く買い取りしてもらうためには、付属品は必要なのでしょうか?それともいらないのでしょうか?

これは確実にあった方が良いです!
では、どのような付属品があった方が良いのでしょうか?
代表的な付属品は下記の通りです。
  • ロレックスデイトナの内箱および外箱
  • ロレックスデイトナの保証書
  • ロレックスデイトナのブレスタイプなら余りコマ、ベルトタイプなら予備のベルト
上記の付属品は、通常ロレックスデイトナを購入した時に基本的に付属していますので、大切に保管しておくことが単純かつ意外と一番大切なロレックスデイトナ高額査定のポイントです!

更にロレックスデイトナを売る時プラス査定要素となる、あれば嬉しい付属品一覧が下記の通りになります。
       
ロレックスデイトナ売却時に更にプラス査定になる付属品
ロレックスデイトナの付属品の種類 買取価格の大よその変動率
オーバーホール証明書(日付近い程良い) 3~5%買取価格アップ
予備の文字盤(盤面種類による) 5~15%買取価格アップ
別途購入した追加ブレス 30000円~60000円買取価格アップ
別途購入した追加ブレス(金無垢系) 150000円~350000円買取価格アップ
別途購入した革・ラバーベルト(1回でも使用済み) 0円~10000円買取価格アップ
別途購入した革・ラバーベルト(未使用新品袋入り) 10000円~20000円買取価格アップ
別途購入したDバックル 15000円~25000円買取価格アップ
別途購入したDバックル(金無垢系) 70000円~150000円買取価格アップ
別途購入した純正尾錠 5000円~15000円買取価格アップ
別途購入した純正尾錠(金無垢系) 12000円~30000円買取価格アップ
ワインディングマシーン 2000円~35000円買取価格アップ
※ワインディングマシーンや革ベルト等は、その品物自体に大きく左右されます。

「付属品がないロレックスデイトナも売れるの?」というお問合せを頂く事も多いのですが、もちろん売却する事が可能です。

ロレックスデイトナのような高級ブランド腕時計ですと、付属品がなくても高額買取が可能です。
ただ、付属品が在る状態の時計と比較すると査定価格は下がってしまいますが、ロレックスデイトナ買取9社一括査定ピアゾ(PiAZO)では、9社の査定店をまわり出来るだけ査定価格が減らないように交渉してきますので、そのマイナス査定ポイントを最小に抑える事が可能かもしれません。

ロレックスデイトナオーバーホールしてから査定に出すか、そのまま査定に出すか?

長年使用してきてオーバーホール(OH)が必要なロレックスデイトナをオーバーホールに出してから査定するのか、そのまま査定に出した方が良いのか?

どっちの方がトータル的に良いのでしょうか?

勿論、オーバーホール出して頂けばロレックスデイトナの買取価格は上がります!
しかし、オーバーホール費用がかなり掛かります、、、、。
この場合、かなりの高額で買取してもらわないと、オーバーホールしても採算が合わない、という事態も発生する可能性があります。

逆に、そのままの状態で査定に出して頂ければ、メンテナンス必要箇所が存在するわけですがら、当然その分査定価格は下がります。
しかし、オーバーホールの費用は掛かりません。

実は、時計買取9社一括査定ピアゾ(PiAZO)に頂く問い合わせの内容で結構多いのがこの悩める2択問題。

ロレックスデイトナを売る際にオーバーホール(OH)してから売る!?それともしないで売る!?

どちらの方が総合的に得するのでしょうか? 

これは、時計買取ピアゾ(PiAZO)の個社的な見解になってきますが、極端なケースを除きますとオーバーホールしないでそのまま売ってしまった方がトータル的には得だと思います。

ロレックスデイトナのオーバーホールって、メーカーサイドがどこまで修理やメンテナンス、調整するのか決定して勝手に全部修理・調整されてしまいますので、オーバーホール料金の調整があまり利かず、高額になりがちです。

それとは逆に、時計買取店でしたら修理やメンテナンスを行える業者と付き合いも多く、時計の物量も常日頃から多いので、コストメリットを出すことが可能で格安で修理が出来ます。
もしくは、自社内で時計工房を持ち合わせているお店もありますので、修理等を自社で完結させることで更にオーバーホールコストを抑える事が可能になります。

ロレックスデイトナの磨きや調整、もしくはムーブメント不良等による修理が必要と判断したとしても、上記の理由から格安でオーバーホール可能なので、メーカーで行うような高額なOH料金は掛かってきません。

ロレックスデイトナをメーカーでオーバーホール依頼した場合、基本的にメーカーサイドは不良が少しでもある部品は全て交換した上で「完品のロレックスデイトナ」として仕上げるのが一般的です。

例えば、6年間位日常使用したロレックスデイトナをオーバーホールに出した際のオーバーホール料金例として。         
ロレックスデイトナオーバーホール(OH)料金例
オーバーホール箇所 料金(円)
基本料金 40000~80000
リューズ交換 5000~10000
チューブ交換 2000~5000
ガラス交換 30000~50000
針交換 3000~8000
内部点検 5000~8000
バネ棒交換 500~1000
※オーバーホール料金例ですので幅を持たしており、実際の料金とは異なる事もあります。

上記の表をみますとオーバーホール料金例の最安値になったとしても10万円近い費用、最高金額ともなりますと20万円近い費用が掛かってくるのが現状です。

状態の悪いロレックスデイトナの腕時計といっても、ここまでの査定価格を減額される事はケースとしてはなかなか少ないのが現状ですので、オーバーホール費用を自分で負担するより、そのまま査定にだして売却してしまった方が、総合的にみて得になる場合が多いようにと思われます。

ロレックスデイトナを売る時に保証書に記載されている名前はどうなる?

ロレックスデイトナを売る時に気になるのが保証書に記載されている名前。
これは買取して貰った後どのような形で流通する事になるのでしょうか?

ロレックスデイトナの中古販売店等に行った際に、店頭に並んだロレックスデイトナと一緒に展示してある保証書を見て頂ければお気付きになるかもしれませんが、ちゃんと名前を消された上で販売されますので、お客様の名前が売ったロレックスデイトナと一緒にそのまま流通するような事はございません。

ちゃんと名前部分を消された上で、次の時計オーナー様の元へと買取と販売、売却の流れを繰り返し旅立っていく腕時計。

シリアル部分は確実に消される事はございませんので、ロレックスデイトナを売却される際にシリアルをメモしておいたら、またどこかのロレックスデイトナ販売店で偶然自分が所持していた腕時計に遭遇できるかもしれませんね。

ロレックス デイトナというモデル

デイトナ欲しい腕時計ランキング等では常に上位ランクインされ、ロレックスシリーズの中でも随一の人気を誇るデイトナ。

ロレックス・デイトナのルーツは、1950年、今のデイトナの前身となったロレックス オイスター・クロノグラフが生まれた所から始まります。このロレックスデイトナ前身モデルとなった通称「プレデイトナ」ref.6238は、バルジュー社のcal.72をベースに改良されたcal.72Bを搭載しており、このキャリーバーは後のデイトナファーストモデルに搭載されている。

その後の1959年、アメリカ/フロリダ州マイアミに「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」にて公式時計に採用されたことが、ロレックス・デイトナの誕生・名前の由来なりました。

時速を図るタキメーターが付いているのもこういった理由からと言われています。

現在のデイトナの原型は、1961年に発表された「コスモグラフ」です。

因みにコスモグラフとは、コズミックとクロノグラフの造語であると言われており、当時オメガとアポロ計画の公式腕時計に採用されるように技術力を競っていたというのが、時計史の裏歴史にあり、皮肉な事にロレックスデイトナクロノグラフはアポロ計画には採用されずオメガが採用されました。 しかし、この競争があり、その競争に敗れたからこそロレックスデイトナが誕生し、オメガスピードマスター以上のフラグシップモデルになっているとは皮肉なものです。

当初は手巻き式のデイトナモデルでref.6263とref.6265が誕生。特に四角いドットマークを採用したエキゾチックダイヤルを採用したref.6263はポールニューマンモデルとして、現状では高いプレミアム価格で中古ロレックスデイトナ市場でも高値で取引されている。

通称第一世代と呼ばれている、1963年~1965年頃まで製造されたレース用に開発されたファーストモデルデイトナは、ref.6239とref.6241がある。 共にクロノグラフ搭載のデザイン性を模索しているような段階であり、6239と6241の主な違いはタキメーター目盛が6239の方が細かな仕様になっている。 共に搭載されているキャリバーはバルジュー72改良のcal.722-1。そもそもこれは、プレデイトナref.6238に搭載されていたcal.72Bが巻き上げがひげテンプに絡まるという不良が発生していたため、改良が加えられてこのムーブメントになった。

次に、第二世代と呼ばれている1960年代中ごろから1970年頃にかけて製造されていたref.6262とref.6264。デイトナ6264はプラスチックベゼル、デイトナ6262はステンレスベゼルになっており、第二世代デイトナ2つの違いがこのポイントである。

では、第一世代のデイトナ6263、6265と第二世代のデイトナ6262、6264との違いはなんなのだろうか?

それは、クロノグラフ機構をピラーホイールで制御する方式を採用した、バルジュー社の新型キャリバーcal.727を搭載しているかどうかである。

このcal.727は、チラネジに代わってロレックス独自のマイクロステラスクリューを採用したうえで、更にテンワを小型化し毎時1万8000振動から2万1800振動に機能向上させた。 また、改良機構としてキフ・ウルトラフレックスと呼ばれる耐震装置も装備されており、様々な点で格段にパワーアップしているキャリバーとなっている。 第二世代のロレックスデイトナref.6262とref.6264にはこのcal.727が搭載されており、ロレックスクロノグラフモデルムーブメントは1980年代後半になるまで、このcal.727を搭載し続けた。

では、ロレックスデイトナ第3世代とは? 1970年頃から1987年まで製造された世界初の防水機能付きクロノグラフモデルとして、ここでも飛躍的に時計史を塗り替えたのがロレックスデイトナref.6265,ref.6263である。 搭載キャリバーはcal.727を引き継ぎつつ、ロレックスサブマリーナモデルで培った防水機能に改良を加え、トリプロックリューズを採用。 クロノグラフモデルとしては初の100m防水機能を実現した。 高性能かつ実用性の高さから、今でも中古ロレックスデイトナオークション市場では、圧倒して高い人気を誇っているデイトナモデルの腕時計である。

そして一つの完成を誇ったエルプリメロ搭載の第4世代デイトナ16520。今まで、プラスチックベゼルのものを併用して製作してきたロレックスデイトナモデルだが、 この16520になると同時に全てステンレスモデルに統一された。

ムーブメントにはゼニス社の名機エル・プリメロを元にロレックス社が改良を加えたハイビートキャリーバーcal.4030を搭載。 デザイン面でも大きく変更が加えられて現行ロレックスデイトナモデルへの礎がここに完成した。 タキメーター部分も200㎞計測から400㎞計測になるなど、実用性においても時代に即した形で進化を遂げた。

デイトナの目盛り入りベゼルは、予め設定された距離での経過時間を測定する事で速度を測るタキメーターとしても使う事が可能です。

コスモグラフ デイトナは、耐久レースに出場するドライバー用の究極の計測ツールとして考案され、400ユニット/時(1ユニットはキロメートルまたはマイルなどの単位)までのスピードを計測するのに最適な器具である。

センターセコンドが1/8秒の精確さで秒を示す一方、9時と3時位置にある2つのカウンターでは、それぞれ時、分を読み取ることができるため、ドライバーは経過時間を正確に認識し、勝利のためにまさにどのようにレースを進めるべきか決定することができます。



外観も内部も美しくデザインされたコスモグラフ デイトナは、時計製造技術における傑作であると言えます。コスモグラフ デイトナのために2000年に開発、組立が行われたクロノグラフムーブメント キャリバー4130には、標準的なクロノグラフに比べ、わずか290個という少ない部品が使用され、シンプルな美を呈しています。

また、72時間のパワーリザーブ(ストップウォッチが使用される場合には66時間)を誇り、ロレックスが独自開発した磁気の影響を受けない合金によるブルー・パラクロムのヒゲゼンマイを装備。このパラクロムによるヒゲゼンマイは、従来の10倍もの耐震性を誇るという機能性を持つ。

半世紀の歴史の集大成現行モデル(2014年6月現在)ロレックスデイトナ116520。 ムーブメントは完全ロレックス社製のcal.4130を搭載し、プレミアム価格旋風を巻き起こしたデイトナシリーズ。 基本定期なスタイルデザイン性はそのままに、細かいマイナーチェンジを繰り返し、夜光インデックスがスーパールミノバからクロマライトになったりと着実に進化を続ける一本。

プラチナとセラミック混合モデルのロレックスデイトナ116506やスーパーラグジュアリーデイトナイエローゴールドレパード116598SACOや金無垢モデルであるデイトナ116519やデイトナ116528等、幅広いラインナップが存在しています。

驚異的な人気とプレミアム時計市場を席巻しているロレックスの王道スポーツモデル「デイトナ」。 飽くなき、スピードへの渇望がスポーツモデル腕時計としての究極進化と探究心を混在させ、今もなお新しいロレックスデイトナファンを開拓し続ける至高の腕時計モデルです。

昨今では、デイトナポールニューマンモデルref.6241が世界的腕時計オークションアンティコルムで13,660,000円で落札,クロノグラフ搭載のref.6238が7,830,000円で落札された一方。

クリスティーズでは金無垢で全編をダイヤモンドであしらったデイトナ6270/6263が102,500,000円、オマーンがブースピン・サイード国王に捧げた特注のデイトナref.6265が55,000,000円、更にオマーン特注で6時位置にspade of Omanと印字されているイエローゴールドオマーン特性デイトナref.6265が41,500,000円。デイトナとはまた違うが、派生モデルとしてクロノグラフ搭載したロレックストリプルカレンダークロノグラフref.6036が44,000,000円で落札されたという記録がある。

どれも高級ブランド腕時計を超えた、歴史的文化資産として評価を受けての超高額落札価格のように思えるがどうだろうか? そういった違った価値もロレックスデイトナの楽しみ方であり魅力なのかもしれない。

ロレックスのリファレンスナンバー(Ref)詳細について
ロレックスのシリアルナンバー一覧表

ピアゾをご利用頂いたお客様からたくさんの「ありがとう」をいただいています

時計を高く売るためのポイントをピアゾをご覧のあなただけに教えちゃいます!

  • 時計業界人が教える本当に高い時計買取サイトの見分け方

    時計業界人直伝!本当に高い時計買取店の見分け方

    たくさんある時計買取店の中から高く買い取ってくれるお店を見つける方法とは?

  • 少しでも高く時計を売って得するコツ

    少しでも高く時計を売るコツをご紹介!

    たった3つのポイントで時計がもっと高く売れるかも?

  • 時計を高く売却するベストなタイミングとは?

    時計を高く売却するベストなタイミングとは?

    為替と時計買取価格との関係をご紹介。売り時を見逃すな!

  • 信憑性のある時計の買取価格を知る方法とは?

    信憑性のある時計買取価格を知る方法とは?

    お店によって買取の値段がバラバラで困った!そんな時はここに注目

  • 箱なしと箱ありではどれ位買取価格に影響するのか?

    付属品は買取価格にどう影響するのか?

    時計の箱、保証期間の過ぎた保証書……知らずに捨てると大損するかも!?

  • 時計業者も愛用する一括査定のピアゾとは?

    ピアゾの一括査定の仕組みを詳しく解説!

    人一倍時計に詳しいコレクターや時計業者もピアゾを選ぶ理由は?高額買取の仕組みを解説!

  • ロレックス新作予想2019

    ロレックス新作予想2019!サブマリーナに新作登場か?!

    2019年3月に開催されるバーゼルワールド2019を前に、今年もやっちゃいましょう!ロレックス新作予想!!バーゼルワールド2018では赤青ペプシベゼル&ジュビリ...

  • 2ndダイバー後期型6105-8110

    バーゼルワールド2019セイコープロスペックス新作セカンドダイバー復刻か?!

    セイコープロスペックス「1970ダイバーズ復刻デザイン(通称2ndダイバー後期型)」がコアショップ専用で発売される?!バーゼルワールド2019新作...

  • ロレックス新作 ヨットマスター 42 226659|バーゼルワールド2019

    ロレックス新作 ヨットマスター 42 Ref.226659|バーゼルワールド2019

    ロレックス ヨットマスター 新作!42mmサイズのヨットマスター登場!Ref. 226659...

  • グランドセイコー 和光限定モデル特集

    【2019年6月更新】グランドセイコー和光限定モデル一覧!

    グランドセイコー(GRAND SEIKO)は2015年から毎年、「銀座和光」とのコラボモデルを発表しています。SBGE031、SBGH041、SBGE035、S...

  • ロレックス2019新作予告広告!バーゼルワールド

    ロレックス、いよいよティザー広告登場!2019新作はサブ?ヨットマスター?!

    いよいよロレックス公式ホームページやインスタなどにティザー動画がアップされました!バーゼルワールド2019まであと数日、僅かな手がかりからロレックス新作予想が飛...

最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888