更新日:2022年09月09日

特別素材「エバーブリリアントスチール」がレギュラーモデルに登場!魅惑のアイスブルーダイヤル「グランドセイコー ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン SLGH013」

グランドセイコー(GRAND SEIKO)より、世界最高レベルの耐食性を備えた特別素材「エバーブリリアントスチール」を採用したレギュラーモデル「グランドセイコー ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン SLGH013」が発表されました。岩手山の雪解けを表現したアイスブルーのダイヤルにも注目が集まりそうですね!

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013

グランドセイコー SLGH013は、横 40.0mm のエバーブリリアントスチール製ケースにメカニカル 自動巻(手巻つき)キャリバー 9SA5を搭載。希望小売価格は 1,100,000 円(税込)、2022年10月7日 発売予定です。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 2022年10月発売

今回の新作「グランドセイコー ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン SLGH013」の押さえておくべきポイントは3つ。

  1. 高耐食の先進素材「エバーブリリアントスチール」を採用した44GSケース
  2. 岩手山の春の雪解けを表現したアイスブルーダイヤル
  3. ハイビート「キャリバー9SA5」を搭載

それでは1つずつチェックしていきましょう。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 エバーブリリアントスチールを採用
本作は、グランドセイコーのレギュラーモデルとして初めて、ケースのみならずブレスレットにも世界最高レベルの耐食性を備えた「エバーブリリアントスチール」(※1)を採用しました。白く美しい輝きを放つ先進素材が、2020年に誕生した次代を担う革新的なメカニカルムーブメント「キャリバー9SA5」に調和し、55周年を迎えた「44GS」デザインを美しく引き立てます。

(※1)この素材は、一般的な高級腕時計に使用されているステンレススチールの1.7倍のPREN(Pitting Resistance Equivalent Number:孔食指数)値を有しています。PRENは、金属の腐食耐性の評価に広く用いられている指標です。

「エバーブリリアントスチール」とは、一般的な高級時計に使用されているステンレススチール材を上回る「高い耐食性(錆びにくさ)」と、「白く美しい輝き」を特徴とする素材です。グランドセイコー公式サイトでは以下のように説明されています。

エバーブリリアントスチール
世界最高レベルの耐食性を備えたステンレススチール素材「エバーブリリアントスチール」は、一般的な高級時計に使用されているステンレススチール材を上回る耐食性*と白く美しい輝きを併せ持つ素材です。
従来、海洋構造物や化学・食品系プラントなどの塩化物含有環境(海水や工業的に塩化物イオンと接する環境)にさらされる設備など過酷な環境用に使われてきた素材で、腕時計のような装身具に求められる要求品質を満たすことは困難でした。しかしいつの時代も長く愛用できる美しさを追求しているグランドセイコーは、従来の製造工程を一から見直し、ケースとブレスレット双方への実用化に成功しました。

「エバーブリリアントスチール」はこれまでに、グランドセイコー「44GS」55周年記念限定モデルとして2022年2月に発売された数量限定モデル「SLGH009」や「SLGA013」や、セイコー プロスペックスの「セイコーダイバーズウオッチ55周年記念限定コレクション」等には採用されていましたが、レギュラーモデルとしては今回が初めてのこと。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 ブレスレット

おなじみの 5 ピースリンクのブレスレット。幅の狭い中間リンクは鏡面研磨され、幅の広い面はヘアライン仕上げで、外側のリンクの外側肩には鏡面仕上げの薄い面取りが施されています。この仕上げの細かさがグランドセイコーをグランドセイコーたらしめている点の一つです。

本作は従来のステンレススチールよりも白く輝き、ザラツ研磨による平滑な鏡面を多用しながら、ケースサイドの稜線にゆるやかなカーブをもたせつつ、シャープさが際立つ薄い44GS現代デザインのケースフォルムと相まって、手元に快適な装着感と、上品な高級感をもたらすでしょう。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 文字盤
 古くから岩手山に訪れる春の雪解けが、人々に新たな季節の始まりを告げていました。本作のダイヤルは、グランドセイコーの機械式モデルを製造する「グランドセイコースタジオ 雫石」から望む、雄大な岩手山からインスピレーションを受けて生まれました。繊細な型打ち模様の陰影と、シルバーに近い淡いブルーの色調で、岩手山に訪れる春の雪解けを表現しています。光の角度により表情が幾重にも変化し、エバーブリリアントスチールの白く輝くケースと調和する美しいモデルです。

まるで氷の表面を思わせる繊細な型打ち模様は「岩手山の雪解け」を表現したものです。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 文字盤 岩手山の雪解け

シルバーのような、薄いブルーのような、まさに「アイスブルー」という表現がぴったりの色合い。光の当たり具合によって生じる明暗が、自然の不完全さこそが生み出す美を感じさせますね。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 文字盤アップ

鏡面仕上げされた極細いブルーの秒針は、明るいトーンの文字盤に対して鮮やかなブルーのコントラストをなしており、高い視認性を確保しています。

アイスブルーのダイヤルと言えば、北米限定モデルの「霜降(そうこう)」 SBGA471、SBGH295あたりが思い出されますね。特に「雲母摺(きらずり)」と呼ばれる浮世絵版画の技法が用いられたSBGH295は独特の質感の文字盤が魅力です。

★関連記事★

【グランドセイコー2022年新作】US限定モデル SBGA471、SBGH295「霜降」 北米限定

北米限定のジャパン シーズンズ コレクションの特別モデル「霜降(そうこう)」SBGA471、SBGH295が登場。

SLGH013に搭載される「キャリバー9SA5」は、グランドセイコーが2020年に発表した、毎時36,000振動の ハイビートムーブメントでありながら、最大巻上時約80時間持続のロングパワーリザーブを実現した革新的ムーブメントです。「デュアルインパルス脱進機」、「ツインバレル」、「グランドセイコーフリースプラング」など、グランドセイコーの技術力を結集し、現時点では「グランドセイコー史上最高の機械式ムーブメント」という位置づけとなっています。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013 裏蓋

「キャリバー9SA5」は設計の構想段階からデザイナーが参画し美しさを極限まで追求しており、裏蓋からその様々な工夫を鑑賞できます。最たる特徴は、山の稜線やゆるやかな川の流れを映し出すように考案された、なだらかな波目模様が施された「受」のデザイン。歯車の表面にも1枚ずつに繊細な模様仕上げを施されています。細部に至るまで精巧に仕上げられ、上質な輝きを放つムーブメントは、グランドセイコーの美学を凝縮したようですね。

グランドセイコー  メカニカル 自動巻(手巻つき)キャリバー 9SA5

「キャリバー9SA5」を最初に搭載したのは「グランドセイコー60周年記念限定モデル メカニカルハイビート36000 80 Hours Ref.SLGH002」で、初代グランドセイコーを思わせる形状の18Kイエローゴールド製ケースを採用した税抜き定価4,500,000 円というハイエンドモデルでした。

その後誕生した上級ライン「エボリューション9コレクション」の3針モデル(SLGH017など)に、続いて「ヘリテージコレクション 44GS 55周年記念限定モデル SLGH009」に搭載され、グランドセイコーの中でも100万円オーバーの”高級ライン向け”のイメージがあるムーブメントです。

ただし、静的精度で平均日差+5秒~-3秒と、例えばロレックスの日差+/-2秒以内だとか、同じGSでも「月差」で語られるスプリングドライブと比較してしまうと精度は劣りますので、ここは評価の分かれるところです。

40mmの高耐食な「エバーブリリアントスチール」製ケースに80時間のパワーリザーブを誇る メカニカルハイビートムーブメントキャリバー 9SA5を搭載、さらにグランドセイコーらしさ溢れる美しいアイスブルー文字盤を備えた新作「グランドセイコー ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン SLGH013」の魅力、お分かりいただけましたでしょうか。

グランドセイコー2022年新作 ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン Ref. SLGH013

「SLGH013」のケースやムーブメントなどの基本的なスペックは上述した「SLGH009」と同じです。価格は「SLGH013」が1,100,000 円(税込)で、「SLGH009」は1,155,000円(税込)。レギュラーモデル、という点で5万円ほど低くは設定されていますが、100万円超のハイクラスのモデルであることは間違いありません。アイスブルーの美しいダイヤルを見ると、正直SLGH009より素敵では・・・?とも思ってしまいます。
「9SA5搭載モデルが欲しいけど、エボリューション9のケースはちょっとゴツいな」と感じていた方には選択肢が広がった、とも言えますね。

グランドセイコー SLGH013とSLGH009

左)SLGH013 右)SLGH009

「44GS 現代デザイン」の中でも1,100,000 円(税込)という価格帯はかなり上位に位置しますが、その差額をどう評価するかは、例えば 「SBGH277」「SBGH279」(いずれも税込定価 704,000 円/調査時)のような40mmサイズのステンレススチール製「44GS 現代デザイン」などと直接見て比較したいところですね。「SBGH279」も自動巻メカニカルハイビート36000モデルですが、「SLGH013」はムーブメントに薄型キャリバー9SA5を搭載しているため、ケース厚も2mmほど薄くなっています。

SLGH013とSBGH277

左)SLGH013 右)SBGH277

グランドセイコー SLGH013の仕様・価格
モデル ヘリテージコレクション 44GS 現代デザイン
Heritage Collection 44GS
型番(Ref.) SLGH013
ケースサイズ 横 40.0mm 縦 47.2mm 厚さ 11.7mm
ケース素材 エバーブリリアントスチール 裏ぶた:エバーブリリアントスチールとサファイアガラス
ムーブメント メカニカル 自動巻(手巻つき)キャリバー 9SA5
精度 静的精度:平均日差+5秒~-3秒
携帯精度:日差+8~-1秒
駆動期間 最大巻上時約80時間持続
防水性 日常生活用強化防水(10気圧)
機能 時、分、秒、日付表示
取扱店舗 グランドセイコーフラッグシップブティック、グランドセイコーブティック、およびグランドセイコーサロン
発売日 2022年10月07日 発売予定
価格 1,100,000 円 (税込)
※販売開始時期・価格は予告なく変更される場合があります。詳細はグランドセイコー公式サイトへ。
<お問い合わせ先>
<グランドセイコー>の公式Webサイト https://www.grand-seiko.com
★こちらもおすすめ★

グランドセイコー買取について

グランドセイコー買取 時計買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!

姉妹サイト時計販売QUERIにて、高級ブランド腕時計を好評発売中!

グランドセイコーはもちろん、ロレックス、オメガ、タグホイヤー、オーデマ・ピゲなどの高級ブランド時計を独自ルートで激安価格にて販売中です!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888