更新日:2022年05月26日

【ブライトリングのオーバーホール】料金や期間と頻度、見積もりなど利用方法まで徹底解説

オーバーホールとは、時計を完全分解し、隅々まで点検・清掃・修理を行うことです。どんなに丁寧に扱っていても、年を経るとともに腕時計は劣化していきます。外装に傷や汚れが付くのはもちろん、内部部品の摩耗を防ぐ潤滑油が劣化したり防水性能が低下したりなど、様々な不具合が生じるのです。そうした不具合を解消し、致命的な故障を未然に防ぐためには、定期的なオーバーホールが必要となります。ブライトリングの時計は、正規サービスセンターまたは一般的な時計修理店でのオーバーホールが可能です。

今回の記事ではブライトリングのオーバーホールについて、料金や修理期間の目安、依頼方法などを詳しく説明します。また、正規サービスと一般的な時計修理店の比較や、腕時計を長持ちさせるポイント解説も行っておりますので、ぜひ参考にしてください。

ブライトリング クロノマット
ブライトリング ムーブメント調整

公式サイトによると、ブライトリングの時計は4~6年に一度のオーバーホールが推奨されています。オーバーホールの頻度はそれぞれの使用状況によって異なりますが、特に不具合がなくてもこの期間内に一度は受けておくとよいでしょう。

ブライトリングの時計は小さな本体の中に多数の部品が組み込まれており、どんなに丁寧に扱っていても、それらは少しずつ摩耗していきます。また、外敵圧迫に伴い防水用のパッキンが劣化し、防水性能も低下していきます。そこで定期的にオーバーホールを行い、時計の隅々まで点検を行うことで、摩耗や劣化が進行しないうちに対処することができるのです。

定期的な分解清掃は時計を長持ちさせることにもつながるほか、常に新品に近い状態を保つことができるため、高級時計の価値を守ることができます。

ブライトリング 国際保証書付き時計

ブライトリングの国際保証期間は、購入してから2年以内です。ブライトリングの機械式マニュファクチュールムーブメントを搭載したモデル(2012年1月以降に購入したもの)については、5年以内となっています。保証期間に何らかの不具合が発生した場合は、日本国内にて無償でアフターサービスを受けることが可能です。ただし、保証の適用条件として、正規販売店名や販売日、品番などが記載された「国際保証書」を提示する必要があります。国際保証書は再発行できませんので、大切に保管しておきましょう。

ブライトリング 裏蓋 自社製マニュファクチュールムーブメント搭載モデル

保証期間が2年か5年かを判断するためには、手元の時計に「ブライトリングの機械式マニュファクチュールムーブメント」が使用されているかどうかを確かめる必要があります。まず、お手元の時計のケースバックにあるモデルリファレンスをご確認ください。左から2番目の文字がBで、続く2桁の数字が01から35(B01からB35)であれば、その時計に搭載されているのは機械式マニュファクチュールムーブメントです。保証期間は購入後5年以内となります。

注意点として、保証の対象となるのは基本的に自然故障のみです。購入者の故意や過失、誤った使い方によって故障が生じた場合、修理は有料となります。自然故障であるか過失であるかの判断は技術者が行いますので、分からない場合はメーカーに相談してみましょう。また、使用上の不具合がない時計については、点検を依頼するだけでも費用が発生します。

日本国内の正規販売店(アウトレット・免税店は不可)でブライトリングの時計を購入された方は、「クラブ・ブライトリング」に入会することができます。クラブ・ブライトリングは、ブライトリングに関する様々な優待を受けられる会員制サービスで、会費は無料です。時計購入時に受け取った会員番号を用いてウェブ上でパスワードを発行すれば、メンバーページにログインすることができます。

クラブ・ブライトリング メールマガジン&SNS

正規販売店で購入するということは、海外で業者が買い付けたような「並行輸入品」ではなく「正規品」を購入する必要があるということです。正規品は定価販売ですので、並行輸入品と比べて一見割高に感じられます。しかしブライトリングはいわゆる「並行差別」を行っており、正規品を購入して「クラブ・ブライトリング」に入会することで、メンテナンスおよびオーバーホール料金を半額に抑えることができます。

クラブ・ブライトリングには、大きく分けて6つの特典があります。
一つ目はメンテナンス料金の優待、そして二つ目はメンバー向けイベントへの先行案内です。例えば「メンバーズサロン」という新作の試着イベントに招待され、ブライトリング社の公認技術者と会話をしたり、トークイベントやセミナー、環境活動に参加できたりします。三つ目はメンバーズマガジン「INFO BREITLING」の発行、四つ目は毎月のメルマガ配信です。ブライトリングの新作や新店舗、イベントなどに関する情報をいち早く知ることができます。五つ目は東京・大阪の「STUDIO BREITLING」内にある「メンバーズラウンジ」への入場権利です。ラウンジではブライトリングの資料を閲覧したり、時計技術者によるメンテナンスアドバイスを受けたりすることができます。六つ目は「トレード・イン・システム」というカスタマーサービスの利用権です。当システムを取り扱っている店舗に限りますが、会員が新たにブライトリングの時計(新品)を購入する際、古い時計を下取りしてもらうことができます。

このように、クラブ・ブライトリングに入会すると様々なメリットを享受できます。ブライトリングというブランドに魅力を感じている方や、メンテナンス料金を安く抑えたい方は、正規販売店での購入を検討してみてください。

ブライトリングの正規修理・アフターサービスには、大きく分けて「メンテナンス・サービス」「コンプリートサービス(オーバーホール)」「限定修理」の三種類があります。ここでは各サービスの内容や料金について紹介します。

ブライトリング メンテナンス ふき取り

ブライトリングの「メンテナンス・サービス」は、2年に一度受けることが推奨されています。サービス内容は、ムーブメントの内部を除き、あらゆる部分の点検・調整を行うことです。まずケースや裏蓋などの部品を分解し、外装パーツは超音波で洗浄します。ムーブメントには専用のテスターを用いて値を調整するほか、機械式であればタイミング調整、クォーツ式であればバッテリー交換を行います。さらに、故障個所の洗浄や調整、部品交換に加え、紫外線や塩素などの影響を受けたパッキンの交換を行い、防水性能をテストします。外装仕上げはメンテナンス・サービスに含まれておらず、希望する場合は別途料金が必要です。
こちらはメンテナンス・サービスの料金表です。

メンテナンス・サービス料金表

※スマホでご覧になる場合は横にスクロール可能です。

ムーブメント種別 標準価格 メンバー特別価格
クオーツ Q-1 三針(ノン・クロノグラフ) ¥15,400 ¥7,700
Q-2 クロノグラフ(エアロスペース等を含む) ¥26,400 ¥13,200
Q-3 UTC、 CO-PILOT ¥13,200 ¥6,600
機械式 M-1 三針(ノン・クロノグラフ) ¥26,400 ¥13,200
M-2 クロノグラフ ¥38,500 ¥19,250
M-3 クロノグラフ(複雑/フライングB、 No.3含む) ¥38,500 ¥19,250
M-4 クロノグラフ(マニュファクチュール・キャリバー) ¥38,500 ¥19,250
M-5 パーペチュアルカレンダー、ラトラパンテ、トゥールビヨン 見積り 見積り

※<メンテナンス・サービス>の作業内容には外装仕上げが含まれていません。 外装仕上げを合わせてご希望の場合は、下記の追加料金が追加されます。
外装仕上げ追加料金 : 本体 ¥27,500(メンバー特別価格 ¥13,750)、ブレスレット ¥11,000(メンバー特別価格 ¥5,500)、バックル・美錠 ¥5,500(メンバー特別価格 ¥2,750)

ブライトリング アフターサービス スタジオ

ブライトリングの「コンプリートサービス」は、オーバーホールや外装仕上げを含む総合的なアフターサービスです。内部点検の結果オーバーホールが必要と判断された場合は、メンテナンス・サービスからコンプリートサービスに移行することもあります。推奨頻度は、4~6年に一度です。

基本的な内容はメンテナンス・サービスと同様ですが、コンプリートサービスではムーブメントの完全分解を行い、外装を含むすべての部品を点検・洗浄します。摩耗・破損している基本部品(歯車や香箱、針)や、負荷のかかる部品(ゼンマイなど)は交換が必要です。点検後に再度ムーブメントを組み立て、摩耗を防ぐ注油を行いますが、オイルの種類や注油箇所、注油量などにも決まりがあるため、正確に慎重に作業していきます。組み立てが終わったら、機能や動作を確認し、三日間にわたって品質検査(精度やパワーリザーブなど)を行い、メンテナンス終了です。また、コンプリートサービスには外装のポリッシュ仕上げが含まれています。
こちらはコンプリートサービスの料金表です。

オーバーホール料金表

※スマホでご覧になる場合は横にスクロール可能です。

ムーブメント種別 標準価格 メンバー特別価格
クオーツ Q-1 三針(ノン・クロノグラフ) ¥88,000 ¥44,000
Q-2 クロノグラフ(エアロスペース等を含む) ¥96,800 ¥48,400
Q-3 UTC、 CO-PILOT ¥57,750 ¥28,875
機械式 M-1 三針(ノン・クロノグラフ) ¥92,400 ¥46,200
M-2 クロノグラフ ¥115,500 ¥57,750
M-3 クロノグラフ(複雑/フライングB、 No.3含む) ¥132,000 ¥66,000
M-4 クロノグラフ(マニュファクチュール・キャリバー) ¥143,000 ¥71,500
M-5 パーペチュアルカレンダー、ラトラパンテ、トゥールビヨン 見積り 見積り

※<オーバーホール>本体とストラップの美錠/バックルのみの外装仕上げの場合、外装仕上げをご希望されない場合、または外装仕上げ不可モデルの場合は、上記オーバーホール料金から¥5,500 (税別¥5,000)、メンバー特別価格の場合は¥2,750(税別¥2,500)を割引されます。
※<オーバーホール>で依頼した場合でも、ムーブメントの状態、種類によってはムーブメント交換となる場合があります。ムーブメントなどの部品代の他に技術料がかかります。 ¥22,000(メンバー特別価格 ¥11,000 )
※・クロノグラフ(複雑)に該当するキャリバーは、ブライトリング16、19、28、38、44。
※機械式のM-4「クロノグラフ(マニュファクチュール・キャリバー)」に該当するキャリバーは、ブライトリング01、02、04、05、06、09、12、14です。これらは購入してから5年の国際保証が適用されています。

※エマージェンシーのバッテリー交換について

ブライトリング エマージェンシー

「エマージェンシー」はブライトリングの時計の一種で、航空従事者かつ無線従事者のみが購入できる特殊なモデルです。エマージェンシーについて何らかのメンテナンスを希望する場合は、バッテリー交換のみではなく「フルメンテナンス」での対応となります。また、日本国内の法律により、エマージェンシーの取り扱いには様々な制約があります。詳しくはスタジオ・ブライトリングまでお問い合わせください。

ブライトリング ブレスレットパーツ

ブライトリングのアフターサービスにおける「限定修理」とは、部品の取り付けやブレスレットのコマ足し・超音波洗浄、外装仕上げなど、部分的・限定的なサービスのことです。外装仕上げについては、希望箇所が本体なのか、ブレスのみ・バックルのみなのかによって料金が変わります。部品の取り付けについても、裏蓋の開閉が必要な場合は料金が高くなります。

【限定修理】技術料金表

※スマホでご覧になる場合は横にスクロール可能です。

作業内容 標準価格 メンバー特別価格
部品の取り付けのみ 裏蓋開閉あり ¥9,900 ¥4,950
裏蓋開閉なし ¥6,600 ¥3,300
ブレスレット関連 コマ足し、超音波洗浄等 ¥3,300 ¥1,650
外装仕上げ 時計本体 ¥27,500 ¥13,750
ブレスレット ¥11,000 ¥5,500
バックル、美錠 ¥5,500 ¥2,750
外装部品価格表

※スマホでご覧になる場合は横にスクロール可能です。

種類 素材 価格
リューズ SS ¥7,700
GP ¥8,800
ブラックスチール、チタン ¥13,200
18K ¥49,500
プッシュボタン SS ¥7,700
GP ¥8,800
ブラックスチール、チタン ¥13,200
18K ¥49,500
ライダータブ SS、GP ¥7,700
ブラックスチール ¥13,200
18K ¥22,000
ライダーネジ SS、GP ¥1,100
ブラックスチール ¥2,200
18K ¥2,200
クリックスプリング
※オーバーホール時は無償
¥2,200

ブライトリングに正規修理を依頼するためには、二つの方法があります。一つは全国の正規販売店・サービスセンター(スタジオ・ブライトリング)への持ち込みで、もう一つはピックアップサービス(配送)の利用です。以下でそれぞれの料金、流れについて説明します。

注意点として、見積もり後に全てのメンテナンスをキャンセルする場合は、キャンセル料(見積もり料金)が発生します。基本的には3,300円、スイス見積もりの場合は11,000円が必要です。

スタジオ・ブライトリング 銀座店

全国の正規販売店および正規サービスセンター(スタジオ・ブライトリング)に時計を持ち込むことで、メンテナンスを依頼することができます。スタジオ・ブライトリングは、銀座・大阪にある正規サービスセンターです。

スタジオ・ブライトリング
  • 銀座店
    東京都中央区銀座4-2-15 塚本素山ビル6F
  • 大阪店
    大阪市中央区博労町4-2-15 ヨドコウ第2ビル9F

土日祝日は定休日となっておりますので、持ち込みの際はご注意ください。正規販売店については公式サイトに一覧がありますので、お近くの店舗を確認しておきましょう。また、販売店に依頼する場合は代理店手数料がかかる場合があります。

持ち込みの際は、まず国際保証書と時計を用意しましょう。クラブ・ブライトリングの会員の方は、クラブ・ブライトリング・メンバーズカードも持参してください。

店舗またはスタジオに時計を持ち込んだら、依頼内容(故障個所など)をスタッフに伝えましょう。時計は原則としてお店やスタジオに預けます。状態を細かく確認したうえで見積もりが提示されるため、そのままメンテナンスを依頼するかキャンセルするかを判断してください。なお、店舗やスタジオに預けた段階で、キャンセル料の対象となります。
見積もりを承諾したら、メンテナンスが開始されます。修理を終えた時計は、店頭またはスタジオにて受け取ってください。このときにサービス料金の支払いも行います。

ブライトリング ピックアップサービス 配送

ブライトリングには、Web上でメンテナンスの依頼を行える「ピックアップサービス」があります。往復の送料および代金引換手数料を含め、サービス利用料は税別800円(2022年5月時点)です。保証期間内は無料となります。

まず公式サイトのページにアクセスし、氏名や住所などの個人情報や時計の情報、依頼内容などを入力・送信します。申し込みから3~7営業日ほどで専用梱包材キットが届くため、説明書に沿って丁寧に時計を梱包し、指定の配送業者に集荷を依頼してください。

スタジオで時計の状態を確認した後、見積もりが届くため、承諾あるいはキャンセルの判断をしましょう。キャンセルの場合は通常の見積もり料金に加え、ピックアップサービスの利用料が請求されます。
見積もりを承諾したらメンテナンスが開始され、修理を終えた時計は自宅に配送されます。サービス料金は代引きで、支払い方法は現金・クレジットカードです。

ここではアフターサービスの料金表をもとに、実際のブライトリングモデルのメンテナンス料金をシミュレーションしました。クラブ・ブライトリングの会員と非会員で料金が変わりますので、ご注意ください。

【ブライトリング メンテナンス料金 例1】

ブライトリング クロノマット B01 42 ジャパンエディション

モデル: ブライトリング クロノマット B01 42 ジャパン エディション Ref.AB0134101B2A1
ムーブメント種別:M-4/ブライトリングB01(マニュファクチュール・キャリバー)、クロノグラフ
修理内容:オーバーホール(外装仕上げ含む)
料金 :標準価格 ¥143,000(税込)、メンバー特別価格 ¥71,500(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例2】

クロノマット エボリューション 日本限定400本 ブルーシェルダイヤル

モデル:クロノマット Ref.A13356(A156BMPPA)
ムーブメント種別:M-2/ブライトリング13、クロノグラフ
修理内容:メンテナンス・サービス(外装仕上げなし)
料金 :標準価格 \38,500(税込)、メンバー特別価格 \19,250(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例3】

スーパーオーシャン ヘリテージ B20 オートマチック 42 ブルーメッシュラバー

モデル:スーパーオーシャン ヘリテージ B20 オートマチック 42 Ref.AB2010(AB2010161C1S1)
ムーブメント種別:M-1/ブライトリング20、三針(ノン・クロノグラフ)
修理内容:オーバーホール(外装仕上げ含む)
料金 :標準価格 \92,400(税込)、メンバー特別価格 \46,200(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例4】

ナビタイマー オートマチック 41 ブラウンレザー

モデル:ナビタイマー オートマチック 41 Ref.A17326(A17326211G1P1)
ムーブメント種別:M-1/ブライトリング17、三針(ノン・クロノグラフ)
修理内容:メンテナンス・サービス+外装仕上げ(本体)
料金 :標準価格 \53,900(税込)、メンバー特別価格 \26,950(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例5】

ナビタイマー B04 クロノグラフ GMT

モデル:ナビタイマー B04 クロノグラフ GMT Ref.(AB0441211B1A1)
ムーブメント種別:M-4/ブライトリング04(マニュファクチュール・キャリバー)、クロノグラフ
修理内容:メンテナンス・サービス+外装仕上げ(ブレスレット)
料金 :標準価格 \49,500(税込)、メンバー特別価格 \24,750(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例6】

トップタイム リミテッド エディション カーフスキンレザー

モデル:トップタイム リミテッド エディション Ref.A23310(A23310121G1X1)
ムーブメント種別:M-2/ブライトリング23、クロノグラフ
修理内容:オーバーホール、外装仕上げは本体とストラップの美錠(バックル)のみ
料金 :標準価格 \110,000(税込)、メンバー特別価格 \55,000(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例7】

コルト 44 ステンレス×ブルーダイヤル

モデル:コルト 44 Ref.A74387ムーブメント種別:Q-1/クォーツ、三針(ノン・クロノグラフ)
修理内容:メンテナンス・サービス+外装仕上げ(バックル・美錠)
料金 :標準価格 \20,900(税込)、メンバー特別価格 \10,450(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例8】

クロノ アベンジャー E73360 イエローダイヤル

モデル:クロノ アベンジャー E73360
ムーブメント種別:Q-2/クォーツ、クロノグラフ
修理内容:オーバーホール
料金 :標準価格 \96,800(税込)、メンバー特別価格 \48,400(税込)

【ブライトリング メンテナンス料金 例9】

プレミエB09 クロノグラフ40 ピスタチオグリーン

モデル:プレミエB09 クロノグラフ40 Ref.AB0930D31L1P1
ムーブメント種別:M-4/ブライトリングB09(マニュファクチュール・キャリバー)、クロノグラフ
修理内容:オーバーホール、外装仕上げなし
料金 :標準価格 \137,500(税込)、メンバー特別価格 \68,750(税込)

一般時計修理店 心斎橋

一般的な時計修理店でオーバーホール・メンテナンスを行う場合、料金は正規修理よりも安くなります。ブライトリングメジャーなメーカーですので、対応可能な業者も多いです。

時計修理店でのメンテナンス・オーバーホールを検討しているけれど、どこで依頼すればよいか分からないという方も多いでしょう。ここではメジャーな修理店を対象にして、相場表を作成しました。ぜひ参考にしてください。

※「電池交換のみ」「外装修理・仕上げ」以外の項目については、すべてオーバーホールの料金です。

ブライトリング オーバーホール 作業風景

ブライトリングのオーバーホールを行う場合、正規サービスセンターと一般時計修理店のどちらに依頼すればよいのでしょうか。ここでは双方の違いに触れつつ、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。ぜひ、ご自身の希望条件と照らし合わせてお考えください。

料金の安さにこだわらないのであれば、正規オーバーホールをおすすめします。正規サービスセンターは純正パーツを保持しているため、部品交換が必要な場合も安心です(メーカーにストックがない場合、文字盤や針などが交換されてしまうこともあります)。また、保証期間の故障であれば無償で対応してもらえるほか、メンテナンス完了日から1年間の修理保証も付いています。

正規オーバーホールの一番のデメリットは、料金が高いことです。特にクラブ・ブライトリングの非会員は、一般店と比べてかなり高額になります。また、正規は納期が長い傾向があるため、お急ぎの場合も注意が必要です。2022年5月現在の修理納期目安は、オーバーホールが6~8週間、メンテナンス・サービスが3~5週間となっています。

時計修理店でオーバーホールを行う一番のメリットは、料金が安いことです。正規の料金表と比較すれば、その差がはっきりと分かります。また、パーツ交換のみ、部分修理のみなど、柔軟な対応を優先したい場合も一般店の方がよいでしょう。納期も正規サービスよりは短めな傾向です。

デメリットは、業者選びの難しさです。ETA(ムーブメント)ベースのものはパーツ調達も容易で比較的対応しやすいですが、ブライトリングB01のような完全自社製ムーブメントは、民間の修理業者でオーバーホールを行うのが難しく、受け付けてもらえないケースもあります。また、一般時計店に依頼してもメーカー見積もりおよびメーカー修理となる場合があり、かえって高くつくケースもあるのです。さらに、純正部品のストックがない場合は、代替パーツになる店舗もあります。純正外のパーツを使用している時計については、売却時の評価が下がる恐れがありますので、注意してください。そうしたことを踏まえて、業者選びは慎重に行いましょう。

ブライトリング 時計のメンテナンス ダイバーズウォッチの取り扱い

ブライトリングの腕時計を長く使い続けるためには、いくつか注意すべきことがあります。定期的にメンテナンス・オーバーホールを行うのはもちろん、日頃から簡単なお手入れをするように心がけたり、適切な場所に時計を保管したり、正しい使用方法を身につけたりと、あらゆる面に意識を向けるようにしましょう。ここでは腕時計の扱い方や保管上の注意点、お手入れ方法についてまとめました。

時計は精密機器ですので、扱いには十分な注意が必要です。以下の基本的なポイントを踏まえつつ、大切に扱うようにしてください。

まず、高温あるいは極低温にさらさないようにしてください。ブライトリングの時計は0~50℃の環境で機能するように設計されているため、60℃以上になると故障する危険性が高いです。本体を直射日光に当てることも避けましょう。急激な温度変化にも弱いため、高温の状態からいきなり冷たい水中に浸けるなどの行為も控えてください。表面のガラスが破損する可能性があります。

次に、磁気の強い所に時計を放置しないでください。磁石や電子機器、家庭用機器が形成する磁場などに注意し、できるだけ影響を受けないように距離を保つことが大切です。磁気の影響を受けると、時計が正常に動作しなくなる可能性があります。

また、化学製品や溶剤、有毒ガスなどの物質に時計が触れないよう、十分気を付けてください。例として、石油、シンナー、マニキュア、香水、化粧品、洗浄用製品、のり、塗料などが挙げられます。これらに時計が触れると、ケースが劣化したり耐水性・防水性が低下したり、レザーベルトが変色したりする可能性があります。香水や化粧品などを手首につける場合は、完全に乾くまで時計を装着しないようにしましょう。

そのほか、時計に強い衝撃を与えることは避けてください。時計を落としたり固いものにぶつけたりしないよう、周囲に気を配りながら生活する必要があります。また、時計が濡れた状態でリューズを使用することも厳禁です。スクリューロックリューズを装備しているモデルについては、きちんとリューズがロックされているかどうか、濡らす前に確認しましょう。

腕時計の防水性を保っているガスケット(パッキン)の質は、年とともに衰えていきます。また、部品の摩耗を防ぐ潤滑油も年々劣化していくものです。そこでブライトリングでは、2年に一度のメンテナンス、4~6年に一度のオーバーホールが推奨されています。ダイビングや水泳などで着用する場合は平常よりも強い水圧がかかりますので、そうした環境にいる方は毎年メンテナンス(ガスケット交換および防水テスト)を依頼するとよいでしょう。

このように、プロによる修理・点検も非常に大切なものですが、時計は毎日のように身につけるものですので、日頃のお手入れは欠かせません。ここでは、簡単なお手入れのポイントを紹介します。

時計には汗やほこりが付きやすく、そのまま放置しておくとスチール素材が酸化してしまいます。また、汗やほこりが付いた状態の時計を身につけていると、密着している皮膚が炎症を起こす危険性もあります。こうした事態を予防するため、ブレスレットを歯ブラシと液体せっけんで洗浄し、流水でやさしくすすぎます。ケースは流水ですすぐだけで大丈夫です。その後吸水性のある布で拭きとり、乾かしてください。

レザー素材はメタルなどに比べてデリケートですので、少し別の対応が必要です。レザーは水や汗、湿気、日光、皮脂、汚れ、化学製品(香水や化粧品など)に弱いため、できるだけそれらに触れないように注意してください。濡れてしまった場合は柔らかい布を用いて、やさしく吸い取るようにしましょう。汗や皮脂などの酸性汚れは、弱アルカリ性の重曹とともに保管しておくことで中和され、臭いや菌が抑えられます。よりしっかりとしたお手入れがしたい場合は、ブライトリングのケアキットを使用するとよいでしょう。柔らかな質感や見た目を維持し、レザーベルトの寿命を延ばすことができます。それでもやはり、できるだけダメージを与えないのが一番ですので、水に触れる活動(水泳・川遊びなど)を行う際や、気温・湿度が高く汗をかきやすい環境などでは、メタルブレスかラバーバンドに変更してください。

時計が塩素水・塩水に浸かってしまった場合は、水道水でやさしくすすぎ、成分を洗い流しましょう。その後、吸収性のある布で拭きとってください。

複数コレクションを持っていて、長期間使用しない腕時計があるという場合は、保管の仕方にも注意が必要です。保管場所についてですが、時計が苦手な「高温・極低温」「磁気」「化学製品」を避けた場所を選びましょう。直射日光が当たる場所はもちろん、気温変化の激しい場所も避けた方がよいです。これらをクリアした上で風通しのよい場所を選べば、サビも発生しにくくなります。

時計は蓋つきの入れ物や引き出しの中に保管しておくと、埃を被る心配がありません。また、万が一上から物が落ちてきた場合も、本体に強い衝撃を与えずに済みます。

クォーツ時計の場合は、できれば電池を抜いて保管しましょう。なぜなら、電池切れの状態で長期間放置しておくと液漏れが起こり、内部の故障やダイヤルの腐食に繋がってしまうためです。その時計が普段使いではない場合、電池切れに気づくのが遅れてしまうため、はじめから抜いておくと安心できます。もちろん、一時的に保管する程度であれば、電池を入れたままで問題ありません。

ブライトリングは、正規オーバーホールが高額で、正規品と並行輸入品の販売価格の差も大きいブランドです。購入費用・メンテナンス費用ともに安く抑えたいという方は、一般の時計修理店を上手く活用し、並行輸入品を購入してもよいでしょう。一方、正規品を購入して「クラブ・ブライトリング」のあらゆる特典を享受したいという方は、正規店で購入してもよいかもしれません。クラブ・ブライトリングの会員であれば正規オーバーホールが半額になりますので、一般店の安さには及ばずとも、お得に感じられるでしょう。

購入した金額に対して、オーバーホール料金があまりにも高額になる場合は、思い切って売却するという選択肢もあります。時計買取のピアゾでは、業界屈指のトップバイヤーによる時計の査定・買取が可能です。修理に出す前の時計・故障した時計も買取できますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

★関連記事★

ブライトリング 関連ブログまとめ

 

ブライトリングにまつわるあらゆる情報はこちらから!

ブライトリング愛用の有名人・芸能人の着用モデルをリサーチ!

 

日本でも海外でも人気の高いブライトリング。一体どんな有名人たちが着用しているのでしょうか。俳優やモデル、タレントやハリウッドスターまで!

ブライトリング買取について

ブライトリングの時計買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!

姉妹サイト時計販売QUERIにて、ブライトリングを好評発売中!

ブライトリングはもちろん、ロレックス、オメガ、タグホイヤー、グランドセイコーなどの高級ブランド時計を独自ルートで激安価格にて販売中です!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888