更新日:2022年01月07日

【腕時計用語辞典】タキメーターってなに?機能と使い方解説

タキメーター とは

タキメーターは、クロノグラフ搭載のスポーツウォッチによく付随する機能のひとつで、ズバリ一言で言うと「平均速度が計測できる機能」です。本記事では、タキメーターの機能と使い方、そしてタキメーター機能搭載の人気モデルをご紹介します。クロノグラフの時計を購入検討中の方、実際にクロノグラフの時計を持っているけれど使い方が分からない方はぜひご一読ください。

オメガ スピードマスター クロノスコープ 

ストップウォッチ機能が付いたクロノグラフには、さまざまなメーターが搭載されています。それらのメーターの中で、クロノグラフにもっとも多く採用されているのが「タキメーター」です。クロノグラフの時計を見ると、ベゼルやダイヤルの外周に数字が刻まれていることに気付くでしょう。この部分がタキメーターと呼ばれるもので、速さを測るためのメーターです。

古代ギリシャ語に由来する接頭語「タキ(Tachy)」には速いという意味があり、タキメーター機能搭載のクロノグラフでは平均速度、平均時速を計測することができます。時速を計測できるため、スポーツ関係者や技術者たちに愛用されてきた歴史を持ち、パイロットウォッチやレーシングウォッチといったスポーツウォッチには必ず搭載されている機能です。ちなみに、世界で初めてベゼルにタキメーターを刻んだのは、オメガだといわれています。

タキメーター 

タキメーターを使えば、移動にかかる時間を計ることで時速を割り出すことができます。難しそうに思えるかもしれませんが、タキメーターの使い方は実に簡単です。
まず、移動と同時にクロノグラフ(ストップウォッチ機能)をスタートさせましょう。その後、1kmの時点でストップボタンを押すと、クロノグラフ針が指したタキメーターの数字により平均時速がわかる仕組みになっています。

例えば、高速道路を走行中にクロノグラフをスタートさせ、1km走行した後にストップします。仮に走行時間が30秒かかったなら、クロノグラフ針がタキメーターの120の目盛りを指しますから、平均速度は120Km/hです。

30秒で1km → 1分で2km → 60分で120km(=時速120km)

ですからどのタキメーターを見ても30秒、つまり6時位置の数字が「120」になっていますよね。
また、1km移動するのに1分(60秒)かかったのであれば、クロノグラフ針はちょうど1周しますから、タキメーターは60を示し、つまり時速60kmと読み取れる、というわけです。

時速1,000kmまで計れるタキメーター?!

タキメーターの「最高値」は200や300などが一般的でしたが、レーシングの技術進歩による高速化に伴い、その時代のニーズに合わせてタキメーターで計測できる時速も数値が大きくなりました。現行モデルではタキメーターの数値の最高値は400か500のものが多く、つまり時速400~500kmまでの計測が可能なタキメーターが一般的、ということです。

例外的なモデルもあります。「ロレックス クロノグラフ Ref.6238 プレデイトナ」ではなんと「1000」までの数字が刻まれています。これは実際の計測を目的とするものではなく、デザインの差別化を図ったものでしょう。

ロレックス クロノグラフ Ref.6238 プレデイトナ

現代において“世界最速の車”は、490.49km/hをたたき出したブガッティ「シロンSS300+」や、2020年に532.9km/hを叩き出した米スーパーカーメーカーのSSC(シェルビー・スーパーカーズ)の「トゥアタラ」と言われています。つまりクルマはようやく「時速500kmの世界」に突入し始めたところですから、この時計が製造された1950年代末頃~1960年代頃には最高速度1,000kmを計測するニーズはなかったはず。このプレデイトナのベゼルに刻まれた「600、750、1000」という非現実的な数字は、いつか実現するであろう男のロマンや夢を表現していたのかもしれませんね。

タグホイヤー カレラ テレメーター 

クロノグラフに搭載されているのは、タキメーターだけではありません。テレメーターやパルスメーターと呼ばれる機能も付いていることがありますが、一体どのような機能なのでしょうか?

タキメーターが速さを計るのに対し、テレメーターは距離を測るための機能です。開発当初は、敵陣との距離の測定や大砲の着弾地点の測定など軍事目的で使用されていました。一般的に、テレメーターはクロノグラフ時計のベゼルやダイヤル内に表記されており、音と光の速度差から距離を測ることができます。例えば、空にいなずま(雷)が見えた瞬間にクロノグラフの機能をスタートさせ、音が聞こえたらストップボタンを押しましょう。すると、クロノグラフの秒針が指したテレメーターの数値で、雷と自分がいる場所の距離がわかります。

パルスメーターは脈拍を測るための機能で、主に医療従事者の間で使用されてきました。パルスメーター付きクロノグラフには、15脈舶用と30脈拍用のモデルがあります。脈拍を数え始めると同時にクロノグラフをスタートさせ、それぞれモデルの基準値に合わせて、15回もしくは30回脈拍を数えた時点でストップボタンを押しましょう。その時にクロノグラフの秒針が指した数字が、1分間の脈拍数です。

オメガスピードマスター38 

タキメーター機能搭載の時計はたくさんありますが、その中でもおすすめの人気モデルをご紹介します。

Rolex Cosmograph Daytona 116500LN 

ロレックス(Rolex)、コスモグラフ デイトナ( Cosmograph Daytona)、Ref. 116500LN、40mm、オイスタースチール製、ホワイトダイヤル、自動巻きcal. 4130、定価:1,457,500円(税込)、中古販売相場:4,420,000~4,890,000円前後(2021年11月調査)

タキメーター機能搭載時計の王道といえば、入手困難なロレックスのデイトナでしょう。1950年代に誕生したデイトナは、ロレックスの中でも高性能クロノグラフ機能が採用された唯一のモデルです。コスモグラフ デイトナは、有人月面着陸を目的としたアポロ計画に参加する宇宙飛行士の装備品候補として製造されました。結果的には別の時計が採用されましたが、コスモグラフの名称はそのまま受け継がれることになります。

コスモグラフ デイトナ116500LNは、ロレックスが開発したハイテク セラミック製モノブロック セラクロムベゼルが採用されています。この耐久性に優れたタキメータベゼルはプラチナでコーティングされており、最大時速400マイル(キロ)まで測定可能です。

スピードマスタープロフェッショナル 

オメガ(OMEGA)、スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル コーアクシャル マスター クロノメーター クロノグラフ 42MM(SPEEDMASTER Moonwatch Professional Master Chronometer Chronograph)、Ref. 310.30.42.50.01.001、42mm、ステンレススティール製ケース、ブラックダイヤル、手巻きCal.3861、定価:737,000円(税込)、中古販売相場:780,000~870,000円前後(2021年11月調査)

NASAの月面着陸プロジェクトに採用されたスピードマスター ムーンウォッチですが、こちらのモデルは第4世代スピードマスターのデザインにインスピレーションを得て製造されました。段差を設けたブラックのステップダイヤルを採用し、アルミニウム製のタキメーターベゼルには耐食性を高めるため、酸化皮膜を人工的に生成させる陽極酸化処理が施されています。
このタキメーターベゼルは、90の数字の上にドットがある「ドットオーバー90」と70の数字の斜めにドットが配された「ドット・ダイアゴナル・トゥ 70」が特徴です。

スピードマスターレーシング 

オメガ(OMEGA)、スピードマスター レーシング コーアクシャル マスター クロノメーター クロノグラフ 44.25MM(SPEEDMASTER Racing Co-axial Master Chronometer Chronograph)、Ref. 329.30.44.51.01.001、44mm、ステンレススティール製ケース、ブラックダイヤル、自動巻きCal. 9900、定価:1,034,000円、中古販売相場:600,000~840,000円前後(2021年11月調査)

スピードマスター レーシングの特徴はモデル名の由来にもなっている、ダイヤルに描かれたレーシングスタイルのミニッツトラックです。タキメータースケールには、高い耐食性と強度を誇るハイテク素材のリキッドメタル®が使用されており、コーアクシャルムーブメントを搭載しています。これによりオーバーホールの間隔が8~10年に一度となり、一般的な時計に比べてメンテナンスサイクルが2倍ほど長くなっています。

スピードマスター38 

オメガ(OMEGA)、スピードマスター38 コーアクシャル クロノメーター クロノグラフ 38MM (SPEEDMASTER 38 Co-axial Chronometer Chronograph 38MM)、Ref. 324.30.38.50.03.001、38mm、ステンレススティール製ケース、ブルーダイヤル、自動巻きCal. 3330、定価:605,000円、中古販売相場:390,000~480,000円前後(2021年11月調査)

スピードマスター 38mmは、アルミニウム製リングにタキメータースケールが搭載されています。ネイビーのリングとサンブラッシュ仕上げの爽やかなブルーダイヤルとのコントラストが美しく、ブレスレットのセンターコマが華やかなポリッシュ仕上げになっているユニセックスなモデルです。タキメーター機能搭載の時計として定番のオメガですが、ひと口にスピードマスターと言っても豊富な種類があります。

キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフ  

タグ・ホイヤー(TAG HEUER)、カレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフ(Carrera Calibre Heuer 02 Sport Chronograph)、Ref.CBN2A1B.BA0643、44mm、ステンレススティール製ケース、ブラックダイヤル、自動巻きCal. キャリバー ホイヤー 02、定価:676,500円、中古販売相場:410,000~550,000円前後(2021年11月調査)

サーキュラーサテン仕上げのブラックダイヤルに、高い耐久性を持つブラックセラミック製タキメーターベゼルが搭載されたカレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフは、スポーティーでありながらもエレガントな雰囲気を併せ持つモデルです。高い知名度を誇るタグ・ホイヤーのカレラですが、中古モデルであればかなり手頃な価格で購入可能で、フォーミュラ1ならさらにお手頃価格で手に入れることができます。

カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン 

タグ・ホイヤー(TAG HEUER)、カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン(Carrera Calibre Heuer 02 Tourbillon)、45mm、グレード5チタン製ケース、ブラックのオープンワークダイヤル、自動巻きCal. キャリバー ホイヤー02T COSC、定価:1,991,000円、中古販売相場:960,000~1,390,000円前後(2021年11月調査)

カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨンは、6時位置に超軽量のフライング・トゥールビヨンを搭載したモデルです。シルバートーンのサブダイヤルが3時と9時の位置に付いており、クロノグラフ分とクロノグラフ時を表示します。サテン仕上げのセラミック製タキメーターベゼルは、最大時速400マイルまで測定できます。

クロノマスター A386マニュファクチュール エディション 

ゼニス(ZENITH)、クロノマスター リバイバル A386マニュファクチュール エディション(Chronomaster Revival A386 Manufacture Edition)、Ref. 03.Z386.400/60.C843、38mm、ステンレススティール製ケース、ホワイト×ブルーダイヤル、自動巻きCal. エル・プリメロ 400、定価:1,034,000円、中古販売相場:1,040,000円前後(2021年11月調査)

2021年に製造されたクロノマスター リバイバル A386マニュファクチュール エディションは1969年に誕生したA386 を忠実に再現しており、同じポンプ式プッシュボタン付き38mmのスチール製ラウンドケースが付属しています。
こちらのモデルは、それぞれに色調が異なるブルーのクロノグラフカウンターを配置したダイヤルが特徴です。このブルーのトリコロールダイヤルは、クロノグラフムーブメントの中でも世界最高峰の高精度と評価される「エル・プリメロ」の誕生50 周年を記念する年に、ゼニスのマニュファクチュールの屋根裏で発見されたA386 のプロトタイプを元にしています。

クロノマスターエル・プリメロ オープン 

ゼニス(ZENITH)、クロノマスター エル・プリメロ オープン(Chronomaster El Primero Open)、Ref. 03.2040.4061/69.C496、42mm、ステンレススティール製ケース、シルバーダイヤル、自動巻きCal. エル・プリメロ4061、定価:1,034,000円、中古販売相場:600,000~910,000円前後(2021年11月調査)

タキメーター機能を搭載した時計の定番といわれる、ゼニスのクロノマスター。こちらのモデルは、光の加減で質感や色味が変わるサンレイ仕上げされたダイヤルです。3時位置に30分カウンター、6時位置に12時間カウンター、そして9時位置にスモールセコンドとタキメータースケールを搭載しています。

クロノマット JSP ローマン インデックス 

ブライトリング(BREITLING)、クロノマット JSP ローマン インデックス(Chronomat JSP Roman Index)、Ref. AB0115111B2A1、44mm、ステンレススティール製ケース、自動巻きCal.B01、定価:946,000円、中古販売相場:420,000円前後(2021年11月調査)

スイスの高級時計ブランド・ブライトリングは、1884年の創業当初から懐中型クロノグラフとストップウォッチ搭載の時計を製造し、プロフェッショナルな計器で有名になりました。トップタイム、プレミエ等もタキメーターを搭載していますが、クロノマットはパイロットが理想とする機能美を備えた基幹モデルです。日本限定500本のクロノマット JSP ローマン インデックスはインデックスに蓄光塗料が施されており、視認性が高いモデルとなっています。

グランド・セイコー スプリングドライブ クロノグラフ

タキメーター機能を搭載した時計は、ロレックスやオメガばかりではありません。下記に、タキメーター機能付きのモデルをご紹介します。

インヂュニア クロノグラフ 

アイ・ダブリュ・シー(IWC)、インヂュニア クロノグラフ(Ingenieur Chronograh)、Ref. IW380802、42mm、ステンレススティール製ケース、ブルーダイヤル、自動巻きCal. 69375、定価:984,500円、中古販売相場:710,000円前後(2021年11月調査)

2017年に発売されたインヂュニア クロノグラフは、それまでのインヂュニアからフルモデルチェンジを果たしました。インヂュニアとはドイツ語でエンジニアのことを指し、電磁波の影響を受けやすい技術者たちのために、耐磁性を重視して作られたモデルです。こちらはブルーのダイヤルが美しいクロノグラフモデルで、新開発のステンレススティール製ブレスレットは着け心地の良さを追求しています。

ブラックベイ クロノ 

チューダー(TUDOR)、ブラックベイ クロノ(Black Bay Chrono)、Ref. 79360N、41mm、ステンレススティール製ケース、ホワイト×ブラックダイヤル、自動巻きCal. MT5813 (COSC)、定価:592,900円、中古販売相場:730,000~890,000円前後(2021年11月調査)

1930年代に誕生したチューダーは、ロレックスのディフュージョンブランドとしてハンス・ウィルスドルフ氏によって創立されました。ブラックベイ クロノは、ロレックスのデイトナより入手しやすい人気モデルです。2021年に発売されたこちらのモデルは、タキメーターを刻むブラックベゼルが目を引きます。ホワイトとブラックの2種類のダイヤルタイプがあり、ステンレススティール、レザー、ファブリックの3種類のストラップタイプがあります。

イントラマティック クロノグラフ H 

ハミルトン(HAMILTON)、イントラマティック クロノグラフ H(Intra-Matic Chronograph H)、Ref. H38429110、40mm、ステンレススティール製ケース、ホワイトダイヤル、手巻きCal. H-51、定価:276,100円(税込)、中古販売相場:230,000円前後(2021年11月調査)

2021年発表のイントラマティック クロノグラフ Hは、1968年に発売されたパンダダイヤルと呼ばれる「クロノグラフA」と、逆パンダダイヤルと呼ばれる「クロノグラフ B」をベースに誕生しました。こちらのモデルに搭載された手巻き式クロノグラフムーブメントの H-51キャリバーは新開発のキャリバーで、自らの手で巻き上げる歓びをもたらしてくれます。

レーサークロノグラフ CM2198C-S1CJ-SL 

ボール・ウォッチ(BALL WATCH)、エンジニア ハイドロカーボン レーサークロノグラフ(Engineer Hydrocarbon Racer Chronograph)、Ref.CM2198C-S1CJ-SL、42mm、ステンレススティール製ケース、シルバーダイヤル、自動巻きCal. RR1401-C、定価:407,000円(税込)、中古販売相場:400,000円 前後

1891年に創立した、アメリカ発の時計ブランドであるボール・ウォッチ。こちらは、タキメーターが刻まれたブラックセラミック製ベゼルとシルバーダイヤルのコントラストがよく映えるモデルです。ダイヤルと針には、蓄光を必要としない自発光システムのマイクロ・ガスライトが採用されているので、昼夜を問わず高い視認性を確保します。

ドライバー / ナビゲーションウォッチ 

ジン(Sinn)、ドライバー / ナビゲーションウォッチ(Driver / Navigation Chronographs)、Ref. R500、42mm、グレード5チタン製ケース、ブラックダイヤル、自動巻きCal. ETA Valjoux 7750、定価:770,000円(税込)、中古販売相場:770,000円前後(2021年11月調査)

インナーベゼルにタキメータースケールを備えたR500 は、高精度な時間計測が可能な世界限定300本のレーシングクロノグラフです。12時位置のリユーズに加え、11時と1時の位置にプッシュボタンが付けられており、まるで牛の頭のように見えるため「ブルヘッド クロノグラフ」の異名を取ります。

スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT SBGC242  

グランドセイコー(Grand Seiko)、スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT (Sport Collection Spring Drive Chronograph GMT) 、Ref. SBGC242、43.8mm、ステンレススティール×18Kイエローゴールド製ケース、ネイビーダイヤル、自動巻きCal. 9R86、定価:2,035,000 円(税込)

SBGC242は、ダイヤルに施されたGrand Seikoの印字をはじめ、ベゼルやプッシュボタンなどに18Kイエローゴールドを使用した華やかなスポーツモデルです。セイコーが独自開発したスプリングドライブと呼ばれるムーブメントは、機械式ムーブメントの外観を備えながらも、針の動きを制御する調速機構にはクオーツ式時計で使用される水晶振動子やICを採用。そのため衝撃に強く、月差±15秒程度しか誤差が生じないという圧倒的な精度を誇ります。

スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT SBGC244 

グランドセイコー(Grand Seiko)、スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT (Sport Collection Spring Drive Chronograph GMT)、Ref. SBGC244、43.8mm、ステンレススティール×18Kピンクゴールド製ケース、ブラックダイヤル、自動巻きCal. 9R86、定価:2,035,000 円(税込)

SBGC244はタキメーターベゼルとダイヤルがブラックのセラミックス製で、Grand Seikoの印字やプッシュボタン等には上品な18Kピンクゴールドが配されています。裏スケルトンとも呼ばれるシースルーバック仕様で、裏蓋から精密なムーブメントの動きを覗くことが可能です。

プロスペックス スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッド エディション SBEC007 セイコー10keiya.com/fs/pp10keiya/160123>

セイコー(SEIKO)、プロスペックス スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッド エディション(Prospex SPEEDTIMER Mechanical Chronograh Limited Edition)、Ref. SBEC007、42.5mm、ステンレススティール製ケース、ホワイトダイヤル、自動巻き(手巻き付き)Cal.8R46、定価:352,000円 (税込)

2021年11月発売のプロスペックス スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッド エディションRef. SBEC007は、1964年発売のSEIKO初のクロノグラフ「クラウンクロノ」のオマージュモデルです。数量限定1,000本となっており、シースルーバックの裏蓋にシリアルナンバーが記載されています。

プロスペックス スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッド エディション 

セイコー(SEIKO)、プロスペックス スピードタイマー メカニカルクロノグラフ リミテッド エディション(Prospex SPEEDTIMER Mechanical Chronograh Limited Edition)、Ref. SBEC009、42.5mm、ステンレススティール製ケース、ブラックダイヤル、自動巻き(手巻き付き)Cal.8R46、定価:330,000円 (税込)

SBEC007と同じく、SBEC009にもCal.8R46が搭載されています。シースルーバックになった裏蓋から覗くことができるこのメカニカルクロノグラフムーブメントは、「1969 スピードタイマー」に搭載されたコラムホイールや針飛びのない垂直クラッチ機構を進化させたものです。ハンマー型のプッシュボタンは高い操作性を持ち、クロノグラフ秒針がダイヤル外周に施されたタキメータースケールまで届くため、判読性の高いダイヤルデザインとなっています。

カンパノラ メカニカルコレクション  

シチズン(CITIZEN)、カンパノラ メカニカル コレクション(CAMPANORA Mechanical Collection)、Ref. NZ1000-61E、44mm、ステンレス製ケース、自動巻き(手巻き付き)Cal. Y150、定価:858,000円(税込)、中古販売相場:490,000~850,000円前後(2021年11月調査)

紀元前5世紀の南イタリア・カンパニア地方では、「カンパノラ・ベル」と呼ばれる鐘楼で時刻を伝えていたといいます。シチズンのカンパノラは、この鐘に由来して名付けられました。
カンパノラ メカニカル コレクションRef. NZ1000-61Eは、スイスのラ・ジュー・ペレ(La Joux-Perret SA)社の機械式クロノグラフムーブメントを搭載しています。クロノグラフ機構が付いたスポーツウオッチでありながらも、上品でクラシカルな魅力をたたえた個性的なタイムピースです。

オメガ クロノスコープ 

オメガ(OMEGA)、スピードマスター クロノスコープ コーアクシャル マスター クロノメーター クロノグラフ 43MM(SPEEDMASTER CHRONOSCOPE Co-axial Chronometer Chronograph 43MM)、Ref. 329.30.43.51.03.001、43mm、ステンレススティール製ケース、ブルーダイヤル、手巻きCal. 9908、定価:1,023,000円

1940年代のオメガ クロノグラフの特徴だった、連なる円形の「スネイル」デザインを採用したタキメータースケール、パルスメータースケール、テレメータースケールの3機能搭載モデルです。キャリバー9908は超高耐磁性能ムーブメントで、15,000ガウス以上の磁気にさらされても問題なく動作します。

タグ・ホイヤー カレラ 

現在、タキメーターを実際に使用することはほとんどないかもしれません。しかし、デザイン性の高さゆえに、タキメーター機能を搭載したモデルはいまでも数多く発表されています。高い機能性はもちろん、スポーティーでラグジュアリーな見た目を備えたタキメーター機能搭載モデルはじつに多種多彩ですから、手元に何本あっても困ることはないでしょう。




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888