更新日:2021年03月05日

ノモス(NOMOS)こだわりがあふれる限定シリーズ
と有名人着用モデル

ノモス(NOMOS)のこだわりがあふれる限定シリーズと、着用している有名人について徹底リサーチ!
ノモスはドイツ生まれドイツ育ち、そしてバウハウスの意志を継ぐ意義深いブランドです。ギリシャ語で「秩序と法」を意味するブランド名の通り「シンプル・機能・リーズナブル」を一貫して守り抜いてきました。高いデザイン性を有するブラントのことから、テーマをしぼった限定シリーズ、ドラマでの起用や愛用している有名人を紹介していきます。

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 3-0

ノモス(NOMOS)が愛される理由

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 1.イメージ

腕時計に多少なりとも興味を持ったことがある人はもちろん、デザインプロダクトを好む人であればノモス グラスヒュッテの存在はご存知でしょう。今や、ノモス グラスヒュッテは数多くのコレクションを展開するに至っていますが、すべてに共通するのはラウンドやスリムなライン、直角で構成されたミニマルなデザイン。そのデザインが生まれた地やノモスの市場価格差について紹介します。



ノモスは時計の村生まれ

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 1-1

ノモス グラスヒュッテは1990年にローランド・シュヴェルトナーによって設立されたブランドです。本社を構えるのはベルリンの南でチェコとの国境にほど近い、グラスヒュッテ。グラスヒュッテは森と谷の間に押し込められた小さな町で、とてものどかなところ。

遡ること1845年、この地域でそれまで盛んだった鉱業が資源の減少によって衰退し始めた頃、ザクセン王国の3代目国王であるフリードリヒ・アウグスト2世が、グラスヒュッテに新たに時計産業を興す使命を時計技師フェルナンド・アドルフ・ランゲに与え、以後、この地域の時計産業は発展を遂げていきました。

二つの戦争と東ドイツ時代はグラスヒュッテとその産業に大きな打撃を与えましたが、優れた技術とクオリティはしっかりと継承されました。1990年代以降にこの地で製作された時計は世界中で高い支持を獲得しています。ノモス グラスヒュッテもそんなブランドに 名を連ねるひとつ。現在、ムーブメントの50%以上をグラスヒュッテで生産しているメーカーでなければ“グラスヒュッテ製”を謳えないほどその品質は厳密に管理されていますが、ノモス グラスヒュッテのムーブメントは95%以上のパーツを同地で生産しているというから、クオリティの高さは明白です。こうして、175年以上前からこの小さな町の名前は世界で最も優れた時計の代名詞となり、今日ではその名声はより高くなっています。



160以上受賞した稀有なブランド

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 1-2

ノモスウォッチはグラスヒュッテで手作業で作られています。しかしその佇まいは生まれるのはベルリンです。ベルリンはノモスウォッチのデザインアトリエがあるからです。約12名のデザイナーが日々研鑽を積み重ね、シンプルの中になる機能美を探っているのです。その功績から、ノモスの時計はこれまで160以上もの賞を受賞しています。優れたデザイン、時計作りの技、持続可能性が全世界の愛好家や専門家による審査委員会に評価されてきました。近年の主な受賞アワードとモデルをご紹介します。

Goldene Unruh
「黄金のテンプ」を意味するGoldene Unruhは、毎年新作時計に対し授与される、ドイツで最も権威ある賞のひとつです。参加する時計は、5つのカテゴリーの内のひとつにエントリーします。
2020 メトロ ネオマティック 39 ローズゴールド, カテゴリC—最大10000ユーロ, 1位
   タンジェント スポーツ ネオマティック 42 デイト マリンブラック, カテゴリB—最大5000ユーロ, 1位
2019 アウトバーン・ネオマティック41の日付スポーツグレー, カテゴリB—最大5000ユーロ, 2位
   タンジェント 38, カテゴリA—最大2500ユーロ, 2位

ePDA
European Product Design Award(ePDA)は、デザインの専門家からなる独立審査員によって毎年授与されています。受賞対象となるのは世界各国の21カテゴリーのデザインで、生活をより便利で美しくしてくれる製品に対して授与されます。
2019 タンジェント・ネオマティック41アップデート, 「受賞」

German Design Award
ドイツデザイン協議会によって授与されるGerman Design Awardは、最も名声のある国際的な賞の一つとして知られ、受賞したデザイナーおよび企業はどちらも注目される存在となります。
2019 タンジェント スポーツ ネオマティック 42 デイト
2018 アウトバーン・ネオマティック41の日付, 「ゴールド」

Chrono Award
オーストリア唯一の腕時計コンテストで、候補モデルをスタイルのみならず、いくつかの価格帯に分類し、商業的基準からも審査します。
2016 タンジェント ネオマティック ミッドナイトブルー, カテゴリ 「ビジネスクラス」, 3位
2013 ラドウィッグ 38, カテゴリ 「トレンドセッター」, 3位    etc…

近年だけで見ても、他にも受賞した賞がたくさんあります。すべては書き切れないほどなのです。玄人受けする確かなデザインと品質を保持した時計の証明なのではないでしょうか。



価格に差が出る並行輸入


ノモスは同じモデルの新品でも、出品店によって販売価格がだいぶ違うと思ったことはないですか。この価格差は「国内正規品」か「並行輸入品」かという違いによるもの。ちなみに並行輸入とは違法ではなくれっきとした流通経路の1つで、並行輸入店が海外正規小売店や中間卸商から商品を買い付けることで国内へ流通する輸入品のことです。例えば海外旅行の免税店。並行輸入品は、本来そういった海外正規店の店頭に並ぶ商品を外国で買い付けて、日本国内で販売している商品なのです。

並行輸入品は流通時にメーカーを通らないので、メーカーが設定する日本向けの定価にとらわれることなく自由な価格で販売することができるます。このようにメーカー希望小売価格よりも大幅に安く販売されることが多いのですが、ロレックスやパテックフィリップなど例外のブランドも存在します。



こだわりがあふれる限定シリーズ

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 限定モデルイメージ

ノモスはバウハウス調(合理・機能主義的芸術)のシンプルなデザインが特徴で「LESS IS MORE」(より少ないことは、より豊かなこと)この言葉を体現したようなこの腕時計を生み出しています。しかしそこにテーマをもたせることで、一風変わったおもしろいシリーズを展開しているブランドであることをご存知でしょうか。シンプルをつらぬきつつ、テーマを追求することでよりテーマが明確になります。そんなシリーズをご紹介!



常に愛される定番シリーズ

ノモスの定番シリーズはどれも清潔感とエレガントさを兼ね備えた優秀デザイン。飽きの来ないデザインは世界中から愛されています。



ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 定番

右上:タンジェント
ノモスウォッチの縮図。シンプルイズベスト。余白の美。ラウンドケースと多くの直角で構成されたタンジェントは、グラスヒュッテの時計製造会社を体現。タンジェントは25年間にわたり絶え間ないベストセラーであり、デザインクラシックを明確にしているモデルです。



左:タンジェント・スポーツ
ノモス グラスヒュッテの新しい自動巻きのスタンダード、ネオマティック。進化を続けるモデルは革新的な日付表示機能だけでなく、堅牢性、防水性に優れ、且つメタルブレスレットを装着。タンジェント・スポーツは、グラスヒュッテにおける時計製作技術の最先端を体現しています。



右下:テトラ
テトラはノモス グラスヒュッテが創業時より展開している定番コレクション。ミニマルなダイアルデザインと29.5×29.5mmのスクエアケースを組み合わせたモデル。多彩なダイヤルカラーを纏うことが多いのが特徴。ドイツにあった芸術とデザインの総合学校であるバウハウスを引き合いに出されることも多く、それは、ルイス・サリヴァンが提唱し、のちにバウハウスのポリシーにもなった「形態は常に機能に従う」を範としたデザインです。



ベートーヴェンにちなんだ「テトラ シンフォニー」

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)は世界で最も有名な作曲家のひとり。ドイツのボンで生を受けたベートーヴェンを誇りに感じ、バッハやブラームスと並んで3Bと称するドイツ人にとって、彼の生誕250年を迎える2020年は特別な年。それを証明するかのように、ドイツ生まれであることを誇りにしているノモス・グラスヒュッテより、ベートーヴェンにちなんだモデル名を冠した4つのモデル「テトラ シンフォニー」が発表されました。ベースとなった「テトラ」はこれまでも独特なダイアルカラーを採用してきたが、今回の「テトラ シンフォニー」で新たに4色を追加した形です。



ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 2-2

右から:ターコイズブルー 447 TT1A1GE2
「テトラ Unsterbliche Geliebte(不滅の恋人)」-1812 年の手紙でベートーヴェンが愛を忠節に誓った相手。
針: ローズゴールド
ストラップ: ベロアレザー グレー
1812年の手紙の中で、ベートーヴェンは「不滅の恋人」に愛と忠節を誓いました。誰に宛てた手紙だったのか、現在も謎に包まれたままですが、それでも確実なことがあります。ノモスの新シリーズ「シンフォニー」の「テトラ Unsterbliche Geliebte(不滅の恋人)」は、ターコイズブルーの文字盤とゴールドの針で、あらゆる人の心をときめかせます。最愛の人の心をも。

オリーブ色 445 TT1A1GE2
「テトラ Ode an die Freude -(歓喜 の歌)」第九第4楽章のフレーズ。
針: ローズゴールド
ストラップ: ベロアレザー グレー
スクエア型のノモスの定番を新しい音色で。美しいオリーブグリーンの文字盤の手巻きモデル「テトラ Ode an die Freude(歓喜の歌)」は、ある作曲家にちなみます。それはテトラ同様、ドイツが誇る「Made in Germany」、交響曲第九番でシラーの詩『歓喜に寄す』に曲をつけたベートーヴェンです。「欧州の歌」に採択されたこの歌は、歓喜のメロディそのものとなりました。リズムに合わせ、テトラが時を刻みます。

コッパー(銅色)443 TT1A1GE2
「テトラ Gotterfunken(神々の霊感)」- 第九コーラス部の最初のフレーズ。
針: ローズゴールド
ストラップ: ベロアレザー グレー
美しいハーモニーで時を刻む、「テトラ」モデルの新シリーズ「シンフォニー」。「テトラGotterfunken(神々の霊感)」はその名に幸福を宿しています。ベートーヴェンの交響曲第九番で知られる『歓喜の歌』の最初のフレーズにちなんで名付けられたこのモデルは、神の霊感の閃光を腕元に与えます。手巻き式モデルのテトラの文字盤は銅色に、針は黄金色に輝きます。

ダーク ブルー 449 TT1A1GE2
「テトラ Fidelio(フィデリオ)」 - ベートーヴェン唯一のオペラのタイトル。
針: ロジウムメッキ
ストラップ: ベロアレザー グレー
腕元にハッピーエンドを。ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』とノモスの新シリーズ「シンフォニー」の「テトラ Fidelio(フィデリオ)」との共通点は名前だけではありません。壮大な愛の告白も、英雄的な救出劇も、「名付けようのない歓喜」を得ることも、この時計でなら叶うはず。文字盤を輝かせる色はもちろん、忠節の色フィデリオブルーです。

~仕様・参考価格~
◆キャリバー:自社製ノモスキャリバー、手巻き
◆サイズ: サイズ 29.5 x 29.5mm / 厚さ :6.5mm
◆ケース: ステンレススチール, 2 ピース, サファイアクリスタルガラス,4 点ネジ留め
◆ガラス: サファイヤクリスタルガラス
◆ストラップ: ベロアレザー グレー/ ラグ幅: ラグ幅 18mm
◆防水性: 約 3 気圧( 日常生活防水)
※ケースバックは選択可能

ノモス・グラスヒュッテ ノモス ベートーベン 裏

サファイヤクリスタルバック 297,000円
ステンレススチールバック  269,500円(ともに参考定価)

29.5×29.5mmのサイズは女性はもちろんのこと、スモールサイズが人気の現在、男性の手首にも上品に収まってくれます。



"染め"を使った日本限定2020年新作「Four Seasons」


ドイツの伝説的デザイン学校「バウハウス」の創立100周年である2019年、そして東京オリンピックが開催される2020年。この記念すべき節目の1年を「四季」を通して祝福するものとして、ドイツの高品質なモノ作りと日本の伝統工芸を融合した日本限定モデル、ノモス グラスヒュッテ、Limited Edition Japan「Four Seasons」が登場。
「バウハウス」の精神を色濃く反映した定番モデル「タンジェント」がベースとなり、ドイツの工業製品を象徴します。それに対し、日本を象徴するものとしては草木染という伝統技術と日本の四季を取り上げ、ストラップにそれを表現しました。「Four Seasons」は、2019年9月に「秋・茜」「冬・屋久杉」モデルが、2020年3月に「春・槐樹(えんじゅ)」「夏・藍」モデルが発売。6.6mmと極薄設計のシンプルな時計の中に、これでもかと四季の移ろいが表現されているシリーズです。



ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 2-3

左上から
春:TN33HARU(33mmモデル) 245,000円(限定40本)
  TN35HARU(35mmモデル) 260,000円(限定60本)

草木染のストラップ「槐(えんじゅ)」は、夏の暑い盛りに花が咲き始め、染色には蕾を使用。武士の誉を称える木としても知られており、鮮やかな黄色を染める貴重な染料です。文字盤のリングは春の若草をイメージしたライトグリーン。こちらも針はクールなロジウムメッキ。インデックスはダークグリーンです。33mmモデルが限定40本生産、35mmモデルが限定60本生産、合わせて100本しか存在しないプレミアモデルです。

夏:TN38NATSU (38mmモデル) 280,000円(限定100本)
草木染のストラップ「藍(あい)」は、古来、中国から伝わり、江戸時代には庶民の色として親しまれました。着物や手ぬぐいなどで多用され、日本独特の色といっても過言ではありません。殺菌作用が強く、染めた衣服で皮膚病や毒虫を防ぐ意味合いもありました。現在では徳島や宮崎、北海道などで栽培されていますが、年々生産量が減少しています。本製品では、江戸時代より特上と評された、徳島産の小上粉の藍草を発酵させた[すくも]を主に使い建染めで染め重ねています。文字盤のリングは少し薄めのブルー。針は藍にぴったりのブルースチール。インデックスもダークブルーです。

秋:TN33AKI (33mmモデル) 245,000円(限定40本)
  TN35AKI (35mmモデル) 260,000円(限定60本)
草木染のストラップ「茜(あかね)」は、根が赤い事から[あかね]と名が付いています。この根は、浄血、解毒、強壮の作用があるとされ、更には、日本で最も古くから使われた赤系の染料。古くから日の丸の赤はこの染料で染められています。文字盤のリングと色を合わせ、針は温かみを感じるゴールド、インデックスはモカブラウンです。

冬:TN35FUYU (35mmモデル) 260,000円(限定100本)
草木染のストラップ「屋久杉(やくすぎ)」は、家具を作るときなどに出るくずと屋久杉の葉を合わせ、何日もかけて煮出した染液を使い、屋久杉の奥に眠る色の素を取り出します。独特の技術を要することで、なかなか珍しい色であり、一日かかってやっと一枚の布が染め上がるほどの希少性を持ち合わせます。文字盤のリングと色を合わせ、針はクールなロジウムメッキで、インデックスはクリスマスを連想するようなグリーンです。

ケース裏側はもちろん、自社製キャリバー「α」を眺めることができるサファイアガラスのシースルーバック。日本限定モデルとしての特別な刻印、「LIMITED EDITION JAPAN FOUR SEASONS」、そしてシリアル番号も入っています。各100本限定は少な過ぎませんかね?※価格はすべて参考定価です。



ノモス有名人着用モデル

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル

ノモスはグラスヒュッテの伝統に則った、高度な製品を展開しているにもかかわらず非常にリーズナブル。ほとんどのモデルが20万円~30万円台で購入することができます。それは、ノモスの企業努力に他なりません。24時間工場を稼働させ「量産体制を強化する」「無駄な広告はしない」などを徹底。
また「共有パーツを多く使用する」「シンプル機構を利用した組み立ての簡略化」といったシンプルなデザインを利用したコストカットは大きな成果をあげるだけでなく、ノモスの大きな特徴として世間に印象づけました。ちょっと良い時計が欲しい。でも予算に限りがある。そんなニーズを満たしてくれるとあって、20代・30代の若い世代から圧倒的な人気を得ています。今回はノモスを着用した有名人とその起用ドラマをご紹介します!



俳優 瑛太さん ノモス タンジェントスポーツ Ref.TS1A1S2

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 瑛多

2013年1月から放送されたTVドラマ『最高の離婚』で瑛太さんが着用していたのはノモス タンジェントスポーツ Ref.TS1A1S2です。言わずと知れたノモス・グラスヒュッテの代名詞モデル。手巻き(NOMOS α)42時間パワーリザーブ36.5mm/100m防水。精悍なダークグレーダイアルに、ノモスでは珍しい夜光インデックスが配されており、タンジェントのなかではアクティブな印象の強いモデルです。
『最高の離婚』は主演は瑛太、Wヒロインは尾野真千子、真木ようこ。物語の舞台は中目黒の住宅街(お花見スポットで有名)でおしゃれ。神経質な濱崎光生(瑛太)と、がさつな妻・結夏(尾野真千子)、日頃から細かいことで言い争いの耐えないふたりが、性格の不一致が積み重なりついに離婚を決意するところがドラマの始まり。結婚の在り方や家族について描いたラブコメディドラマで大ヒットしました。再放送の頻度も高めで、また目にする機会があるかも? この几帳面な性格の濱崎光生にはノモス タンジェントスポーツ Ref.TS1A1S2ぴったり。ドラマ内での着用頻度も高く、ドラマ放映中は取り扱い店に問い合わせの連絡があったほど!



女優 木村佳乃さん ノモス タンジェント Ref.TN1A1W1 

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 木村佳乃

TBSテレビ系金曜ドラマ『恋する母たち』で木村佳乃さんが着用していたのはノモス タンジェント Ref.TN1A1W1です。1992年の誕生以来、継承されてきたクラシックサイズの35mmケースに自社製手巻きムーブメントのCal.αを搭載。バウハウス時代を彷彿させるタイポグラフィや青焼き針が好相性なエレガントさも感じる1本。ストラップはホーウィン社製シェルコードバンを使用。約43時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)。
ドラマ『恋する母たち』は原作・柴門ふみさん、脚本・大石静さんの極上のラブストーリー。木村佳乃さんは夫が失踪してから長男・研との2人暮らしで、駅前不動産屋でパート勤務をしている・石渡杏役。前向きに頑張る美しく楽しい木村さんは画面越しからでも透明感がすごい! Ref.TN1A1W1は、そんな彼女の手元を彩るにはベストマッチな時計です。



女優 稲森いずみさん ノモス ミニマティック シャンパーニュ Ref.MM130011CH2

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 稲盛

TVドラマ『ドロ刑 - 警視庁捜査三課-』で稲森いずみさんが着用していたのはノモス ミニマティック シャンパーニュ Ref.MM130011CH2です。新型自社キャリバーDUW3001搭載モデル パワーリザーブ約42時間 ムーブメントの厚さはわずか3.2mmとなり、全回転ローターによる両方向自動巻機構です。淡い色でまとまったおしゃれな1本ですが、機能性は折り紙付き。
ドラマ『ドロ刑 - 警視庁捜査三課-』で、婦警役の稲森いずみさんが着用しています。いくつになっても稲森さんは細くはかなげ。そんな彼女のたおやかさにぴったり。



女優 吉高由里子さん ノモス テトラ Ref.TT1A1W1 

ノモス・グラスヒュッテ ノモス シリーズ有名人着用モデル 吉高

日曜劇場ドラマ『危険なビーナス』で吉高由里子さんが着用していたのはノモス テトラ Ref.TT1A1W1です。ドイツデザインらしい、ソリッド感に溢れ、シンプルの極みとも言える無駄のないデザインが特徴のノモスの中でも定番シリーズなのが「テトラ」です。 ノモス自社開発手巻きムーブメント「キャリバー アルファα」搭載し、コードバンストラップを配した1本。
東野圭吾さん原作の日曜劇場ドラマ『危険なビーナス』は壮大な謎と人間の欲望が絡み合う“危険な”ラブサスペンス。
吉高さんは明るく聡明ですが、どこかミステリアスな雰囲気を放つ矢神楓役。伯朗(妻夫木聡さん)の弟・明人(染谷将太さん)の妻だと名乗る謎の女です。矢神家直属の血を引く明人は、総額30億とも言われる遺産の相続権を持つ。現当主が危篤状態に陥ったことで、遺産を狙う親族の誰かがさらったのではと楓は疑っているのです。
美人に弱い伯朗は楓を放っておくこともできず、巨額の遺産が絡んだ矢神家の争いに巻き込まれていくとも知らず、共に明人の行方を追うことに。そんな中、伯朗は「弟の妻」である楓の魅力に次第に惹かれていき……。高潔で憎めない謎の女。エレガントさとつかめない人柄を演じる吉高さんの腕にRef.TT1A1W1はぴったり。



ノモス評価-まとめ-


今回はノモスの歴史やモデル、身につけている有名人とそのモデルについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ブランドの考え方を知り、ドラマの役柄や有名人の趣味嗜好にあわせた“時計の選び方”を見ていると、そのモデルがどんなイメージや雰囲気があるのかわかりやすいですよね。以下の関連記事も合わせて、ぜひ時計選びの参考にしてみてくださいね。



★関連記事★
★関連記事★

ノモス・グラスヒュッテ買取について

ノモス・グラスヒュッテ 買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!



最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888