更新日:2020年04月15日

ロレックス、チューダー、パテック フィリップ、シャネル、ショパールがバーゼルワールド撤退を表明!!

ロレックス、チューダー、パテック フィリップ、シャネル、ショパールがバーゼルワールド撤退を表明!!

衝撃のニュースが飛び込みました! ロレックス、パテック フィリップ、チューダー、シャネル、ショパールが、世界最大の時計・宝飾見本市バーゼルワールドを去り、Watches&Wonders(旧SIHH)の主催者であるFHH(Fondation Haute Horlogerie)と共同で、新たにジュネーブを拠点としたサロンを発足すると正式な共同声明が発表されました。 新しい見本市は、2021年4月上旬にWatches&Wonders Genevaと同時期に、Watches&Wonders Genevaの会場でもあるジュネーブのパレクスポ (Palexpo)で開催予定とのこと。

バーゼルワールド離脱の理由とは?

主要な5ブランドがバーゼル撤退を表明

ロレックス、チューダー、パテック フィリップ、シャネル、ショパールがバーゼルワールド撤退するにあたり、その声明では「バーゼルワールド離脱の理由」として以下の点が挙げられています。

  • 2021年1月までの見本市延期など、バーゼルワールド経営陣(MCH)による協議なしの決定がなされたこと
  • 出展料の返金処理などが受け入れ難い内容だったこと
  • バーゼルワールドがもはやブランドのニーズや期待に応えられないと判断したこと

すでに1週間ほど前、スイスの新聞「Le Temps」は、出展ブランドがバーゼルワールド側に対して圧力をかけており、「出展料が全額払い戻しされないのであれば撤退する」という旨の書簡が送られたことを報じていました。この書簡には出展者委員会のトップにしてロレックスのCIOであるHubert du Plessix氏の署名が記されていました。

バーゼルワールド経営陣の反応は?

この声明に対し、バーゼルワールドを運営するMCHグループは「大きな驚きであると同時に非常な遺憾である」と述べています。(後掲プレスリリース参照)
同時に「バーゼルワールド2020のやむを得ない延期のための新しい日程は、主要な出展者と共同で決定された」と主張しており、両者の言い分には食い違いが見受けられます。

「寝耳に水」といった反応を見せているMCHグループですが、さらに「バーゼルワールドの継続と長期的な発展に向けた投資を決定する予定」と強気な姿勢を見せています。正直なところ、これだけの主要ブランドがごっそりと抜けてしまっては、それは現実的ではないように思われますが・・・。

プレスリリースより
PRESS RELEASE | 14 APRIL 2020

MCH GROUP IS SURPRISED AT THE STATEMENTS MADE REGARDING THE BASELWORLD CANCELLATIONS

Basel, Switzerland, 14 April 2020 – It is with great surprise and equally great regret that the MCH Group takes note of the cancellation of major exhibitors at Baselworld. The new date for the unavoidable postponement of Baselworld 2020 was defined jointly with leading exhibitors. The objective was to find the earliest and best possible date for the industry following the Covid-19 related measures. The companies now "migrating" - including Rolex - spoke out in favour of a postponement to January 2021. They are also represented on the Exhibitors' Committee, where the future vision of Baselworld has been discussed on several occasions and has met with a positive response, as was also evidenced by countless individual discussions. The intention to move to Geneva has never been mentioned. The MCH Group must therefore conclude that the relevant plans have been in preparation for some time and that the discussions concerning the financial arrangements for the cancellation of Baselworld 2020 are now being put forward as an argument.

On the basis of the positive and supportive feedback received from exhibitors, especially the small and medium-sized exhibitors from the watch, jewellery, gemstone and supplier industries, the MCH Group decided last year to invest substantial sums in the further development of Baselworld and in the establishment of additional digital platforms. The MCH Group is convinced that, in addition to a physical platform, a connection with the community must be maintained throughout the year. More than ever before, it sees an opportunity to develop a modern platform in the watch and jewellery industry for brands that do not rely primarily on tradition, but above all on innovation. In the next few weeks, the MCH Group will be making a decision on the continuation of Baselworld and on investments in its further development, which is geared to the long term.

バーゼルワールドは今後どうなる?

ロレックス、チューダー、パテック フィリップ、シャネル、ショパールがバーゼルワールド撤退を表明!バーゼルワールドは今後どうなる?

すでに2018年にオメガなどを擁するスウォッチグループが脱退し、ブライトリングや日本のセイコー、シチズン、カシオといったブランドも相次いで不参加となっていたバーゼルワールド。今回この5ブランドが去ってしまうと、バーゼルワールドに残る主要ブランドはもはやブルガリ、ウブロ、ゼニスらを擁するLVMHグループのみという状態。

しかしLVMHもすでにブルガリを中心として独自に「ジュネーヴ・ウォッチ・デイズ(Geneva Watch Days 2020)」という展示イベントを8月に開催する旨を発表しており、最終的にバーゼルワールドを離脱する可能性はかなり高いのではないでしょうか。

「ジュネーブ ウォッチ デイズ 2020」8月26-29日に開催

ブルガリが提唱する新たな新作発表の場として分散型イベント “Geneva Watch Days 2020”。開催は8月に延期が決定。

スイス時計業界の象徴的存在として長く君臨してきたバーゼルワールドですが、いよいよ終わりの時が近づいてきているのかもしれません。中小のブランドや、独立系のウォッチメーカーの動向も気になるところですね。

ロレックスやパテック フィリップを筆頭とする新たなショーイベントの詳細はまだ明らかにされていませんが、続報が入り次第お伝えして参ります!


最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888