更新日:2017年10月03日

ロレックス デイトナ 16520 MK1~3ベゼルの見分け方

ロレックス デイトナ 16520 MK1~3ベゼルの見分け方 1988年~2000年まで12年間生産されたデイトナ16520には様々な細かい仕様変更があり、その違いによって買取価格や販売価格に数十~数百万円の差が生じます。
前頁では文字盤のMK-1~MK-6の見分け方についてお伝えしましたが、
文字盤同様、ベゼル上に刻印された平均時速を算出するための”タキメータースケール”もまた、その仕様の違いによって、
  • MK 1 通称”200タキ”
  • MK 2 通称”225タキ”
  • MK 3
に分類されています。

一部ではMK-3以降さらにMK-6まで細分化する説もあるようですが、
あまりにも差が分かりにくく、さらに現時点ではMK-4からMK-6の相場に差はないという観点から、 ピアゾでは大まかに3種類に分類する説について解説したいと思います。

MK 1 通称”200タキ”

ロレックスデイトナ16250 ベゼル MK1 200タキ ・最大値200

初代デイトナから3代目Ref.6263までと同じ、最大値が”200”のタイプで、”200タキ”と呼ばれる。

最小値も”50”からとなっており、MK-2、MK-3の"60”と異なる。
生産期間は1988~1989年頃のたった1年程度で、R・L品番のみに存在し、希少性が高い。

MK 2 通称”225タキ”

ロレックスデイトナ16250 ベゼル MK2 225タキ ・225&250

これ以降、最小値は60、最大値は400となる。
ベゼルの3時位置に”225”が刻印されているため”225タキ”と呼ばれる。
その上に250があるのも特徴。
1989年ごろ製造され、こちらも生産期間が短く個体数が少ないため、相場は高め。

MK 3

ロレックスデイトナ16250 ベゼル MK3 通常400 ・通常400タキ

MM-2との違いは、”225&250”の代わりに3時位置に”240”を配置した点。

1989年以降生産され、現行モデルのデイトナも同じ60~400を採用している。


ロレックス デイトナ 16520 MK1~3ベゼルの見分け方まとめ

▼ロレックスデイトナ16250 ベゼル ”MK1” ”200タキ” 最小値は50▼
ロレックスデイトナ16250 ベゼル MK1 200タキ 最小値は50


▼ロレックスデイトナ16250 ベゼル ”MK2” ”225タキ” 最小値は60▼
ロレックスデイトナ16250 ベゼル MK2 225タキ 最小値は60


▼ロレックスデイトナ16250 ベゼル ”MK3” 通常400 最小値は60▼
ロレックスデイトナ16250 ベゼル MK3 通常400 最小値は60

→次は初期型に見られる「カマボコケース」を解説!

<<  1  |  2  | 3 | 4 | 5 |  6 |  7 |  8  >>


ロレックス デイトナ REF.16520の買取価格相場や買取実績を多数掲載中!
腕時計買取や売却のことなら、業者9社から一括査定を受けて一番高額な買取り価格で売却可能なピアゾまでお問合せください!
国内のみでなく海外オークション等も調査し、納得の価格を提示!海外バイヤーとも提携し、高価買取を実現しています。


最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888