更新日:2020年02月25日

シチズン、バーゼルワールド出展中止を決定

【速報!】シチズンがバーゼルワールド出展取り止めを発表!

2020年2月24日、バーゼルワールド事務局はシチズンおよびシチズンウォッチグループに属するブローバ(BULOVA)がバーゼルワールド2020への出展中止したことを発表しました。2月20日にバーゼルワールド事務局が「順調に準備を進めている」という旨のプレスリリースをしたばかりのタイミングでのこの決定に、少なからず衝撃を受けた時計業界関係者も多いのではないでしょうか。

ウォッチ&ワンダー ジュネーブとの連続開催のため、バーゼルワールドのスケジュールが今年度から4月下旬へと変更され、販売・宣伝スケジュールをの変更が難しい、という理由で、セイコー(SEIKO)、グランドセイコー(GRAND SEIKO)、カシオ(CASIO)といった日本のブランドがバーゼルワールドからの撤退を相次いで発表していましたが、シチズンはあえて出展続行を表明していました。
しかし、ここへ来て「新型コロナウイルスの感染拡大」という、予想だにしていなかった新たな障壁が現れ、ついにバーゼルワールドの参加中止を発表したのです。

以下に、BASELWORLDのプレスリリースを掲載します。

CITIZEN AND BULOVA ARE, WITH MUCH REGRET, WITHDRAWING FROM THE 2020 EDITION OF BASELWORLD BECAUSE OF THE CORONAVIRUS

“We deeply regret the decision of our friends in Japan and the U.S. to withdraw from the next Baselworld due to the Coronavirus. Loyal to Baselworld for more than 30 years (since 1986), the Citizen and Bulova brands, which belong to the Japanese Citizen Watch Group, have made this painful decision not without regrets, and have assured us of their return in 2021," said Michel Loris-Melikoff, Managing Director of Baselworld.“

Norio Takeuchi. Managing Director of Citizen Watch Co. said: “The Citizen Watch Group strongly supports Baselworld in its project and transformation. We believe in the importance of a major event bringing together the entire watch industry.“

This year, the Citizen and Bulova brands will try to make up for this absence with several local events in their respective countries.

Michel Loris-Melikoff, Managing Director of Baselworld added: “We remain focused on the preparation of the 2020 edition of Baselworld, the set-up schedule remains unchanged, and we are looking forward to unveiling the many new features and new formats we are preparing for the coming show. As far as the Coronavirus is concerned, we are closely monitoring developments with the health authorities. We remain extremely attentive on a daily basis. To date, I can confirm that Baselworld will take place as scheduled from 30 April to 5 May 2020.“

シチズン、来年のバーゼルワールドには復帰を表明

ついに最後の砦(?)、シチズンのバーゼルワールド離脱。「シチズンよ、お前もか・・・」なんて呟きたくもなりますが、政府も2月25日時点でイベント開催について「一律自粛することは要請しないものの、集団感染がある地域ではイベントの自粛を検討することを求めている」わけですし、企業としては致し方ない決定なのかもしれませんね。
プレスリリースによると、シチズンはバーゼルワールド2021ではカムバックすると表明しているようですから、あくまでも今回は新型コロナウィルスの感染拡大のため非常に残念ながら下した決定、ということのようです。

今年度はスウォッチグループの”Time to Move”も中止されてしまいましたし、ウォッチ&ワンダージュネーブとバーゼルワールドは無事開催されることを祈るばかりです!引き続き動向から目が離せませんね!また新情報が入り次第、お伝えします!

▼こちらもおすすめ▼

ウォッチ&ワンダー2020新作情報速報

2020年4月25日(土)~4月29日(水)にジュネーブで開催されるリシュモングループ中心の新作発表会「W&WG」を大特集!


バーゼルワールド2020新作特集

2020年4月30日(木)~5月5日(火)開催!BASELWORLD2020新作を速報でご紹介!



最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888