更新日:2020年03月19日

バーゼルワールド 2020 ロレックス大胆予想!


今年もいよいよ迫ってきたバーゼルワールド!
2020年は出店店舗が減少してしまったのですが、やはり時計界の王様、「ロレックス」は不動の注目度です!! ロレックスマニアたちによる予想やうわさが飛び交っているのも、ロレックスならでは!
今回は主に海外サイトの最新情報を元に、バーゼルワールド2020 ロレックスの大胆予想をしていきます!

★参考記事はこちら★
  • Baselworld 2020 ROLEX

    バーゼルワールド2020年 ロレックス予想




バーゼルワールド 2020 ロレックス新作予想6選!


バーゼルワールド、2020、ロレックス、予想、スイス

バーゼルワールドの中でも、毎年多くの来場客を魅了するロレックス
昨年はバーゼルワールド開催1日目にして、多くの新作情報が流出してしまうほど、情報に需要があるロレックスには注目が集中します。
そんな中、毎年フェア開催前には多くの予想やうわさが流れます。
特に海外では、大手時計ショップのコンテンツやトップブロガーなどもこぞって予想をたてているんです!
ロレックスや腕時計にかなり精通したマニアたちが、これまでの統計などをもとにたてた予想は、思わず納得してしまうような説得力があるものも多々あります。
今回はそんな中でも注目されているサイトの情報を元に予想&うわさ6選をご紹介します。

★関連記事★

バーゼルワールド ロレックス予想その①ハルクがディスコン!生産停止


バーゼルワールド、2020、ロレックス、予想、ハルク、サブマリーナ

人気の高いサブマリーナについてのうわさは毎年恒例です。
そんな中、今年注目されたのがRef.116610LV 通称「ハルク」グリーンサブの生産停止予想です。

このモデルは2003年のロレックス50周年を記念して作られたRef.16610LVが7年後の2010年に、116610LVとしてアップデートされたものです。
海外で人気の高いハルクの生産停止、あまり現実的ではない気もしますが、これはメーカー側からの要請が採用されたといううわさもあります。 116610LVにアップデートされてからちょうど10年となる今年を節目に、生産停止となってしまうのでしょうか?! 最新情報が気になりますね。
グリーンサブの生産終了についてさらに詳しい関連記事も併せてご参照ください。
★関連記事★




バーゼルワールド ロレックス予想その②エクスプローラーがアップデート!


バーゼルワールド、2020、予想、エクスプローラー

エクスプローラーの新作を待っているファンは多いのではないですよね。
2020年の今年、新作の発表はあるのでしょうか?!

近年、エクスプローラーⅡの価格が400ユーロも上がったのに対し、エクスプローラーは150ユーロほどしか値上がりせずに、ほぼ価格をキープした状態にあります。
そこでマニアたちは、今まで価格を抑えていたエクスプローラーが価格を上げて新作発表に挑む時期ではないかと予想しているようです。 国内でも人気の高いエクスプローラーは流動量も多いため、日本市場の注目度が高くなりそうですね。



バーゼルワールド ロレックス予想その③エクスプローラーⅡセラミックべセルとCal.3285搭載


バーゼルワールド、2020、ロレックス、予想、エクスプローラーⅡ

次に注目されているのが、エクスプローラーⅡセラミックベゼル使用です。
近年、ロレックスではデイトナヨットマスターにセラミックを使用したものを発表していますね。
次はエクスプローラーⅡにセラミックベゼルが採用されるのではないかという予想は、他のサイトでも多々出ています。
また、もしこの使用変更がある場合、Cal.3285が搭載されるといううわさもあります。 すでに GMT-マスターに搭載されているCal.3285が、セラミックベゼルのエクスプローラーⅡに採用されるとなると、会場でもかなり注目度が高まりそうですね。



バーゼルワールド ロレックス予想その④サブマリーナモデルチェンジ!


バーゼルワールド、2020、ロレックス、予想、サブマリーナ

サブマリーナが最後にモデルチェンジしたのは2010年のこと。
10年ごとにモデルチェンジしているサブマリーナですから、バーゼルワールド2020でもモデルチェンジ発表はあり得る予想ですね。
ちなみにサブマリーナは最近新しいキャリバー世代が発表されています。(116610LNなど)
文字盤の6時のところに、ロレックスの小さなクラウンマークを挟んで”SWISS”と”MADE”の文字が記されているのが特徴です。
サブマリーナデイトに使われたCal.3135の他にもヨットマスター40、デイトジャスト41、シーデューラーに使われたCal.3235など新型ムーブメントも続々と発表されています。



バーゼルワールド ロレックス予想その⑤エアキング ディスコン!


バーゼルワールド、2020、ロレックス、予想、エアキング

ロレックスで一番古いペットネームのエアキングが生産停止となってしまったら、ファンにはショックが大きいのではないでしょうか?
1930~40年代に航空会社と共同開発のもと生まれたエアキング。
独特な色使いやロゴでコアなファンも多くいます。
しかし、エアキングの開発中だったプロジェクトが2018年に破産してしまったことがきっかけで、ロレックスはこれまでの研究結果を途中で手放さなければいけなくなりました。
それから2年が経過した現在まであまり動きがみられないことから、バーゼルワールド2020ではディスコン発表があるのではないかとささやかれているようです。



バーゼルワールド ロレックス予想その⑥デイトナとミルガウスのセラミックバージョン!


バーゼルワールド、2020、ロレックス、予想、ミルガウス

最近耳にするうわさの一つが、デイトナ全モデルをセラミック仕様にするということです。
現状では、オイスターフレックスのSSとゴールドモデルにセラミックベゼルが使用されています。
今後さらにセラミックベゼルにアップデートされることが予想されます。
また、ロレックスの中で最もミルガウスも6543のセラミックベゼルが採用される可能性があるといわれています。


バーゼルワールド 2020 豆知識!


スイスのバーゼルで毎年開催されるバーゼルワールド。 今年はオメガ(OMEGA)やブレゲ(Breguet)、ブライトリング、セイコー&グランドセイコー、そして日本からはカシオなども出展中止を表明し、例年に比べて規模が縮小されてしまいました。
でも、そうしたブランドの撤退によって、より注目を集めるブランドも出てくるのが今回のポイントとも言えます。


詳し情報やブランド別の新作についてはこちらの関連記事をご参照ください。

★関連記事★

バーゼルワールド 2020 ロレックス新作予想6選!まとめ


今回は海外記事で予想されるバーゼルワールド2020ロレックスの情報をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
いよいよ迫ってきたバーゼルワールドに備えて、皆さんも最新情報や予想をチェックしてみてくださいね。
ロレックス新作予想第二弾もよろしければどうぞ☆ ★関連記事★



最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888