更新日:2020年01月14日

【ロレックス】こだわりの部品について!マニュファクチュールの魅力に迫る!

  • ロレックスの部品

    細部にまでこだわったマニュファクチュール製品




マニュファクチュールにこだわるロレックスの部品!


ロレックス、部品、自社、開発、マニュファクチュール

ロレックスの部品はマニュファクチュールと言われています。

厳密には“ネジの一本まで自社一貫性で生産している”ことを表しますが、現代では“デザインやムーブメントを自社生産している”というニュアンスになっています。
数ある高級ブランドの中でも、マニュファクチュールで生産しているところが多くありません。

独自の個性や斬新なデザイン性を重視するロレックスは、マニュファクチュールでこだわりの部品を生産しているのですね!
また、この自社一貫生産だからこそできた、独自の部品や特許も多数存在しています。

ロレックスのスーパーステンレス「904L」で画期的な進歩を遂げる?


ロレックス、部品、904L、316L、シードューラー

ロレックスでは1958年ごろまで「316L」と呼ばれるステンレスを使用していました。
私たちがよく目にするキッチンなどで使われるステンレスに、強度や錆防止につながる物質を混ぜて作られた、高品質なステンレスです。
その一つ下の「304L」というステンレスもよく時計に用いられています。

そんな「316L」を使用しつつも、満足できなかったロレックスは、シードゥエラー発売を皮切りに、「904L」という超高級高品質なステンレスを使用し始めました!

「904L」はスーパーステンレスとも呼ばれ、今ではほぼすべてのモデルに採用され、ロレックスの一つの特徴ともなっています。硬度が高く、簡単には傷がつかないスーパーステンレスには多くのロレックスファンが魅了されました。 その反面、「904L」は加工がとても難しく生産者たちは苦労と開発を重ねました。 ここにもまた、マニュファクチュールだから成せた、ロレックスならではこだわりが詰まっているのですね!

GMTマスターのべセルは特許?!


ロレックス、部品、ペプシ、GMTマスター

国内外から人気の高いGMTマスターのベゼルはロレックス独自開発の特許が採用されています。
旧モデルでも使用されていたセラミックですが、紫外線などの影響を受けやすかったりと、 長年開発者を悩ませていました。
そんな中でついに開発に成功したのが「セラクロム」です! ハイセラミックで、耐久性に優れていて、退色の心配もないベストな素材です。 従来は黒しかなかったカラーバリエーションも、赤や青に色付けが可能に。人気の高いGMTマスターの”pepsi(ペプシ)”もこうして生まれたんですね! この画期的なべセル「セラクロム」は、ロレックスの独自開発で、特許もしています。

★関連記事★

ロレックスのニックネーム!コレクターなら知っているユニークな愛称まとめ

ロレックスのユニークなニックネーム特集!ペプシやハルク?!

ロレックスならではのプラチナモデル


ロレックス、部品、プラチナ、デイトナ

ロレックスマニアにはたまらないロレックスのプラチナ。
プラチナは金やほかの素材に比べ加工がとても難しく大変です。 重く扱いにくいだけでなく、研磨には最新の注意を払わなければいけないそうです。 そうした理由から、プラチナの時計はスイスの一部の工場でしか生産されておらず、 とても希少価値が高いのです。

ロレックスの部品交換でカスタマイズを楽しむ!


ロレックス、部品、ダイヤル

ひとつ一つにこだわりの詰まったロレックスの部品。
ロレックスマニアはこうした部品を交換してして世界に一つ、 自分だけの個体を楽しむ人も多いです。 中でも文字盤を交換して、雰囲気をがらりと変えるのが人気です。

部品は正規店でも、お近くの時計修理業者でも行っています。 ただ、人気の部品があまり流通していないので、気になるものがあれば在庫の確認が必須です!
オーバーホールと同時にお願いすることができるので、興味がある方は以下の記事も参考にしてみてください。

★関連記事★


最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888