更新日:2019年12月18日

ロイヤルオーク15500ST値上げ?価格改定のウワサ

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク15500ST 価格改定の噂

2019年新作として発表されたオーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)のロイヤルオーク15500STに、価格改定(値上げ)の噂が急浮上しています。

ただでさえ入手困難な人気モデルですが、値上げですか・・・。
公にはまだ何も発表されていませんが、ブティックで15500STを予約していた方に1月以降の価格変更の連絡がきた、といった内容の掲示板への書き込みやツイートなどがソースとなって、どうやらこのような噂が囁かれはじめたようですね。

2019年12月時点でのロイヤルオーク15500STの定価は2,200,000円(税込)ですが、
筆者が見かけた書き込みでは、235万円程度に値上げされる、との通知が来たというものも。
10%程度の値上げ、との噂もありますが、はっきりとリリースはされていませんのでしばらく要チェックですね。

オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ・オートマティック 15500STとは?

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク15500ST 15400STの後継機として、2019年に新作として発表されたオーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ・オートマティック 15500STシリーズ。

オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ・オートマティック 15500STシリーズはダイヤルカラー違いで、3本をラインナップ。
※15400STにあったホワイトダイヤルはなくなっています。

  • ブラック:オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ・オートマティック 15500ST.OO.1220ST.01
  • スレートグレー:オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ・オートマティック 15500ST.OO.1220ST.02
  • ブルー:オーデマ・ピゲ ロイヤル オーク ・オートマティック 15500ST.OO.1220ST.03


ロイヤルオーク 15400STと15500STの違い

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400STと15500STの違い ケース径は41mmのままですが、バーインデックスが太く短くなり、3時位置のインデックスや6時位置の”AUTOMATIC”表記がなくなりました。
また、12時位置のAPロゴや3時位置のデイト表示窓は大きくなり、全体的により視認性が向上されています。

また、搭載ムーブメントが21,600振動のCal.3120から28,800振動の新型キャリバーCal.4302へと変更され、安定性やパワーリザーブなどスペックが向上しました。

ムーブの変更に伴い、ケース厚は15400の9.8mmから15500は10.4mmへとわずかにアップしました。

定価は2,200,000円(税込)ですが、
特にブティック限定のブルーダイヤルRef.15500ST.OO.1220ST.01は人気で、
350万円以上のプレミア価格で販売されていたりしますね。

定価が値上がりすると、販売価格も多少影響を受けて上がるかもしれません。

同じく今年の新作コレクションといて発表した「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を猛プッシュしたものの、市場評価はパッとしないのを受けて、ロイヤルオーク値上げで回収したいのでしょうか?
CODE11.59 バイ オーデマピゲ
CODE11.59 バイ オーデマピゲ

もしくはロイヤルオークをパテック・フィリップのノーチラスに近づける戦略?
パテック・フィリップ ノーチラス Ref.5711/1A

同じく3針ステンレススチール製のパテック・フィリップ ノーチラス Ref.5711/1Aは 3,575,000円という強気な価格設定でも入手困難。圧倒的な人気を誇っています。

価格変更については真偽のほどはハッキリしていませんので、情報入手次第またお知らせしたいと思います!!

▼こちらもおすすめ▼

オーデマ・ピゲ買取について

オーデマ・ピゲ買取ピアゾでは腕時計買取を専門とする9社無料一括査定が受けられます!買取実績掲載中!


バーゼルワールド2019特集

Baselworld2019新作モデルを一挙ご紹介!




最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888