更新日:2017年12月06日

ロレックス(ROLEX) 赤シード 1665 超希少な”シングルレッド”とは

ロレックス シードゥエラー1665『赤シード』シングルレッド(SRSD)はなぜ高い?! 初代シードゥエラー1665「赤シード」の中でも別格と言っていい超絶希少な「シングルレッド」をご存知ですか?

Sea-Dweller Submariner 500Mなどと呼ばれるこの「赤シード シングルレッド」は、
ロレックスがサブマリーナをベースとして試行錯誤を繰り返す中で生まれたプロトタイプモデルです。

「公式に」シードゥエラーが発表される前段階であるごく初期の短い期間に生産されたと考えられており、
シードゥエラー1665では標準装備されたはずのヘリウムガスのエスケープバルブが装備されていない個体も存在していたり、プロトタイプらしい片鱗がいくつも見られます。

通常の「赤シード」“Double Red Sea-Dweller(DRSD)”と比べてみましょう。
ロレックスシードゥエラー1655「シングルレッド」にはSUBMARINER2000の表記がない
上:ダブルレッド  下:シングルレッド

海外で「赤シード」が“Double Red Sea-Dweller(DRSD)”と言われているように、
通常オフィシャルなRef.1665は下記のようにダブル、つまり2列の赤い文字列が特徴です。

 SEA-DWELLER
 SUBMARINER2000


ところが「シングルレッド」には”SUBMARINER2000”がなく

 SEA-DWELLER

のみ表記されているのです。

しかもよく見てくださいね!防水表記も全く違っていることにお気づきでしょうか?!

ノーマルなRef.1665の防水表記は

2000ft=610m
ですね。
これが

Submariner 500M / 1650FT

と表記されているのです!

シングルレッドのときは防水性能が2000ftよりちょっと少なかったんですね。
開発途中って感じですね。

世界に6本しかないとも言われる赤シードゥエラー シングルレッド。
「シングルレッド」の他に「0型」「Mk0(マーク0)」などとも呼ばれています。

さてここまでご覧になって、 2017年シードゥエラー誕生50周年を記念して発表された新作126600を思い出した方はなかなかツウですね。
2017年シードゥエラー誕生50周年を記念して発表された新作126600
そうです。今年の新作は初代モデルへのオマージュとして赤いシードゥエラーロゴをあしらってあり、
これがまさに「シングルレッド」と同じなわけです。
そんなわけで今年の新作シードゥエラーを海外ではあえて”Single Red"と称しているサイトも散見されます。
まぁ新作にはサイクロップレンズが装備されているので、どちらかというとシングレッドのサブマリーナ1680っぽくも見えますけど。
もはや4000ft=1,220mも潜れちゃいますよ。すごいですよね。ケタが変わってます。


赤シード シングルレッドの価格は?!

この世界に数本しか存在しないともいわれる希少な赤シード シングルレッド(Rolex Single Red Prototype, Ref. 1665 Sea-Dweller Submariner)、
2012年11月アンティコルム(Antiquorum)のオークションでは、
日本人コレクターが所有していた、非常に状態のよい個体が出品されました。
2012年11月アンティコルム(Antiquorum)のオークションではCHF 490,900で落札されたロレックス シードゥエラー1665シングルレッド ヘリウムガス排出バルブを装備し、裏蓋には”Patent Pending ”の刻印があり、 CHF 80,000 CHF - 120,000と予想されていた落札価格の実に4倍以上にもなる、
CHF 490,900(約4220万円)で落札され、大きなニュースとなりました。
これは当時ロレックスのスポーツウォッチとして、そしてシードゥエラーとしての世界記録を塗り替えるものでした。

また翌2013年6月サザビーズ(Sotheby’s )のオークションでは、
ネイビーシールズの前身であるダイバーチームに所属するアメリカ人ダイバーが所有していた個体が出品されました。
2013年6月サザビーズでは383,000 USDで落札されたロレックス シードゥエラー1665シングルレッド その水深200m以上の海難救助活動の間にベゼルがなくなってしまっていましたが、
それでも 予想落札価格が60,000 — 80,000 USDのところ、およそ4.7倍となる 383,000 USD(約3715万円)で落札されました。

なにせ世界で数本というレベルしか存在しませんので、相場もなにもありませんが、
ロレックスのレアな腕時計はこのようにとんでもないプレミア価格に跳ね上がることがあります。

最近ピアゾのお客様の中にも「祖父からもらったんだけど、時計には詳しくなくて・・・。でもなんだか珍しい時計かも?」なんて方、
結構いらっしゃるんですよね。
腕時計一括査定のピアゾでは、そういった古い腕時計、レアな腕時計などを数多く取り扱っております。
お送りいただいた腕時計は専門性を高めた担当者が検品しますので、その希少価値を見落とすことはありません。
さらに複数の熟練バイヤーが査定するため、腕時計の価値・状態などについては普通のお店での査定と比較しても、
何倍ものチェックがかかると言えるでしょう。
そうすることでお客様の大事な腕時計の価値を見落とすことなく、高額な買取価格を引き出すことが可能となっております。
ロレックスの腕時計をより高く売りたいなら、配送料・査定は全て無料ですので、お気軽にピアゾの腕時計一括査定サービスをお試しください!

→→→ ピアゾのロレックス シードゥエラー 1655買取実績を見る!

■関連記事

「ロレックス(ROLEX) 赤シード 1665 マーク1~4の見分け方」
「ロレックス(ROLEX) 赤シード 1665 ”ピンクシード”とは」
「ロレックス(ROLEX) 赤シード 1665 ”ブラウンダイヤル”とは」


最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888