更新日:2016年07月15日

2016年最新 至高のエレガンスショパールL.U.C XPS 1860 161946-5001とは?

L.U.C XPS1860 161946-5001                            
バーゼル2016最新作ショパールL.U.C XPS 1860 161946-5001 (Basel 2016 New model Chopard L.U.C XPS 1860 161946-5001(※英字)) 
ショパールL.U.C XPS 1860 161946-5001 説明
型番(ref) 161946-5001
ケースサイズ(mm) 40
ケース素材 18Kローズゴールド
文字盤 ギョーシェ装飾
防水性
ムーブメント ラチェット式マイクロローター
自動巻
キャリバー(cal) 96.01-L
キャリバー特徴 28,800振動/時
ベルト
日本発売時期(推定)
日本定価(予価)


エレガントで気品あるショパールのL.U.C XPS 1860は、ショパール・マニュファクチュールが創設した20年前のL.U.C コレクション初のモデルL.U.C 1860にオマージュを捧げます。 のモデルは、ギョーシェ装飾が手作業により施された文字盤と極薄のケースを備え、ショパール初の自社製ムーブメント96.01-Lと控えめなエレガンスとシンプルさを融合し、偉大なるクラシックモデルを現代の視点で再解釈しました。 その洗練された趣と確かな精度により、このタイムピースは今日のエレガントな男性の日常を彩る、必須アイテムとなるでしょう。まさしく、現代の紳士に捧げるモデルです。

ショパールの極薄ウォッチの伝統を受け継ぐクラシックなタイムピースのL.U.C XPS 1860。 その文字盤の6時位置にはスモールセコンドが配され、そのモデル名でもある1860の数字は、ルイ‐ユリス・ショパールが時計製造工房を設立した年を彷彿とさせます。 1996年、ショパールはマニュファクチュールの創設に続いて、L.U.Cの初モデルとなるL.U.C 1860を発表しました。 このモデルと同様にL.U.C XPS 1860もまた、時計製造の真の伝統と計時の精度に重きをおいています。 この2つはショパールの共同社長カール‐フリードリッヒ・ショイフレがL.U.C コレクションの核とみなした重要な要素でした。

L.U.C XPS 1860は今の時代を反映したデザインのタイムピースであり、40㎜の直径がそこに普遍性を与えています。 また人間工学に基づいた短いラグの存在により、どのような手首にもしっくりとなじみ、7.2㎜という厚さがこのタイムピースを極薄ウォッチのカテゴリーの中に位置付けます。 そのエレガンスは、個性が強く表れた文字盤により際立てられます。 中央にあしらわれた手作業のギョーシェ装飾は洗練を極め、12時のロゴ位置から放射状に広がりを見せます。 L.U.C XPS 1860は18Kローズゴールド製ケースで文字盤にはゴールドが組み合わされ、250本の限定モデル となっています。


最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888