更新日:2016年07月15日

『パテック フィリップ カラトラバ クルードパリ』をご紹介!

1932年の誕生以来、「カラトラバ・コレクション」はパテック・フィリップ社の「顔」となり、その完璧なデザインはドレス系モデルの完成型と称えられ、その後の時計界に多大な影響を与えました。

その中でもよりエレガントさが引き立っているモデルが「パテック フィリップ カラトラバ クルードパリ」です。
パテック フィリップ カラトラバ クルードパリ 5116 「クルードパリ」(クル・ド・パリ、clou de paris)とはベゼルや文字盤に見られる、多数のピラミッドが連なったようなギザギザ模様や、その装飾技法のことで、フランス語で「パリの爪、鋲釘」を意味します。英語ではホブネイル

『パテック フィリップ カラトラバ クルードパリ』のファーストモデルは1985年の「Ref.3919」です。
シンプルこの上ないデザインでベストかつロングセラーモデルとなり、2006年にモデルチェンジし、「Ref.5119」が登場しました。
「Ref.5119」は時代の流れを合わせて2.5mmほどケース径が拡大しましたが、ラッカー仕上げの白無垢の真鍮製文字盤、漆黒のローマンインデックス、シャープなリーフ形状の時分針、スモールセコンド等、外観デザインはほぼ踏襲されました。
カラトラバの中では比較的こなれた価格設定も魅力です。

そして2013年、表面に釉薬を塗って焼成された本七宝文字盤の「Ref.5116」がコレクションに加わります。
パテックのレギュラーラインとしては、ヴィンテージウォッチの「ref.2526 トロピカル」以来途絶えていたエナメルダイアルを復活させた、「ref.5115」の後継モデルにあたります。
外観上はそっくりな『パテック フィリップ カラトラバ クルードパリ』の「ref.5116」と「ref.5119」の違いは、この文字盤ということになります。

なお、『パテック フィリップ カラトラバ クルードパリ 5116G-001』は人気アイドルグループ嵐の櫻井翔さんが30歳になる記念に購入した、というエピソードが有名ですね。
ジャガールクルト レベルソ Q3738420なども所有しているとのことで、知的な彼のイメージにぴったりですね。

パテック フィリップ カラトラバ の売却を検討中でしたら、買取実績が豊富なピアゾまで!


最大9社に一括査定!最高額で賢く時計を売却しましょう

業者も利用するピアゾの時計一括査定サービスをぜひお試しください!

カンタン無料一括査定に申込む

ご不明な点はお気軽にお問合せください 
044-281-4888